親知らずの抜歯ってどうやるの?

知っておきたい親知らず 親知らずの抜歯ってどうやるの?

生えている親知らずもどのように抜くのか気になりますが、ましてや埋まっている親知らずの抜歯方法など、想像もつかない人も多いのではないかと思います。

少し怖いかもしれませんが、親知らずの抜歯方法を知っておくことで、処置中に案外冷静になれることが多いです。

親知らずの抜歯の際によく行われる行為をまとめました。

もちろん、麻酔をしてから抜歯しますので、安心してくださいね。

1.生えている親知らずはシンプルに抜けることが多い

親知らずの頭が外に出ていれば、比較的簡単に抜けることが多いでしょう。

抜くときは、歯とあごの骨の間に器具をひっかけて、少し隙間を作ってから、親知らず自体をつまんで抜きます。

歯とあごの骨がくっついている場合は、コンコンと叩きますので少し響くような感じがするときもあります。

2.歯茎を被っているときは、切開することも

歯茎が親知らずに被っているときは、少しだけ切開してから抜くこともあります。

本当に少ししか切りませんし、麻酔が効いているので痛みもありません。

この傷はあとでしっかり縫いますから心配しないでくださいね。

3.横向きに生えている親知らずは、割ってから抜きます

親知らずが横向きに生えているときは、親知らず自体を細かく割って抜くのが一般的です。

その際は、虫歯の治療でも使用する、歯を削る機械で親知らずを分割して小さくします。

この機会を使うと、お口の中でお水が出ますので、びっくりしないようにしてくださいね。

4.親知らずが抜けたらしっかり掃除をします

親知らずが抜けたらおしまい、ではなく、親知らずが抜けた後が大切です。

親知らずの周りに付着していた汚いかたまり、「不良肉芽(ふりょうにくげ)」と呼ばれるものを、きれいに取り除いていきます。

親知らずが何度も腫れてしまった人ほど、この不良肉芽がたくさんあるので、お掃除に時間がかかります。

もうこのときには処置の8割は終わっていますので、緊張せずに受けてくださいね。

PAGE TOP