20代・30代からの入れ歯・インプラントで気をつけたいこと

コラム

20代・30代からの入れ歯・インプラントで気をつけたいこと

若くして入れ歯

若くして、歯を失い入れ歯を装着するのが、恥ずかしいと入れ歯にコンプレックスを感じている人も多いのではないかと思います。

若くして、奥歯を2本連続で歯を失い、インプラントか入れ歯の選択で費用的に入れ歯を選択せざるを得なかった。

30代の時に重度歯周病となり、その後、入れ歯を作製しましたが、どうも合わない。何度かやり直しをしたけど、どうもイマイチで・・・。

遺伝的な重度歯周病により、歯を全部抜歯しないといけないと診断され、総入れ歯にをセットしなければならないために悩んでいる。

若くして入れ歯を装着しなければならない方は、多くの悩みを抱えている場合が多いです。

今回は、若くして入れ歯になった方の治療に関してご説明します。

若い方の入れ歯になる理由

歯を失う原因、第1位は、歯周病です。以前は、虫歯で歯を失う人が多かったですが、現在は、歯周病が虫歯を上回っています。

この前も、高校生の歯科検診に行ったのですが、本当に昔に比べると虫歯が少なくなったと感じる出来事でした。ということで増えてきたのが、歯周病です。

なぜ、歯を失うのかを理解して、若いうちに入れ歯になるのを防ぎましょう。

歯周病による歯の喪失

歯周病

先天的に歯周病菌が多く、若くして入れ歯が必要になる方が、増えています。

現在、若い方の虫歯の数は、減りましたが、歯周病に若くしてなり、歯を失う方が多いです。

重度歯周病で歯を失った方の多くは、顎の骨も多く失っていますので、インプラントができないケースがあります。このような場合は、入れ歯と上手く付き合う必要があります。

年齢が若い方の入れ歯への適応能力は、非常に高く、年齢が高い方よりも、短期間で入れ歯に慣れる方が多いです。

歯周病は、歯の周りの骨が溶けて歯がグラグラゆれてきて、最後に抜けてしまうという現象が起こりますので、歯科医院での定期的なメンテナンスが必要です。

虫歯による歯の喪失

虫歯

虫歯による歯の喪失は、奥歯の歯に多いです。一番死守しなければならないのは、再後方臼歯と呼ばれる前から数えて7番目の歯です。

この歯を失った場合は、その後に入れ歯になる可能性が非常に高いです。一番奥にあるので、汚れもたまりやすいですし、歯ブラシも届きにくいので、虫歯になりやすいです。

奥歯を失ったときが、最も入れ歯になりやすいので、奥歯こそきれいに磨きましょう。

歯ぎしり・食いしばりによる歯の喪失

歯ぎしり

歯を失う原因として、歯ぎしり・食いしばりだとは思っていない人が多いです。

最近、特に歯ぎしり・食いしばりで歯を失う人が増えています。夜寝ている間の歯ぎしり・食いしばりは、力の制御ができないために、歯1本あたりご自分の体重の1.5倍の力が加わります。

私ですと90キロの力が、歯1本に加わりますので、相当な力となります。歯周病の方は、骨の吸収を助長しますし、虫歯の方は、歯が割れたり、被せ物を入れている方は、歯根が割れたりします。

歯ぎしり・食いしばりなんてと思われる方も多いかも知れませんが、歯を失う原因として、歯周病にも虫歯にも間接的に大きな原因として関係しています。

歯を失い入れ歯かインプラントの選択

入れ歯

若くして歯を失ってしまった際、入れ歯になるのは、奥歯を2本失ったケースです。

この場合、インプラントにするか?入れ歯にするかの2択を迫られます。残念ですが、ブリッジという選択肢はありません。なぜなら、橋を架ける歯が奥にないからです。

奥の歯を2本続けて失った場合には、選択肢がインプラントか入れ歯しかありません。

入れ歯の選択

取り外せる入れ歯

入れ歯の一番の利点であり、同時に欠点でもあることは、取り外しができるという点になります。

メリットは取り外して、洗うことができる。しかし、この取り外しが恥ずかしいとおっしゃる患者様が非常に多いです。

食後に入れ歯やバネに食片がつまり、気持ち悪いや洗いたくなるが、人前で外すのが嫌だと言われる患者様がいます。

逆に考えれば入れ歯は取り外すことができますので、きれいに洗って、歯も歯ブラシを行うことで清潔に保つことができます。

インプラントの選択

インプラント

インプラントを選択した場合は、取り外すことがありませんので、入れ歯のような煩わしさはありません。

しかし、よく考えて欲しいのが、なぜ歯を失ったかの原因を知ることです。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。

そのために、今までと同じような歯ブラシでは、インプラントを失ってしまうことを理解してください。

歯を失う前までの歯ブラシの時間・磨き方・回数では、他の歯やインプラントを失ってしまいます。

若くして入れ歯・インプラント大丈夫?

