気になって笑えない!歯の黄ばみを解決する3つのポイント

コラム

気になって笑えない!歯の黄ばみを解決する3つのポイント

歯の黄ばみが気になる鏡を前にして歯の黄ばみが気になったことはありませんか。
でもその黄ばみには原因があること、そして対処法があるのはご存知でしたか。ここでは普段気になってもどうしてよいかわからない歯の黄ばみについて説明していきます。


1.歯の黄ばみの原因を理解する

歯の黄ばみの原因を理解する歯の黄ばみを引き起こす原因はいくつかあります。
そこには毎日の生活習慣によるものや、歯そのものの色調の変化などが挙げられます。
原因を知ってそれに対する対策をとっていく事が重要です。

 

 

1ー1.歯のそのものの色が元々黄色い

歯のそのものの色が元々黄色い歯はエナメル質と象牙質の層があります。
エナメル質は無色透明ですが、象牙質には色があります。
この象牙質の色がエナメル質に当たる光の具合によって歯の色として反映されてくるのです。顔や体格もそれぞれ個性があるように、歯の形やエナメル質、象牙質の厚みも異なります。
歯の色が黄ばみが強く見える方は、歯の構造からそのように見えてしまっている可能性があります。

 

 

1ー2.生活習慣が影響する

生活習慣が影響する口の中には毎日の食事で様々なものが取り込まれます。
そこでは色のつきやすい食べ物もあります。
例えばコーヒーやワイン、カレー、お茶、そしてタバコといったものがそれらの代表です。
これらに含まれる色素がエナメル質表面に付着し、元の歯の色を黄ばませたりします。

 

 

1ー3.年齢が歯を黄ばませる

年齢が歯を黄ばませる歳を重ねていくと白髪が増えたり、肌にしわが増えたりと加齢による変化が見られます。
歯も同様に、長い年月を経て象牙質に黄ばみが増して来ることがあります。
だんだんと歯も擦り減ってくることで表面のエナメル質が薄くなり、中の象牙質の色が目立つ事もあります。
昔は歯が白かったけど、最近黄色くなったなぁと思われる理由はもしかしたら加齢によるものかもしれません。

 

 

2.歯の黄ばみを解決する方法

歯の黄ばみを解決する方法黄ばみが目立つ歯を白く輝かせるにはいくつか方法があります。
どの方法が自分にあっているのか詳しく知りたいときはかかりつけの歯医者さんに聞くのが一番ですが、ここではその参考になるような歯の黄ばみの解決法を説明していきます。

 

 

2ー1.歯磨き粉で黄ばんだ歯を白くする

歯磨き粉で黄ばんだ歯を白くする毎日行う歯磨きで黄ばんだ歯を白くする方法に歯磨き粉があります。
ここで使用するのは、ホワイトニング効果を謳っている歯磨き粉を使用する事をお勧めします。
通常の歯磨き粉よりも歯の表面の汚れを落としやすく、かつ色素を分解する成分が多く含まれています。ただし、その成分に研磨剤と言われる細かな粒子が多く含まれていることがあります。
過度にやりすぎると、歯の表面を傷つけてしまっていることがあるので、そうなるとかえって着色が付着しやすくなることもあると覚えていてください。

 

 

2ー2.歯の黄ばみを歯医者のクリーニングで落とす

歯の黄ばみを歯医者のクリーニングで落とす着色や歯石など歯磨きで落ちない汚れを落とす最もベストな方法は歯医者でクリーニングを受けることです。
表面の汚れをとるだけでも歯本来の色を取り戻す事が出来ます。
また自分では見えない細かい所隅々まで落としてもらえる事もメリットです。

 

 

2ー3.歯医者で歯の色を今より白くする

歯医者で歯の色を今より白くする表面の着色などを落としても歯の黄ばみが気になる場合は歯医者で歯を白くする方法があります。
その1つはホワイトニングです。 ホワイトニングは自分の歯を活かした治療法です。日本人の平均はやや歯に黄ばみがあるのが特徴です。ホワイトニングでは今の歯の色から何段階も白くする事ができます。詳しくは歯のホワイトニングのページをご覧ください。もう1つはセラミック治療です。 差し歯や治療された材料が詰められた部分などホワイトニングでは適応外となってしまうような場合はセラミックの差し歯などで白い歯を獲得することができます。詳しくは高品質な歯のセラミック治療のページをご覧ください。

 

 

3.差し歯の黄ばみをきれいにする

差し歯の黄ばみをきれいにする天然の歯と同じように差し歯にも色がついて黄ばむことがあります。
差し歯も今はセラミックやジルコニア、ハイブリッドレジンなど様々な種類のものがあります。
選択された材料によっては、着色を吸収して経年的に黄ばんでくることがあります。ここでは黄ばんだ差し歯の原因と対策について説明します。

 

 

3ー1.保険の差し歯は黄ばんでくる

保険の差し歯は黄ばんでくる保険診療で前歯に選択される差し歯は表面が白くなっています。
金属の裏打ちに白い材料を貼付けているのです。この材料の主成分はプラスチックとなります。
これが黄ばみの原因となるのです。思い浮かべてください。
プラスチック容器にカレーを入れた後はカレーの色が容器に残りますよね。
磨いてもなかなか落ちない。
保険の差し歯も同様で、プラスチックは汚れや色の濃いものを吸ってしまうのです。ですから、日々の食生活やコーヒーやタバコといった嗜好品などが経年的に蓄積することでプラスチック部分には色が沈着して黄ばんだように見えてくるのです。

 

 

3ー2.差し歯は磨いても白くならない

差し歯は磨いても白くならない差し歯は製作する際に色を決めて製作します。周囲の歯の色に合わせてベースの色があり、それを元に作られていきます。
そのためベースの色以上に差し歯が白くなることはありません。
セラミックの差し歯の場合、基本的には着色することがありませんが、保険のプラスチックの差し歯の場合は着色します。
着色した部分を磨いてある程度はその汚れ自体を除去する事は出来ますが、内面に染み込んだ色は落とせないと思ってください。

 

 

気になって笑えない!歯の黄ばみを解決する3つのポイントのまとめ

気になって笑えない!歯の黄ばみを解決する3つのポイントのまとめ黄ばんだ歯を白くするにはまずはその原因を理解する事が大切です。
原因を除去すれば解決出来ることもありますので、まずはどのような理由から黄ばんでしまったのかを考え、歯科医師に相談してみましょう。
そして黄ばみに対してどの方法が自分に適しているのかを判断して行動する事が大切です。

 

ホワイトエッセンス渋谷のセラミック治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷では一般治療の中でも生体親和性が高いセラミック治療に力を入れています。
見た目も噛み心地も快適な治療を提供できるよう日々研鑽を重ねる歯科医師と歯科技工士が患者様各々が抱えていらっしゃるご要望に応えられるようにしております。
不明点やご質問は遠慮なくご相談ください。

Pick Up

PAGE TOP