歯のホワイトニングは日頃の心がけも大事

ホワイトエッセンス渋谷のホワイトニングを全解説 歯のホワイトニングは日頃の心がけも大事

●そもそもなぜ歯が黄ばんでしまうのか?

歯を毎日磨いていても、なぜか段々色がついてしまう。それはそもそも一体なぜなのでしょうか。
歯の黄ばみの原因は、大きく分けて、食事や薬など口にするものが原因の場合と加齢が原因の場合があります。
食事はやはり色の付きやすい食材や食べ合わせがあるため、気をつけなければいけません。
タバコは勿論、コーヒーや紅茶、赤ワイン、コーラなどの飲み物、カレーなどの香辛料、チョコレートなどは歯に色がつきやすい食材です。
また抗生剤によって変色したり、フッ素などで一部分変色したりすることもあります。
また、加齢で色が付くというのも、食事や神経が死んでしまったりすることで歯が茶色に変色してくることがあります。
いずれにしても、普通に生活している中で歯は様々な影響から色が付いてきてしまうのはある程度仕方が無いことだと言えます。
ただし、そこは自分のケア次第で最小限に留めたり、白く見せることは可能です。

●気をつけて摂取したい!歯をキレイに保つための食材

前項で、食事が原因で歯を着色させてしまうことが多いとお伝えしましたが、具体的にどのような食材や飲み物が影響を与えやすいかを詳しく紹介したいと思います。
まず食べると歯を黄ばませてしまう食品のことを、着色性食品といいます。
飲み物では、コーヒー、紅茶、ウーロン茶などのお茶類、また最も危険なものとして赤ワインが挙げられます。
赤ワインにはタンニンが含まれており、ブルーベリーやぶどうといった果物にもタンニンが含まれています。
お茶類はいわゆる茶渋がついてしまいます。

料理では代表的なものとして、ターメリックという香辛料を使用しているカレーは歯を黄ばませてしまう原因になります。
加工食品でも、着色料と表記されている場合は要注意。
食べるのを避けるのが一番ですが、なかなかそうも言ってはいられないと思います。歯に色が付きやすいものを食べた後は、歯を磨くか、口をゆすぐことだけでもするとだいぶ変わるでしょう。

また、最も気をつけていただきたいのは、着色性食品と着色補助食品を一緒に摂取することです。
着色性補助食品は、それ自体は色が付くことはないのですが、着色性食品と同時に食べることで着色効果を高めてしまうためです。

炭酸飲料、柑橘系食品・飲料、ホウレンソウなどが着色補助食品にあたります。例えばカレーとソーダなどの組み合わせも、同時に食べることは避けた方がいいでしょう。

●クリニックで歯を白くした後気をつける点は?

歯の白さを妨げる食事をいくつか紹介しました。
では、歯を白くするホワイトニングをした後はどのように歯を守っていったらいいのでしょうか?
食事については、毎日3回歯を使って食べるものなので、全ての着色性食品を避けるというのは難しいというのが現実ですよね。
かと言って、ホワイトニングをしたのに食事のせいで、元に戻ってしまったというのはあまりに酷です。
そうならないためにも、デンタルエステクリニックでは、お家で自分でケアできる方法などをアドバイスしてくれます。
ホワイトニングで口元の美と健康をトータルで提案する当院でも、ホームケアやアフターケアへのアドバイスをしっかり行います。
自分の日常生活や食べ物の嗜好、習慣など気軽にご相談ください。
その自分の生活スタイルに合わせたホワイトニングのプランや、その後のケアについてもホワイトニングに関するあらゆることについて、ご回答させていただきます。
ご納得いただけない場合の返金制度も設けられています。常に患者さん目線でのサービス提供を心掛けていますので、ぜひ気軽に歯のことについて、ご相談ください。

歯のホワイトニングは日頃の心がけも大事との関連ページ

オフィスホワイトニング

口コミを見てホワイトニングサロンを探すコツ

PAGE TOP