20代・30代の若いうちから歯を失い、入れ歯やインプラントを行なうことに不安を覚える方が多いと思います。若い年齢で入れ歯やインプラントを行なって心配ないのかに関してお答えします。

若くして入れ歯を装着するのは大丈夫?

部分入れ歯

部分入れ歯は、バネがついています。このバネを、歯にかけますので、残っている歯に余計な力が加わってしまいます。

そのため、徐々に歯への負担が増えて、歯周病を助長しグラグラになり、抜歯するという状態が起こりやすいです。インプラントの選択でも上述しましたが、なぜ歯を失ったのかをもう一度考え直してみましょう。

歯を失う原因として、歯周病・虫歯・歯ぎしり・食いしばりがあげられます。

いずれもですが、歯ブラシを怠っており、定期検診により、歯ブラシでおとすことのできない汚れを落としていなかったために、歯を失った方がほとんだと思います。まずは、そのことを理解して、日々の歯ブラシや定期検診にいくようにしましょう。

部分入れ歯は、先ほどお伝えした通りバネがあります。そのバネがかかっている歯が、虫歯や歯周病になりやすいです。

他の歯以上に磨いてあげ、清潔に保つことにより、若くして入れ歯になったとしても、その状態を長く維持することができます。若くして入れ歯になった場合、その状態をこれ以上進ませないことが重要です。

若くしてインプラントを埋入して大丈夫?

インプラント

インプラントの成功率は100%でありません。金額も高いです。

まだまだ、進歩するのでは?痛いのでは?だから、怖いというように考える方も多いかと思います。インプラントは、100%ではありません!しかし、90%以上の成功率を、ある一定の条件でクリアしています。

その点から考えますとインプラントは、高い成功率と考えて問題ありません。しかし、インプラントは現在第4世代まで進化しています。

昔のインプラントを使用している場合は、成功率が今の第4世代よりも下がりますので、注意が必要です。

また、これ以上に良いインプラントが発売されるのでは、という見解に関しては、現在インプラントの開発に関して、ある程度の開発が終わり成熟している状態と判断して良いレベルになっています。マイナーチェンジはあれど大幅な改良はないと考えてよろしいと思います。

インプラントは痛いのでは?との回答には、親知らずの抜歯を経験されいるのであれば、それに比べたら手術後の腫れや痛みも小さいと考えて頂いて問題ありません。

インプラントを打つのに骨が足りない場合は、骨造成を行ないます。この骨造成は、術後に腫れますが、通常のインプラントを埋入する場合は、手技にもよりますが、ほとんど腫れたり痛んだりすることは、少ないです。

インプラントを若くして入れた後は、どうなるの?と思われる人も少なからず多いと思います。インプラントは、虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。

前述もしましたが、歯を失った頃の歯ブラシ方法や回数では、また、歯周病になり、歯を失ってしまう可能性も高いですので、以前にも増して、歯ブラシを正しく行なう必要があることはご理解ください。

入れ歯・インプラントは痛いの?

若くして入れ歯を入れたけど痛くて咬めない?

痛くて噛めない

入れ歯の痛みの多くは、咬み合わせに原因があると言われています。また、入れ歯を装着した当初は、ピタッと装着できれば、革靴と同じように靴擦れのようなものを引き起こします。

その後に関しては、咬み合わせをきちんと調整すれば、咬んだ時に痛みを感じることは少ないです。歯科医院できちんと調整を行なってもらいましょう。

まれに歯科医院に行かずに、ご自分で調整を行なう方もいらっしゃいますが、専門的な知識が必要です。調整は歯科医院で必ず行なってもらいましょう。

入れ歯は、別名義歯といいます。手がなくなったら、義手で、足がなくなったら義足です。

昔の天然の歯と同じように咬むことができるかと言えば、それは、難しいですので、患者さんが、入れ歯を上手に使いこなすということも、重要となります。

インプラントは痛いの?

