骨造成GBR 〜安心・安全のインプラント治療のために〜 :ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科の専門医院

コラム

骨造成GBR 〜安心・安全のインプラント治療のために〜

インプラントを手術する際、骨がない所にはインプラントを定着させることはできません。

歯を失ってしまった期間が長かったり、歯周病によって骨が溶けてしまった場合など、本来はあった骨がなくなってしまうことでインプラントを埋入できない事があります。

そこで必要となってくるのがGBR(骨誘導再生)という造骨する治療になります。自家骨移植(顎の一部などから健康な骨を採取して移植する)や人工骨移植などがそれにあたります。

ホワイトエッセンス渋谷のインプラント治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷では、インプラントに精通した歯科医師が常駐しており、常に新しい治療技術の情報を学び、様々なお口の状態の患者様に高品質の治療をご提供いただけるよう努めています。また、虫歯治療・歯周病など日ごろの口腔ケア・予防・クリーニングなどにも対応可能な歯科衛生士も常時在籍しております。不明点やご質問は遠慮なくご相談ください。

インプラント治療のご案内

記事監修者

ホワイトエッセンス渋谷 理事長 田中 健久

所属学会・スタディーグループ・資格

日本補綴歯科学会所属、日本顎咬合学会認定医、日本口腔インプラント学会 所属、ICOI(国際インプラント学会)認定医・指導医、5-D Japanサポーター

Pick Up

PAGE TOP