歯周病は体に影響する怖い病気だった!? :ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科の専門医院

コラム

歯周病は体に影響する怖い病気だった!?

歯周病って何かご存知ですか?

歯周病は、歯の周りの骨が溶けてなくなり、歯ぐきが下がってしまう病気です。

歯周病が進行してしまう原因は?

歯周病は自覚症状がほとんどない例えば、普段から皆さんブラッシングを行なっていると思いますが、何の為にブラッシングを行いますか?

  • むし歯になるから?
  • 歯周病になるから?
  • 歯ぐきが腫れるから?

など、様々な理由があると思いますが、ブラッシングを行う目的は、汚れを落とし、歯の周りをキレイにする事だと思います。

それじゃあ、その汚れとは何か?

それは、歯垢=プラークです。

プラークの蓄積歯垢(プラーク)は、1mgの中には10億個の細菌が住んでいると言われ、歯周病をひき起こす原因となります。
その中でも歯周病をひき起こす細菌が存在していることが解明されています。

歯垢(プラーク)は除去せず放っておくと硬くなり、そこから歯石に変化し、歯の表面に硬く付着します。
これはブラッシングだけではキレイに取り除くことができません。

この歯石の中や周りに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出します。
放っておくと歯周病が進行し、歯ぐきが下がり、最終的には歯がグラグラし、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病を予防するには?

スケーリング毎日のブラッシングで、歯に付いている歯垢(プラーク)を落とすのは、もちろんですが、毎日ブラッシングをいくら頑張って磨いたとしても、期間が経って来ると少なからず歯石が付いてきますので、定期的に歯科医院でのクリーニングを続けて行くことが大切です。

磨き残しを放っておくとどうなる?

食べかす歯垢(プラーク)が付いているだけなら歯磨きをすることによって歯垢をブラッシング落とす事が出来ますが、歯垢(プラーク)を放っておくとブラッシングでは落とす事が出来ない「歯石」になってしまいます

歯石の表面はザラザラしていて歯垢(プラーク)が付きやすく、ドンドン歯周病の症状が進行していくという悪循環となってしまいます。

歯周病は全身の疾患に影響がある!

歯周病は様々な病気に影響します。主な5つの病気をご説明します。

狭心症・心筋梗塞

心筋梗塞歯周病の原因菌などの影響により動脈硬化を誘導する物質が放出されることによって、血管内にプラークができ、血液の通り道は細くなってきます。

プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まる原因になります。

脳梗塞

脳梗塞脳の血管のプラークが 詰まったり、頸動脈や心臓から血の塊やプラークが飛んで来て脳血管が詰まる病気です。

歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすくなります。

血圧、コレステロール、中性脂肪が高い方は、動脈疾患予防のためにも歯周病の予防や治療は、より重要になってきます。

糖尿病

糖尿病糖尿病の人は、歯周病への罹患率が高いと言われています。

糖尿病の人は歯周病がより重症化しやすくなり、糖尿病の罹病期間が長期の人ほど、歯周病の罹患率が高く血糖値のコントロールがよくない人は歯周病がより重症化しやすくなります。

その逆も考えられます。

歯周病の人は糖尿病の罹患率が高く、歯周病の人は糖尿病でなくとも糖尿病予備軍であることが多いです。

動脈硬化

動脈硬化糖尿病を発症している人は普通の人に比べ約6倍発症率が高まると言う統計があり、色々な合併症の原因となっています。

また動脈硬化自体が糖尿病の合併症と考えられます。

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎歯周病があると歯ぐきからの出血や膿が出るため、お口の中の色々な細菌が繁殖しやすい環境になる。

「むせる」というものは食べ物が肺に入るのを防いでくれますが、高齢者などの場合「むせる」というものが起きず、周囲の人が気付かないまま誤嚥していることがあります。

誤嚥することを前提として口腔内の細菌を出来きる限り減少させる為の口腔ケアが重要となります。

まとめ

ポイントいかがでしたか。歯周病は全身に影響を与えてしまう程怖い病気なんです。

口は体の健康を司る臓器と言っても過言ではありません。

定期的に歯医者さんに通って歯周病の予防と対策をしていきましょう。

歯周病治療 詳細はこちら

Pick Up

PAGE TOP