キシリトールとは :渋谷のホワイトニングなら、ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科

コラム

キシリトールとは

皆さんキシリトールって聞いたことありますか?

キシリトールは歯に良い成分だっていうのは知っている方も多いとは思いますが、実は調べてみるととっても歯にとって、大事な成分だって事に気づきました。
なので今回ここでキシリトールを知っていただき、どんどん歯に取り込んでほしいと思います。

虫歯予防

皆さんは虫歯を予防するためにまず何をしますか?
そうですね、歯磨きですよね!歯磨きで虫歯菌となるプラークを除去します。
ただ、歯ブラシや電動歯ブラシでもどんなに丁寧に磨いたとしても、お口の細菌はなんと60%くらいしか除去できないんです。知っていましたか?
そこでキシリトールの出番です!!

キシリトールの効果

キシリトールは虫歯の原因となるミュータンス連鎖球菌を弱らせる働きがあるのです!
実は、ミュータンス菌には2種類あり、悪玉菌と善玉菌が存在します。悪玉菌はその名のとおり虫歯を作る力が「大きい菌」です。
そして善玉菌は虫歯を作る力が「弱い菌」です。キシリトールはその悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことで、虫歯予防へと繋がります。

キシリトールってなあに?

キシリトールは「天然の甘味料」といわれていて、シラカバやカシなどの樹木から採れ、主にフィンランドで生産されています。
また、その安全性は、厚生労働省などでも認められています。また、私たちが毎日食べている野菜や果物にも含まれている身近な存在です。

キシリトールには酸が入っていない?

キシリトールって甘いイメージですが、実は、歯を溶かす酸が全く入っていません!なので虫歯になるリスクがぐっと減るのです!
またキシリトールは血糖値を上げにくい成分なので、糖尿病の方にもお勧めです。

効率的な摂取方法

毎日食後の歯ブラシ前後にキシリトール100%のガムを噛んでいただくことをお勧めします。
一日目安として、5~10gを3~4回に分けて噛むこと。またガムにすることで口腔内への停滞時間を多くしたほうがいいです。

ちなみに歯医者さんで売っているガムはキシリトール100%なので市販では売ってないですよ!
寝る前におひとつどうぞ。

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP