知っておきたい!歯周病の怖さと予防方法

知っておきたい!歯周病の怖さと予防方法

80%現代では歯周病にかかっている成人は約8割いるといわれています。
しかし血が出るのは分かっていても痛くないからといって歯周病を放置している人が多くいらっしゃいます。
確かに歯周病は血が出る以外の自覚症状はほとんどありません
わざわざ歯科医院を訪れる人が少ないのもわかります。

歯周病は全身の健康とも深い関係があるのが明らかになっています。

一生涯ご自分の歯で豊かな生活が送れるよう、ここで歯周病についてお話ししていきたいと思います。

歯周病は大きく二つに分類されます。

  1. 歯肉炎
  2. 歯肉炎一つ目が歯肉炎です。
    歯肉炎は炎症が歯茎のみに限られている場合で早ければ永久歯が生え始めた6歳頃から発症します。
    原因は歯垢(プラーク)です。
    細菌の塊であるプラークが歯の表面に付き歯茎に炎症を起こします。


    主な症状としては

      • 歯を磨くと歯茎から出血する
      • 歯茎が赤みを帯びている
      • 歯茎が腫れている
      • 歯茎の先端が丸みを帯びて膨らんでいる

    があります。
    歯肉炎の改善はブラッシングです。
    歯と歯茎の境目に歯ブラシの毛先を当てて丁寧に磨くことで改善します。

  3. 歯周炎
  4. 歯周炎歯肉炎の状態が改善されないと歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし始めます。
    これが歯周炎です。

    主な症状は

      • 歯茎が赤紫になる
      • 歯茎がぶよぶよした感じになり歯が長く見える
      • 歯周ポケットに膿がたまり口臭がする
      • 歯がぐらぐらしてくる
      • 歯槽骨の吸収が進み歯が抜け落ちる

    があります。

    歯周炎の改善はまずブラッシングですが、それと平行して歯科医院での専門的な治療が必要となります。

 

歯周病の治療

ポケットの深さを調べる・まずは歯と歯茎の境目にある溝(歯周ポケット)の深さを調べます。
プローブと呼ばれる細い器具をポケットに挿入して全ての歯を丁寧に測定していきます。2〜3mmは正常範囲です。
必要に応じてはレントゲン写真を撮り、歯槽骨の状態も把握します。

歯石除去・次に歯茎の上に見えている歯石(縁上歯石)を除去します。
合わせてブラッシング指導も行い、歯茎の改善を図ります。
ここでもう一度ポケットを調べ、歯茎の下に歯石を感知したら深い箇所の歯石取りを始めます。
縁下歯石を呼ばれるもので、縁上歯石より固く、除去にはテクニックを必要とします。
超音波スケーラーと呼ばれる機械と手用スケーラーを駆使して丁寧に歯石を除去していきます。

ポケットが深く、器具がポケットの底部にまで届かない場合は、歯茎を開いて歯石がしっかり見る状態にして処置をすることがあります。
フラップ手術と呼ばれるもので外科処置となります。
 

歯周病にかかりやすい人

    • 歯を磨かない人
    • プラークの付着が多くなり口の中の細菌数が増えるので罹患率は高くなります

    • 喫煙者
    • たばこの影響により歯茎の血流も悪くなります。また歯周病の治療を始めても治療の成果がわかりにくい環境を構築できます

    • 糖尿病
    • 高血糖になることで唾液の分泌が減ります

    • 口がぽかんと開いている人
    • 口の中が乾燥しやすいため細菌が繁殖しやすくなります

    • 噛み合わせが悪い人・歯並びが悪い人
    • 磨き残しが多いためプラークが残りやすくなります

    • 薬を飲んでいる人
    • とくに降圧剤は歯茎に炎症を起こしやすいです

 

プラークって何?どんな悪さをするの?

プラークの蓄積歯の表面につく汚れのことで歯垢とも呼ばれています。
プラークはブラッシングでの除去が可能です。
プラークの中には500種類以上の細菌が含まれているといわれています。
その中でも4つの菌が強力な悪玉菌として歯周病を悪化させています。

  1. Aa菌
  2. 白血球に阻害を与え少数でも強力な力を持ちます。Aa菌に感染した場合、歯周病は確実に進行します。感染頻度は低いですが若年者に多い傾向にあります。

  3. Pg菌
  4. 線毛という人の体の細胞にくっつく毛を持った強力な菌です。歯周ポケットの内側に住みつきタンパク質を破壊したり炎症を引き起こす有害物質を出します。有害物質の中には血液を固まらせるものがあり血栓などを引き起こすこともあります。

  5. Tf菌
  6. タンパク質を破壊する有害物質を出しPg菌とともにすみつき体内に侵入することもあります。

  7. Td菌
  8. スピロヘータの一種で動き回ることができタンパク質を破壊する有害物質を出します。

 

歯石って何?どうやって除去するの?

