親知らずを抜くのは、なぜ難しいの?

コラム

親知らずを抜くのは、なぜ難しいの?

花子
何で、親知らずを抜くのは、時間がかかったり、痛みがあったり、腫れたりすのでしょうか?
昔、乳歯を抜いた時は、痛くもかゆくもなかったんですよね?
渋谷太郎
そうですね。
乳歯を抜いた際は、腫れたり・痛んだり・時間がかかったりは、ほとんどなかったですね。
花子
なんで、親知らずを抜歯するのは、難しいのでしょうか?

 

1、親知らずの根の曲がり

左の写真を見ると、根が極端に曲がっているのが、わかりますでしょうか?
親知らずは、このように根が曲がっているケースでは、抜歯に時間がかかります。抜歯する穴は、狭いですが、根がこのように曲がっている場合は、狭い穴から出すことが、できないんですね。
通常のレントゲン写真では、この根の曲がりが、わかりにくい場合も多く、ドクターは、抜歯してから、こういう風に親知らずが生えていたから、抜けなかったんだと気づかされる時があります。
このような根の曲がりがあるケースでは、術前にCTを撮影して、きちんと根の曲がりを確認してから、抜歯する方が、得策かと思います。

 

2、親知らずの根の変形

親知らず根の変形
左の写真をみると根が変形して、鍵状になっています。これは、レントゲンを横から撮影しても、わからない場合が多いです。
CTを撮影してもこの根の変形は、わからないかもしれません。
このような場合、抜歯に時間がかかりますので、患者さんの体力的な問題や口を長時間開いているので、顎の疲れが予想されます。

 

3、1番奥に生えている。

1番奥に生えている
親知らずは、そもそも口の1番奥に生えています。
そのために、以下のような問題があります。

  1. 視野が狭い。
  2. 作業がしづらい。
  3. 器具が入りづらい。
  4. 見えにくい。
  5. 舌が邪魔をする。

などの問題があります。
そのために、親知らずの抜歯には、時間がかかるんですね。

 

4、上あごよりも、下あごの方が難しい?

上あご下あご

  1. 上あごは、下あごに比べて、骨が柔らかいですので、親知らずを抜歯しやすいです。
  2. 上あごは、下あごの親知らずに比べて、真っすぐ生えていることが多い
  3. 下あごの親知らずは、神経・血管に近いので、抜歯の際、注意が必要である。

 

5、親知らずの抜歯時間は?

時計

  • 上顎の親知らずでも、生え方によっては、難しい場合もあります。
    これは、親知らずのある位置にもよります。
    通常は、10分位で抜けますが、長いと60位かかる時が、まれにあります。
  • 下顎の親知らずは、真っすぐ生えている場合は、10分位で抜けますが、真横に生えている場合は、30分くらいかかります。
    また、根が曲がっている場合は、60分位かかる時があります。

 

6、わざと2回に分ける時も?

わざと2回
下あごの親知らずを抜歯する場合、神経や血管に近い場合が、あります。このような場合は、まず、左の図のように頭だけを分割して、抜歯を行い、その後3ヶ月位してから、根の抜歯をします。
3ヶ月位すると、根が神経や血管よりも前に出てきているために容易に抜くことができます

 

7、口を大きく開けていられない。

口を大きく

Pick Up

PAGE TOP