親知らず抜くなら20歳前後が良い理由

コラム

親知らず抜くなら20歳前後が良い理由

親知らず抜くなら20歳前後が良い理由

18歳から20歳前後で親知らずが生えてきますが、いつ抜くのがベストなんでしょうか?

抜かずにそのままにして、いつかの機会にと思われている方が多いと思います。

結論から言うと、親知らず抜くなら20歳前後が1番良いです。その理由を詳しくお伝え致します。

20歳前後で抜いた方が良い7つの理由

顎の成長

skelton

顎の成長は、20代後半まで続きます。

親知らずが残っていた場合は、それだけ、骨も必要になりますので、骨格的にやはり、顎が太くなります。

それに比べて、親知らずを早めに抜いていた場合は、骨が必要ないですので、骨格的に細くて済むわけですね。

顎の成長を考えますと、必要のない親知らずは、早めに抜いた方が、もちろん、良いということになります。

妊娠・出産がある

pregnant

女性の場合、妊娠・出産があります。今までも何度も妊娠出産時期に、親知らずが炎症を起こして、苦労をされている患者さんをみてきました。

妊娠出産の際は、赤ちゃんがお腹の中にいるので、薬が飲めません。

妊娠出産の際は、つわりがあるので、歯ブラシを奥まで入れられません。

妊娠出産の際は、ホルモンのバランスが崩れるので、歯肉が炎症を起こしやすく、中途半端に生えている親知らずは、炎症を起こします。

上記の理由から、女性は、妊娠・出産の前に親知らずを抜く必要があります。また、今度でいいやと思っていますと後で困ったことになります。

矯正治療した歯並びが、元に戻ってしまう。

orthosmile

せっかく若い時から、歯科医院に通って、治したきれいな歯並びも、親知らずが生えてくることで、前に押されます。

前に押されてしまうと、前歯の歯並びが悪くなり、以前の状態に逆戻りということにも、なりかねません。

できるだけ20歳前後で親知らずを抜歯することをおすすめします。

回復力がある

watchman

親知らずを抜歯した後の回復力が、若い時は違います。残念ですが、20代前半と30代前半の回復力は、全然違います。

これは親知らずを抜いた後の骨の回復力を見ていて、感じるんですが、20代前半の方は、どんどん骨が出来上がってきます。

また、顎の成長も続きますので、余計に回復力があるのかと感じています。

後で大変な思いをするならば、「若いうちに苦労は、買ってでもしろ」と言いますので、抜歯しておいた方が、良いかと思います。

虫歯になる前に!

bad_tooth

親知らずが真横や斜めに生えてきた時、手前の歯との間に汚れがたまりやすくなります。

歯ブラシで、汚れをとるのも大変ですし、なかなか奥に詰まった食べかすはとれません。

そのために、口臭がひどくなったり、虫歯になったりするわけです。
このことを考えても、生えてくる20歳前後で抜歯をした方が、虫歯になる前の親知らずで、手前の歯も虫歯ではないですので、健康の状態に戻れます。

歯周病になる前に!

periodontal

虫歯と同様になりますが、親知らずが真横や斜めに生えていると、汚れがたまりやすい状態になります。

汚れがたまりやすいということは、親知らずの周りに歯石がつきます。

歯周病菌が歯石に沈着しますので、親知らずの周りの骨が溶けて歯周病になります。

このような場合、口臭の原因にもなりますし、排膿や出血も起こりますので、早め早めの抜歯が重要となります。

神経までの距離がある

red_in_panolama

生えてきたばかりの親知らずは、歯根が完成していません。

下あごの親知らずを抜歯する時に注意しなければならないのは、下歯槽神経になります。

歯根が完成していない場合は、下歯槽神経までの距離がありますが、歯根が完成してくると下歯槽神経までの距離が近くなります。

神経が近くなりリスクを伴いますので、早め早めに抜歯をおすすめします。

症状別親知らずの抜歯方法

妊娠・出産中の親知らず治療方法

marriage

妊娠されている時は、抗生物質を飲むことができませんので、炎症をおさえることができません。

そのために、妊娠中に1度、親知らずに炎症が起こると痛みや腫れで、体力的にもつらいこととなります。

まずは、親知らずの炎症を少しでも和らげるために、うがいを食後に必ず行い、就寝中が細菌が1番増えますので、その前に必ずうがいを行いましょう。

食後の歯ブラシは、つわりがひどい場合を除いて、柔らかい歯ブラシで、丁寧に親知らずの周りを磨きます。初めに炎症が強い場合は、出血しますが、続けていると段々に出血が止まってきます。

