実は意外と知られていない!歯ブラシの歴史 :ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科の専門医院

コラム

実は意外と知られていない!歯ブラシの歴史

歯ブラシの歴史みなさんが毎日使っている歯ブラシ。最近では電動歯ブラシなんかもメジャーになってきましたよね!みなさんはどんな歯ブラシを使っていますか?毛質が硬いのが好き、柔らかいほうが好き・・・などなど好みは様々だと思います。

いまとなってはたくさん種類のある歯ブラシですが、昔の人はいったいどんなものを使ってお口をキレイにしていたんだろう・・・?本日はあまり知られていないそんな歯ブラシの歴史についてご紹介します。

チュースティック遡ること今から約3000年前、文献上に残っている最古のものは、古代エジプトでの「チュースティック」と古代インドでお釈迦様が広めた「歯木」が歯ブラシの始まりといわれています。

チュースティックとは、木の尖端を歯で噛んで柔らかくしたものでした。
柔らかくなった木の部分に歯磨き粉盛って使っていましたそうです。

この歯磨き粉は、世界最古の歯磨き剤と言われていて、土に蜂蜜、緑錆を混ぜたものでした。

どちらも、木の枝の一端を歯で咬んで柔らかくクシャクシャにして、その部分で歯を磨きます。

古代インドではニームという木「歯木」として使われていて、驚くことにその樹液の中にはむし歯や歯周病を予防してくれる成分が入っていたそうです。

中国では、インドから仏教伝来のあと、楊(柳)の木でつくられた楊枝を使って磨いました。

唐の時代には、楊枝で歯を磨き、歯磨剤として「塩」を使う風習があったそうです。

また唐には指で歯を擦って磨くことも行われており、敦煌の壁画でもみることができます。

また、ヨーロッパでは「布」や「綿」で拭いたりしていたそうです。

日本では仏教伝来と共に、歯木が伝わり、「楊枝」、「房楊枝」と呼ばれていました。

さるやの爪楊枝平安時代から鎌倉時代には、すでに一部の民衆でも楊枝が使われていました。平安時代には竹の楊枝もあったようです。

また、楊枝と共に爪楊枝は平安末期頃から使われ、歯と歯の間の詰まった食べかすを除去するのに使われました。

江戸時代には、一般庶民に広く普及し、特に吉宗の頃「さるや」という楊枝屋の楊枝が有名で、この店は300年経った今なおも日本橋で営業しています(※画像はさるやさんから引用)。

歯ブラシが今の形になったのは中国だといわれています。

当時のものは、豚の背中から堅くて粗い毛を抜き取り、骨や竹の表面に直角に植え付けたもので、いままでは爪楊枝などでは部分的な汚れしか落とせませんでしたが、この歯ブラシの誕生で手の届きにくい隙間や奥部分を磨くことが可能になりました。

普段、何気なく使っている歯ブラシの始まりは「木」だったなんて驚きですよね!

世の中に出回っている歯ブラシは様々な工夫や特徴を持っています。

歯ブラシを選ぶポイント4か条!

この前歯ブラシいつ替えたっけ!?歯ブラシの交換時期は?

歯磨きの仕方、フロスと歯ブラシどっちが先が良いの?

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP