親知らずを残しておくことによるリスクって?

知っておきたい親知らず 親知らずを残しておくことによるリスクって?

親知らずが真っ直ぐに生えていない人、また、上下の親知らずが生えそろっていない人は、歯科医院で抜歯をすすめられたことがある方も多いと思います。

しかし、親知らずを抜いたほうがいいとわかっていても、周りの話を聞いていたり、歯科医院が苦手だったりすると、なかなか気が進まない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

抜いたほうが良い親知らずを抜かずに放置しておくと、様々なリスクを抱えることになります。そのリスクをしっかり理解したうえで、抜くか抜かないかの判断をしましょう。

1.親知らずの周りの歯茎が腫れる

これは、親知らずが十分に生えきっていない方に多く見られる症状です。

親知らずの周りに細菌が付着して感染を起こし、痛みが生じます。

特に体の免疫が低下したり、疲れが溜まったりしたときに起こりやすいです。

この痛みは我慢できないほど痛くなることが多く、痛み止めを飲んでも収まらないといった方もいらっしゃいます。

加えて、いつ痛くなるか予測ができないので、大事な仕事やテストの時に被ってしまったら大変です。

2.親知らずの手前の歯が歯周病や虫歯になる

親知らずがきちんと生えていない場合、親知らずがあることで手前の歯の歯磨きが十分にできなくなります。

その結果、手前の歯と親知らずの間に汚れが溜まり、歯周病になってしまったり、虫歯になってしまったりすることがあります。

最悪の場合、親知らずだけでなく、手前の歯も一緒に抜かなければいけなくなってしまうことにもなりかねません。

3.親知らずの周りに膿が溜まり、顔が腫れる

親知らずを放置して、親知らず自体が重度の歯周病や虫歯になってしまうと、あごの骨の中に膿が溜まってきます。

溜まった膿は行き場を無くし、急に顔がぱんぱんに腫れ、激しい痛みや発熱を引き起こします。

膿を出すために口腔外科で切開をしたり、入院になったりすることもあり、最悪の場合命にかかわることもあります。

これは特に高齢者や、長く親知らずを放置していた方に見られる症状です。

こうなる前に、早めに親知らずを抜いておく方が賢明かもしれません。

PAGE TOP