出血が止まってきたから、歯ブラシを止めるのではなく、妊娠中は、特にホルモンのバランスが崩れて、歯肉が腫れやすくなっていますので、継続するのが1番になります。

歯科医院で行う処置としては、親知らずの周りをきれいに洗浄を繰り返し、清潔な状態を作れるように、クリーニングを施します。これを続けると炎症が治まってきます。

私の経験では出産が終わって、一安心している時でも授乳があり、また抗生物質や痛み止めの薬を服用することが難しいですので、やはり結婚前後に抜歯することをおすすめします。

神経までの距離が近い親知らずの抜歯方法

nearnerve

親知らずの歯根から、下歯槽神経までの距離が近い場合は、2回に分けて抜歯する方法をおすすめします。

真横に生えている場合、頭を切断して、親知らずの歯根が、前に生えてくるスペースを設けます。

その後、3ヶ月から4ヶ月すると、親知らずの歯根が、前に移動していますので、神経を傷つけることなく、抜歯をすることができます。

神経に歯根が近い場合、無理して、親知らずを抜歯するのではなく、2回にわけて抜歯するほうが、安心して抜歯することができますね。

歯周病になっている親知らずの抜歯方法

saikin

歯周病になっている場合は、親知らずを抜歯する前に、まずは歯周病の治療を行います。

親知らずや他の歯の歯石をきちんと除去して、歯周病菌の数を減らします。その後に親知らずを抜歯します。

親知らずを抜いた後は骨が多少減り、手前の歯がしみたり、汚れがたまりやすい形態になってしまいますので、GBR(骨誘導再生)法という、欠損した歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療方法とります。

これを行うことで、手前の歯が歯周病で、抜歯になることも防げます。

上記の事を考えますと、やはり、20歳前後で歯周病になる前に、歯を抜歯する事が、ベストになりますね。

虫歯になっている親知らずの抜歯方法

bad_tooth

虫歯の親知らずも軽度から重度で治療方法が、変化します。また、手前の歯が虫歯になっている場合も、治療方法が変化します。

軽度の場合、これは、通常通りの親知らずの抜歯で済む場合がほとんどになります。

重度の場合、虫歯が進行して、痛みがある場合は、まず、痛みを除去する治療を行い、その後に抜歯となります。

抜歯の時は、虫歯により歯が柔らかくなっておりますので、柔らかい部分を全て削って、硬い部分を露出させて、親知らずの抜歯を行いますので、ある程度時間がかかります。


手前の歯が虫歯の場合、多いケースは、手前の歯の頭ではなく、歯肉との境目が虫歯になります。

歯肉の下まで虫歯が進行している場合は、手前の歯を抜歯しなければならないこともでてきます。

歯の上の部分は、問題なくても、歯肉の下まで虫歯になっている時は、抜歯しなければならない場合がありますので、これが抜歯か非抜歯かの境界線になることを覚えておいてください。

親知らずの虫歯が、軽度の場合は、手前の歯を抜歯して、移植する場合もありますし、矯正で引っ張りあげてくるという方法もあります。

いずれにしても、親知らずの部分の虫歯を放置していると、口臭の原因にも、なりますし、ひどい場合は、抜歯しなければならなく、手前も親知らずも両方の歯を失う事になりますので、注意が必要です。

親知らずを抜く理由まとめ

「親知らず抜くならいつ?」ということですが、20歳前後の生え初めの時に抜歯する事が、1番良いですね。

真横や斜めに生えてきた親知らずを、そのままにしておくことは、その後、抜歯するのも時間がかかりますし、抜歯以外の治療も必要になりますね。

腫れる事を、恐れてそのままにしておく事は、もっと大変なことを招きますので、皆さん、早め早めの抜歯をおすすめします。

抜く前に知っておきたい、親知らず抜歯の流れ

ホワイトエッセンス渋谷の親知らずの抜歯治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷の親知らず抜歯治療は、CTでの3D診断と、超音波振動で侵襲が少なく、痛みが少ない、腫れにくい、親知らずの抜歯を行っています。

ホワイトエッセンス渋谷の親知らず抜歯治療

Pick Up

PAGE TOP