歯石はプラークと唾液が混ざって石灰化したものです。
なので歯石が付きやすい場所はだいたい決まっています。

大唾液腺の開口部(唾液の出口)がある下の前歯の裏側と上の奥歯の外側です。
この場所のプラークを確実に落としておくと歯石は付きにくくなります。
歯石の形成までの時間には個人差があり付きやすいタイプの人は1日でも歯石が形成されてしまいます。

  1. 歯肉縁上歯石
  2. 色は黄色味がかっていて比較的柔らかいです。歯ブラシでの除去はできないので歯科医院で歯科衛生士によるスケーリングを受けてください。

  3. 歯肉縁下歯石
  4. 歯茎より下の部分、歯周ポケット内につく歯石のことです。
    ポケットの中に出ている液は滲出液という人間の体の血清成分とほぼ同じです。
    人間の体の血液カルシウムは常に飽和状態になっており足りなくなると骨から溶け出し、多くなると骨に沈着するというように正しくバランスが保たれています。
    同じように歯茎の中の滲出液も非常にカルシウムに富んでいるのでわずかでも病的な状態となりバランスが崩れるとすぐに石灰化してポケット内に歯石を作ってしまいます。
    ここに嫌気性の細菌が集まりさらに歯石は大きくなります。
    縁下歯石は超音波スケーラーを用いて歯茎の中を手探りで丁寧に除去します。

 

歯周病菌って移るの?

歯周病って移るの?通常、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態です。
その後、周りの大人から感染してお口の中の細菌の量や構成が決まってきます。
だいたい3歳くらいで決まるといわれています。

とくにAa菌が関与する若年性の歯周病の場合は母親からの感染が最も多いです。
母親が強いAa菌を持つとわかっていたら子どもの歯のケアは特に力を入れた方がよいでしょう。

また日本人の多くが持っているPg菌は夫婦だと約50%が同じ菌を持っているといわれています。
しかし健康な状態であれば歯周病菌は何も活動しないのですが、体力が落ちたり免疫力が下がっていると菌が定着し広がって発症します。

 

喫煙との関係性

喫煙は歯周病の原因タバコは歯周病の一番のリスクファクターです。
喫煙者は非喫煙者と比べて歯周病に罹患しやすく進行も早いです。
さらに治療しても治りにくくもなります。

この傾向は一日の喫煙本数と喫煙年数に大きく関係していることが分かっています。
タバコは歯周病を悪化させる危険因子の代表ともいえます。

タバコによる影響は以下の通りです。

    • 歯茎の血流を悪くする。そのため歯茎に酸素や栄養が十分に行き渡らない
    • 歯茎の抵抗力が弱まり細菌と戦う白血球の働きが半減し免疫力が弱まる
    • 唾液の分泌が抑えられるためプラークや歯石が沈着しやすい。口臭が発生する

 

歯周病と口臭との関係

口臭口臭の一番の原因は口の中の細菌です。
唾液やプラークに含まれる細菌はタンパク質を分解して腐敗させるときに硫化水素やメチルメルカプタンという化学物質を作ります。
これらは硫黄のような腐卵臭を出します。

この化学物質は歯周ポケット内で嫌気性菌によって作られます。
歯周ポケットが深ければ深いほど化学物質が多量に作られるため、歯周病が悪化するほど口臭がひどくなります
口臭は人からなかなか指摘してもらえません。
周りの人を不快にさせない為にも自分で少しでも臭うかなと思ったら対策を始めましょう。

 

歯科衛生士がおすすめする歯周病の効果的な予防方法

  1. 歯ブラシ
  2. 歯周病の治療も予防も何より歯磨きです。
    お話ししてきたように歯周病の最大の原因はプラークです。
    このプラークを確実に取り除くことが歯周病対策の近道です。
    歯ブラシは鉛筆のように持ちます
    このように持つと力が適度にかかりコントロールしやすくなります。
    たまに歯ブラシを握り込んで持っている人がいますが、これでは力が入り過ぎプラークが取れないばかりか歯茎を傷つける恐れがあります。
    歯と歯茎の境目を狙って歯ブラシの毛先をポケット内に入れるように当てます。
    歯ブラシを動かすときは全体を大きく動かすのではなくて歯ブラシを歯面に当てた状態で小刻みに動かします。

    多くの種類が販売されている電動ブラシもお勧めします。

    歯ブラシと電動歯ブラシプラークの除去効果が高いものとしては音波歯ブラシと呼ばれるものがよいです。
    電動歯ブラシの場合は歯面にしっかり毛先を垂直に当ててゆっくりと動かしていくことが大切です。
    手用の歯ブラシのように小刻みに動かさなくてよいのでできる限りゆっくり歯ブラシを移動させてください。

