ホワイトニングと親知らず

ホワイトエッセンス渋谷のホワイトニングを全解説 ホワイトニングと親知らず

 

親知らずもホームホワイトニングが出来る

歯のホワイトニングホームホワイトニングはマウスピースを装着してホワイトニングを行います。

その特徴としては奥歯まで白く出来るというところにあります。

そのため、親知らずもはえ方によってはホームホワイトニングの対象となります。

まっすぐ歯が出ていて噛み合っている親知らずはホワイトニングが出来ます。

しかし、一部歯茎に被っていたり、骨の中に埋まっている、虫歯で黒くなっている親知らずにはホワイトニングは出来ません。

ホームホワイトニングを行う時は、始めに歯科医師、もしくはセラピストが一度口の中をチェックしてからマウスピース製作に取りかかりますので、不明な点はご相談ください。

 

親知らずの抜歯とホワイトニングの優先順位

Weisheitszahn 2親知らずの抜歯とホワイトニングをどちらを先に行ったらよいのかと質問が出ることがありますが、これは緊急度を優先して構わないと判断されます。

例えばホワイトニングをしに歯医者に行ったのだけれども、口の中をチェックしてもらったら親知らずに虫歯があった。なんてこともあるかと思います。

親知らずの虫歯が大きくて、食べカスが詰まりやすい状態や、虫歯の進行度によりホワイトニングがよくないと判断される場合にはホワイトニングより先に親知らずの抜歯を進めることもあります。

 

親知らずの抜歯後にホワイトニングは出来る

OK・若い女性親知らずの抜歯後にホワイトニングが出来るか不安になる方もいらっしゃいますが、問題はありません。

病院で行うオフィスホワイトニングは前歯の部分が中心になるので、親知らずには影響がありません。

またマウスピースで行うホームホワイトニングも、親知らずが抜歯となる場合はマウスピースの形態が親知らずを含んでいませんので、抜歯後も問題なくホワイトニングが可能です。

ただし、親知らずの手前の歯は親知らずを抜いたことで歯茎の位置や形態が変わったりすることで知覚過敏が起きることもあるので、すぐにホワイトニングするのをおすすめしないこともあります。

PAGE TOP