親知らずが痛くなった時にできる4つの応急処置

知っておきたい親知らず 親知らずが痛くなった時にできる4つの応急処置

渋谷の歯医者が伝える!親知らずが痛くなった時の応急処置

歯ぐきが退縮している歯
奥歯の歯茎が腫れている。鈍い痛みが続いている。口が開きづらい。などなど親知らずが原因となるこのような症状が出たことはありませんか。

このような場合にどのように対応していくか。急な症状で歯医者に行けないこともあるかと思います。そのような時の対応策を説明したいと思います。
 

  1. 口の中をきれいな状態にする
  2. お口の中を清潔に保つ
    親知らずが痛む原因には虫歯もありますが、場所柄歯磨きが行いにくいということもあり、汚れ(歯垢/プラーク)が多くたまっていることがあります。
    それらが原因で歯茎に炎症を起こして腫れや痛みを引き起こします。
    疲れがたまっていたり風邪を引く等して体の免疫力が低下している場合などはちょっとした汚れによっても炎症が起きやすくなります。
    そのため口の中をきれいにすることが重要です。
    方法としては、もちろん歯磨きで親知らずの周りの汚れを除去する事ですが、ポイントは柔らかめの歯ブラシを使用する事です。
    硬い歯ブラシを使用したり、気になって強く磨いてしまうことは、炎症があるデリケートな歯茎には逆効果です。いつも以上に優しく扱うようにしましょう。

    またうがい薬を使う事も効果的です。
    コンクールやイソジンなどは殺菌効果が高く有効です。
    爽快感が強いマウスウォッシュなどは刺激が強すぎる事がありますので注意が必要です。
    炎症を抑える為に殺菌効果のあるうがい薬を使用して消毒するようにしましょう。
     

  3. 患部を冷やす
  4. 冷やす
    急に腫れて痛みが出た場合、患部を濡らしたタオルや冷えピタ等で冷やしてあげることも有効です。感覚を鈍くして症状を感じにくくしてくれます。ただし冷やし過ぎは治りを悪くさせてしまう恐れもありますので禁物です。症状が出た当日ぐらいに控えておいたほうがよいでしょう。
     

  5. 痛み止め(鎮痛剤)を服用する
  6. 服用
    市販の痛み止めで構いません。生活に支障が出てしまうような場合は痛み止めを服用してください。ロキソニンSやバファリンなどがそれになります。一時的に痛みを凌ぐ事ができますが、炎症が強い場合は効果が出にくい事もあります。ピリンアレルギーや喘息を既往されている方等、お薬によっては副作用を示してしまう方もいます。添付されている注意事項をきちんとお読みになったうえ、服用するようにしてください。
     

  7. 体を安静に保つ
  8. 安静にする
    体調を整え、体を安静に保つことは何より大事です。十分な栄養と休息をとってください。そしてここで控えて頂きたいのは体を温め過ぎないことです。入浴や飲酒、激しい運動等、体の血流が良くなる行為は控えましょう。これらを行ってしまうと、患部の炎症反応が強く出やすくなります。

 

上記の内容はあくまで歯医者に行かれるまでに、強く症状が出て辛い時に行う応急処置になります。また例外的にありがちな症状で、上の親知らずが外側に生えたり下に降りたりすることで、ほっぺたの粘膜や歯茎を噛んで傷が出来て痛むことがあります。この様になってしまった場合は抜いてあげないことには症状が治まる事は難しくなります。
口腔内を綺麗に保つ
 
親知らずは一度炎症を起こした場合、その炎症が一旦治まったとしても再発するリスクがあります。どうして症状が出てしまうのか、きちんとした原因の特定と処置を行うために、一度時間をとって歯医者さんに通われることをおすすめします。気になる症状その他何かあれば当院にご連絡ください。

PAGE TOP