インプラント痛いの?と聞かれることがあります。

この質問の場合、インプラント手術中もしくは、直後を現すのか?インプラントのかぶせ物をした後を指すのか?2つの意味合いがあると思いますので、まず初めにインプラントの手術に関して説明します。

インプラントの手術中ですが、通常は、局所麻酔をよく効かせて手術を行ないますので、痛みを感じることは少ないです。その代わり、音や振動がありますので、痛みに弱い患者さんは、静脈内鎮静法(IV)と言われる方法を選択することをオススメします。

静脈内鎮静法は、麻酔の先生にいらしてもらい、眠くなるお薬を投与して、うとうとと眠っている間にインプラント手術を終わらせる方法ですので、痛みを感じることなく手術を受けることができます。

インプラントの被せ物をセットした後の痛みは、通常何も問題なく行なえば、痛みはほとんどありません。しかし、咬んで痛いときなどは、しっかりとしたインプラントと骨の結合が得られていない場合もあります。

他には、インプラントの周りが歯周病になっているインプラント周囲炎の可能性もありますので、必ず、主治医の先生と相談をしてみてください。きっと良い解決方法が見つかると思います。

寝る時は入れ歯を外すの?

眠っている間入れ歯は外す

若くして入れ歯になられた方は、家族にも入れ歯を見られたくないと思われている方が多くいらっしゃいます。

寝る間際の歯ブラシの時間が嫌だとおっしゃる患者さんもいます。そのために、入れ歯を外さずに就寝される方もいます。

しかし、必ず入れ歯を外して就寝する必要があります。なぜなら寝ている間は、口の中が乾燥するために細菌の数が増えるからです。

その際に入れ歯を装着されていると、入れ歯が細菌の温床になりますので、就寝されるときは入れ歯洗浄剤に浸して、翌朝装着するという流れが最善の選択です。

細菌の温床となった入れ歯を長時間装着していると、バネのかかっている歯が歯周病となる可能性が高くなります。

入れ歯博士推奨!おすすめ入れ歯洗浄剤ベスト10

入れ歯にしないで抜歯したままではダメなの?

歯が抜けたまま

なぜ、歯を抜けたままにしては、いけないのか?と患者さんから質問を受けるときがあります。

そのままでも良いのではないかと思われる人も多いです。しかし、自然界において歯が抜けるということは、死を意味します。人間界において、歯が抜けるということは、何を意味するのでしょうか?

人間界において、歯を失ってもなんら問題はありません。問題は、歯を失ってそのままにしておくことが問題となります。

皆さん、矯正歯科に関してご存知だと思いますが、歯は動くんですね!そのために、歯が抜けたままにしておくと、隣の歯がよってきてしまい、最終的には寄ってきた分のスペースに、他の歯も寄ってくるという現象が起こります。

そうすると、歯と歯の間に食片がたまりやすくなり、虫歯や歯周病を助長する原因となります。

人間の身体の中で、唯一左右同時に動く関節は、顎関節になります。歯を失うことでどちらかのバランスが崩れます。

人間の体は良く出来ていて、その崩れたバランスを補おうと肩に負担が加わったり、顎に負担が加わったり、首に負担が加わったりします。

そのために、頭痛や肩こりがひどくなる人がいます。たかが歯を1本失っただけですが、指を1本失うくらい重大な出来事になります。

歯周病や虫歯でほとんどの歯を失ったら入れ歯しかないの?

歯周病

重度歯周病で、歯を失った場合は、骨を大きく失っている可能性が高いです。このような場合は、通常のインプラントを埋入しようとしても、垂直的な高さの距離が少なく埋入することができません。

このような場合に、オールオン4・オールオン6という方法が用いいられます。オールオン4・オールオン6と言う方法で、骨の造成を行なうことなく、特殊な傾斜埋入という方法を行ないます。

入れ歯か?インプラントか?入れ歯博士が本気で考えてみました

定期検診

若くして歯を失い、入れ歯やインプラントを行なうことは、決して悪いことではありません。

問題は、歯を失ってしまったその後にです。

なぜ、歯を失ったのかをもう一度考え、その後、もう歯を失わないためには、どうすれば良いのかを考えてみると理解できると思います。若い頃に歯を失って入れ歯かインプラントを行なった次が一番重要ですね!

歯ブラシと定期検診を繰り替えすことを忘れないでください。

ホワイトエッセンス渋谷の入れ歯治療の特徴

入れ歯は専門的な知識や経験が必要になります。ホワイトエッセンス渋谷では、入れ歯の噛めない理由などを診査・診断し、噛める状態へ導く治療、経験豊富なドクター自ら手作りの入れ歯を作成しています。

ホワイトエッセンス渋谷の入れ歯治療

Pick Up

PAGE TOP