虫歯治療と矯正治療、先に治療すべきなのはどっち?! :ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科の専門医院

コラム

虫歯治療と矯正治療、先に治療すべきなのはどっち?!

痛くなくなってから相談
虫歯があるとのこと。ご自覚があるということは・・・

  • 痛みがあるのでしょうか?
  • 穴が開いていますか?
  • 黒く色がついていますか?
  • 定期検診で指摘を受けられましたか?

ともかく、このまま放っておくわけにはいかないですよね。

矯正治療をお考えの場合、普段と治療の進め方が変わってきます。

緊急度の高いケースから、歯科治療の進め方を見ていきましょう。

ケース1. 虫歯が痛みを伴う場合(緊急度:★★★★★)

虫歯の痛みに苦しむ女性虫歯が原因で痛みを感じている場合、とにかく痛みを取る治療を最優先して行いましょう!

痛みを伴う場合、多くの虫歯は進行しており、大きく広がっていることが多いです。場合によっては、歯質に留まらず、神経にまで及んでいることも考えられます。そういった場合の痛みは、我慢ならないほどずきずきしてしまうもの。

そういった時は、まず痛みをとる処置を行います。痛みがなくなったところで、矯正の相談を受けられることをおすすめします

どうして、せっかく治した歯を抜歯対象にするのか?

疑問なぜならば、矯正治療上、歯を抜く必要があることがあるためです。

全員にその可能性があるわけではありませんが、万が一必要になった場合を考えてみてください。

一生懸命虫歯の治療に通い、治ってから、矯正相談を受け、治癒したばかりの歯が抜歯対象になったとしたら・・・治療する前に話を聞いておけばよかったとなりませんか?

中には、虫歯治療を自費の白い詰めものや被せもので終えられ、矯正治療を始めるにあたり、せっかく費用を投じてきれいに治したその歯が抜歯となる方もいらっしゃいます。

抜歯対象となりやすい歯

もちろん虫歯がどこの歯にあるのかによるのですが、前から数えて4・5本目にあたる歯の場合、ちょうど矯正治療目的で抜歯を考える際に対象になりやすいです。

そして、健康な歯と虫歯治療がされている歯のどちらかを残して、もう一方を抜くとしたら・・・より健康な長持ちする歯を残しておきますよね。やはり、天然のご自身の歯に勝る人工物はないのです。ご自身の歯が大きく残っている方の歯を残すことをまず検討します。

ケース2. 虫歯が大きく、歯の形を大きく失ってしまっている場合(緊急度:★★★)

虫歯の進行具合c4歯の形を大きく失い、歯の薄くなっている所が日常生活中に割れてしまうことがありそうだったり、失っている歯の部分が尖っており舌を傷つけてしまう恐れがあったり。そういった場合は、まず補強してもらいましょう。

持ちのよい材料で補強したり、仮歯を入れたりすることで一時的に差し障りのない状態まで治療を進めます。
その後、最終的な詰めものや被せものを入れる前に、矯正相談をお受けください。

ケース3. 痛みがなく、指摘されて気づいた場合(緊急度:★)

虫歯の進行具合c1

想像するにそこまで大きくなく、緊急的に治療を施さないと進行してしまうような虫歯ではないのだと思います。

このような場合は、虫歯治療に先駆けて矯正相談をお受けいただいてよいでしょう。もちろん、ご相談いただいたのち、治療方針に大きく関わる部位で内容であれば、虫歯治療を進めていただきます。

まとめ

このように虫歯の大きさ・程度・部位や痛みの有無によって、矯正治療を検討していただくのに適した時期は異なります。

どの時期が適しているのか、ぜひ担当医にお尋ねください!

矯正歯科 詳細はこちら

記事監修者

ホワイトエッセンス渋谷 日本矯正歯科学会認定医 平沼 摩耶

所属学会・スタディーグループ・資格

日本矯正歯科学会 所属、東京矯正歯科学会 所属、日本顎変形症学会 所属、インビザライン認定ドクター(マウスピースを使った矯正歯科の資格)、インコグニト認定ドクター(裏側の矯正歯科の資格)

PAGE TOP