入れ歯博士が贈る「入れ歯にも歯石が付着する」って本当? :渋谷のホワイトニングなら、ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科

コラム

入れ歯博士が贈る「入れ歯にも歯石が付着する」って本当?

総入れ歯で歯がなくても、歯石って付着することをご存知でしたか?
実は、歯がなくても歯石は付着します。

デンチャープラークが付着した入れ歯右の写真を見てみましょう。

入れ歯に白い着色物がついていますよね。
歯と歯の間にも白い着色物、そして、それの付着物に着色した黒い物質が見えますでしょうか?

はい、これは全て歯石なのです。

白も黒も歯石になるんです。

デンチャープラークとは?

なんで歯もないのに歯石がと思われる患者さんもいらっしゃいますが、入れ歯にも唾液に含まれる成分や細菌の塊(バイオフィルム)が付着します

入れ歯の素材はプラスティックなので、吸水性があります。
吸水性があるということは、細菌も吸ってしまいます

この付着する細菌を「デンチャープラーク」と呼びます。

デンチャープラークは細菌の温床で、誤嚥性肺炎の原因となる、カンジダ菌が付着します。

老人になると嚥下をして、飲み込む力が弱くなりますので、唾液を飲み込んだ際に、間違って、肺に唾液が入り込んでしまい、唾液の中にカンジダ菌が含まれていると肺炎を引き起こしてしまいます

介護している場合は、なおさらこのデンチャープラークに関して注意しなくてはなりません。

デンチャープラークの特徴

デンチャープラークが付着した入れ歯デンチャープラークには以下の問題点を懸念しなければなりません。

  • 口臭
  • 義歯性口内炎
  • 残っている歯の虫歯
  • 残っている歯の歯周病
  • 誤嚥性肺炎
  • カンジダ菌の温床

デンチャープラークの除去方法

デンチャープラークが付着した入れ歯注意点としては、自分でヤスリなどを用いて取らないことです。

ヤスリで、削ってとったとしても、入れ歯の表面が傷ついてしまいます

そうすることにより、凸凹になった入れ歯表面に余計にデンチャープラークがつきやすくなります
こうなるとせっかくご自分で取ったデンチャープラークが、またすぐに付着しやすくなるの繰り返しとなります。

必ず、歯科医院を受診して、デンチャープラークを除去してもらい、ピカピカに磨いてもらいましょう。
表面が滑沢になった入れ歯には、デンチャープラークが付着しにくくなります

デンチャープラークが、付着するのを防ぐには、日頃からお手入れを怠らないことや、正しいお手入れをすることが重要となります。

例えば、歯磨き粉で入れ歯をブラシすると、研磨剤が含まれていますので入れ歯に傷がつきます。

傷がつくとデンチャープラークがつきやすくなります。

入れ歯を洗う時は、水で義歯ブラシを用いて、夜間は、義歯洗浄剤につけておくことをオススメします。

まとめ

入れ歯のお手入れの方法は、他で紹介していますので、以下をご参照ください。

入れ歯博士が贈る「入れ歯にも歯石がつくって本当?」の関連記事・動画

ホワイトエッセンス渋谷の入れ歯治療の特徴

入れ歯は専門的な知識や経験が必要になります。ホワイトエッセンス渋谷では、入れ歯の噛めない理由などを診査・診断し、噛める状態へ導く治療、経験豊富なドクター自ら手作りの入れ歯を作成しています。

入れ歯治療のご案内

記事監修者

ホワイトエッセンス渋谷 理事長 田中 健久

所属学会・スタディーグループ・資格

日本補綴歯科学会所属、日本顎咬合学会認定医、日本口腔インプラント学会 所属、ICOI(国際インプラント学会)認定医・指導医、5-D Japanサポーター

PAGE TOP