痛くない?親知らずの抜歯

知っておきたい親知らず 痛くない?親知らずの抜歯

こんにちは。ホワイトエッセンス渋谷の歯医者・柳沼です。

親知らずの抜歯というと、痛いというイメージが強いかと思います。

しかし、親知らずを抜歯する際には、極力痛みを感じないようにするための対策がいくつかあるのをご存知でしたか。

痛みが怖くて抜くのをためらっているという方は、ぜひ読んでみてください。

痛みがある時の抜歯は控えた方が良い?

親知らずを抜くという機会は大抵が痛みがあるケースだと思われます。

虫歯による痛みや、汚れによる歯茎の痛み、親知らず上の歯茎を噛んでしまうことなどが原因としてあげられます。

症状の強さによってではありますが、これらの痛み=炎症が強い状態では抜歯を控えることがあります。その理由は炎症が強いケースでは麻酔の効きが悪いためです。

また術後も痛みが長く続くことがあります。麻酔効かないとなると抜歯では激痛が伴います。

そのため抜歯を希望されても炎症の状態によってはすぐに抜歯はせず、まずは炎症を抑える処置を優先的に行うことがあります。

汚れを除去したり、薬を患部に塗布したり、飲み薬の投与などがそれにあたります。

親知らずを抜歯する前の事前準備

炎症がある場合は抜歯は控えた方がよいとお伝えしました。では炎症を抑えて抜歯をするための準備はどうしたらよいのでしょうか。

これは明白で、まずは口の中を清潔にすることです。抜歯後の感染を防ぐ意味でも口の中に汚れが少ない状況が好ましくなります。

日頃の歯磨きについて誤った操作があったりする場合は改善する必要もあります。

また歯茎の腫れなどの炎症があれば含嗽剤などを用いて歯茎を引き締めたり、細菌を減らす努力も必要です。

抜歯前は飲酒も控え、安静にしてよく休んでおくことも大事です。

麻酔で痛みを感じさせないようにする

親知らずは上下とも存在していますが、特に痛みが出やすいのが、下の親知らずを抜いた時です。

歯医者で虫歯の治療をするときに施される麻酔は「浸潤麻酔」と言い、治療をする近辺だけに効く麻酔です。

親知らずを抜くときも大抵はこの麻酔で充分対応できますが、効きが悪い場合はこの浸潤麻酔だけではなく、あご自体の痛みを遮断するための「伝達麻酔」という特殊な麻酔を行うこともあります。

下あごの骨の中には下歯槽神経という神経が通っており、左右それぞれの痛み感覚を支配しています。

この神経を麻酔でブロックすることで、抜歯側のあごの痛みを感じなくさせます。

これによって親知らずを抜いている最中に我慢できないほどの痛みを感じるということは、まずありません。

麻酔では、痛みをとることはできますが、親知らずを抜く際の押されている感じや、触られている感じまでは無くすことができません。

押される感じがあると「痛い」と勘違いすることがありますが、痛みではないので落ち着いてくださいね。

痛み止めで痛みをコントロールする方法

親知らずを抜くと痛いというイメージは、ほとんどが抜いた後の痛みが強いことから生じるものです。

擦り傷や切り傷と同じように、口の中に傷ができているわけなので、それが治るまで痛むのは当然のこととも言えます。

しかし、日常生活に支障が出ないようにするためには親知らずを抜いた後には痛み止めを服用することがほとんどです。

抜歯直後の痛み止めの有効な飲み方としては、麻酔が効いているうちに痛み止めを飲んでしまうことです。

痛み止めは飲んですぐ効果が出るわけではありませんので、麻酔が切れるタイミングを逆算して服用しておけば麻酔が切れた後も激しい痛みに襲われることなく過ごすことが出来ます。

また、痛み止めが切れる前に次の痛み止めを飲んでおけば、多少の違和感はありますが、痛みにとらわれて何もできないという状態にはならないはずです。

加えて、感染を抑えるための抗生物質も処方されますので、お薬を指示された通りに使用すれば、傷の治りを早めることができます。

親知らず抜歯後の痛みのピークとは?

親知らず抜歯後の痛みや腫れがどれくらい続くのかとよく質問をうけます。

個人差があり、同じ処置をしても症状が軽度の方もいれば大きく出てしまう方もいます。

一般的には痛みとうのピークは48時間と言われます。冷やしていいのかという話も聞かれますが、冷やすのはこの期間だけにとどめてください。

これ以上行うと炎症の軽減が悪くなってしまいます。

この48時間を境に炎症が軽減していき、1週間も経ってくると大抵の痛みや腫れは落ち着いてきます。

通常、抜糸を行う10日過ぎには問題なく生活出来るともいますが、抜歯部の穴に汚れが詰まりやすくなり、それが炎症のもとになることもありますので、消毒剤などでゆすいで汚れを流すようにしてください。

ホワイトエッセンス渋谷の親知らずの抜歯治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷の親知らず抜歯治療は、CTでの3D診断と、超音波振動で侵襲が少なく、痛みが少ない、腫れにくい、親知らずの抜歯を行っています。

ホワイトエッセンス渋谷の親知らず抜歯治療

PAGE TOP