    歯ブラシの交換目安は約1ヶ月です。
    それより早く毛先が広がるようだと力が入りすぎている可能性があります。
    電動ブラシの先も消耗品ですので毛先が広がったら交換しましょう。

  3. フロス
  4. フロス歯ブラシでほとんどのプラークは除去できますが、歯と歯の間のプラークを取り除くことはできません
    これを取るのがデンタルフロスです。
    持ち手が付いているタイプと糸だけのタイプがあります。
    初心者が使いやすいのは取っ手が付いているタイプです。
    できれば平型ではなく立体型の方が使いやすいでしょう。

    フロスを力任せに歯と歯の間に押し込むのではなく、のこぎりを引くように前後に動かしながら少しずつ入れていきます。
    そして左右どちらかの面に沿わせるように動かし、完全に抜かなくてよいので反対側の面に沿わせます。
    フロスは糸が切れるまで洗って使えます。

    糸がほつれたら交換するようにしてください。

  5. 歯間ブラシ
  6. フロス年齢が上がると歯と歯の間が広く空いていきます。
    こうなるとフロスよりは歯間ブラシの方がプラーク除去率が高くなります
    サイズが4SからLまであり、個人に合わせてサイズを選ぶことが大切です。
    小さすぎるとすかすかでプラークは落ちません
    逆に大きすぎると無理な力がかかり歯茎を傷つける恐れがあります。
    サイズが分からないときは歯科医院にて歯科衛生士に相談してみてください。

  7. 歯磨き粉
  8. 歯磨き歯磨き粉を使ったからといってプラーク除去率が上がる訳ではないのですが、現在販売されている歯磨き粉のほとんどに薬用成分が含まれています。
    主な薬効としては殺菌作用・抗炎症作用・収斂作用・口臭予防があります。
    歯ブラシにつける量は歯ブラシの毛先の1/3〜半分くらいで十分です。
    あまり多いと発砲作用で泡がいっぱいになり、どこを磨いているのか分かりにくくなります。
    また泡がいっぱいになるとそれだけで磨いた気になり、ブラッシング時間が短くなってしまいます

 

歯周病と全身疾患の関係

  1. 肺炎
  2. 高齢者の死亡原因には肺炎が多くあげられます。
    その中でも口の中の細菌が肺に入り込んで死に至る誤嚥性肺炎が増えてきています。
    高齢者は嚥下反射(飲み込みの反射)や咳反射(むせて外に出そうとする力)が低下しているため気管に唾液が入りやすくなっています。
    この唾液の中に1.5倍〜2倍高いと言われています。
    歯周病菌のある酵素が冠状動脈の脂肪質にくっつき血栓を作ることが分かっています。
    血栓ができると血流が滞り心臓の筋肉に必要な酸素や栄養が行き渡りにくくなります。
    その結果、激しい運動をしたり強いストレスがかかると前胸部や背中に痛みを感じ圧迫感を生じます
    これにより心筋梗塞や狭心症を発症すると考えられています。

  3. 糖尿病
  4. 歯周病が糖尿病の合併症のひとつであるとともに、歯周病から糖尿病を発症することもあります。
    そのため両者には深い関わりがあると言われています。
    高血糖になると唾液が減り口の中が乾燥しやすくなります。
    また白血球の機能が低下し歯周病菌が増殖します。
    また歯周病などの慢性疾患があると高血糖状態になりやすくなります。
    歯周病の治療を行い、病原性細菌を取り除いて炎症がなくなるとインスリンの働きが正常となり血糖コントロールが改善されます。

 

妊婦は歯周病に要注意!

妊婦妊婦が重度の歯周病にかかっていると低体重児出産や早産になるリスクが高くなると明らかになりました。
歯周病が進行して歯茎の炎症が強くなると陣痛促進剤と同じ成分のホルモン様物質が増えてきます。
これにより早産となってしまう可能性が高まります。

 

知っておきたい!歯周病の怖さのまとめ

歯周病早いうちであれば大きな問題にはならない歯周病ですが、そのまま放置すれば思いもかけない状態にまでなってしまいます。
日頃の歯磨きを見直し、一度歯科医院を訪れてみましょう
歯は一生の宝物です。
失くしてしまわないようにケアをしてあげましょう。
歯周病に完治はありません

上手く付き合っていくことが大切です。毎日のブラッシングと定期的な歯科の検診を続けてください。

 

知っておきたい!歯周病の怖さと予防方法にに関する記事

⚫️歯周病はどんな病気か
⚫️歯周病になる原因
⚫️歯周病の治療法にはどんなものがあるか
⚫️歯医者で行う歯周病の予防法(PMTC)とは?
⚫️インプラントをする前の歯周病治療の大切さ
⚫️歯周病の治療にかかる費用は?
⚫️歯周病と口臭の関係

PAGE TOP