大人の歯列矯正の期間はどのくらい?今からでも間に合うキレイな歯並び :渋谷のホワイトニングなら、ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科

コラム

大人の歯列矯正の期間はどのくらい?今からでも間に合うキレイな歯並び

期間・タイミング
人と会うときに真っ先に目がいく歯は、美しい状態を保っておきたいもの。

綺麗な歯並びにしたいけれど、歯列矯正の器具が目立つのはいやだし何年も器具をつけ続ける生活は億劫、頻繁に通院するのも面倒、そもそも大人になってからじゃ歯列矯正はもう遅いかも……なんて思って、歯並びをそのままにしている人も多いのではないでしょうか。

思い切って歯列矯正をしようと決心しても、歯列矯正にかかる期間や通院頻度も気になりますよね。

大人になった今からでも、歯並びを綺麗に整えることは十分可能です。

そこで今回は、大人が歯列矯正を行うときに必要な期間や病院に通う頻度についての情報をお届けしたいと思います。

歯列矯正の種類と期間

行動暗示療法歯列矯正にかかる期間は人それぞれ。どのタイプの矯正方法を選択するかによっても変わってくるので一概には言えませんが、矯正器具を外すまでの治療期間はおおむね1年〜3年といわれています。

歯並びの状態によって大きく違いが出るので、歯科医院を受診し、自分の歯並びがどのような状態であるかを確認する必要があります。

ブラケット

image2歯列矯正と言えば多くの人が思い浮かべるのがこのブラケットを使った矯正方法。

金属の器具にワイヤーを通したブラケットが一般的ですが、金属の代わりにプラスチックセラミックでできたブラケットなどもあります。

金属製のものは見た目に非常に目立ってしまうのが特徴ですが、その分比較的安価で幅広い状態の歯並びに対応できます。

一方プラスチックやセラミックのブラケットは金属に比べて目立ちにくい事が特徴ですが、金属に比べて耐久性が弱く費用が高くなってしまうというデメリットもあります。

一般的に目立ちやすいといわれるブラケットによる矯正方法ですが、歯の裏側だけに器具をつける矯正方法もあります。

もちろん見た目には矯正を行なっていることがわからないので、矯正中の見た目のメリットが大きい事が特徴です。

矯正期間は1年〜3年と歯並びの状態によって個人差が大きいのも特徴です。

マウスピース

親知らず矯正

自分の歯の形に合わせてマウスピースを作成し、歯にかぶせて矯正を行う方法です。

透明なマウスピースは非常に目立ちにくく、自分で取り外すこともできるのでブラケットよりも違和感が少ないのが特徴です。

ただし治療できる症状が限られているので、歯並びの状態によっては使用できないことも。

歯並びの状態によっても異なりますが、簡単な矯正であれば早い人なら半年から1年程度で完了します。

セラミック法

被せ物を装着する歯列矯正を行いたい歯を削り、セラミック製の矯正器具をかぶせて行う矯正方法です。

痛みもなく短期間で完了することが特徴で、矯正期間は2ヶ月から3ヶ月程度が一般的です。


通院頻度は?

azabu3矯正器具によって歯が少しずつ動かされるので、ずれた位置を調整するために定期的に通院が必要となります。

矯正方法によっても異なりますが、ブラケットの場合は4~6週間に1回程度、セラミック法で2〜3ヶ月間で5回程度の通院が必要となります。

マウスピースの場合は、歯科医院が独自に作製したものや取り扱うメーカーによって様々な種類があるため、通院頻度は大きく異なります。

その後矯正器具を外れたら、歯の位置を固定させるリテーナーと呼ばれる保定装置をつけ、3ヶ月〜半年に一度通院し、矯正によって動かした歯が元も位置に戻らないよう定期的にチェックを受けます。

歯列矯正を考えたとき、費用面や見た目の問題、日々の生活に生じる支障などを考えがちですが、最も大切なことは歯列矯正が完了するまできちんと治療を続ける努力が要ることです。

いざ歯列矯正を行なったものの、忙しくて通院ができなかったり、女性であれば妊娠で体調不良になり通院が困難になるなど、せっかく始めた治療を途中で断念する人も多いもの。

妊娠中や授乳中の歯列矯正は問題ありませんが、せっかく歯列矯正を行うのであれば長く続けられる時期にスタートしスムーズに治療を終えたいもの。

信頼できる歯科医に十分相談した上で、綺麗な歯並びを手に入れたいですね。

矯正歯科 詳細はこちら

記事監修者

ホワイトエッセンス渋谷 日本矯正歯科学会認定医 平沼 摩耶

所属学会・スタディーグループ・資格

日本矯正歯科学会 所属、東京矯正歯科学会 所属、日本顎変形症学会 所属、インビザライン認定ドクター(マウスピースを使った矯正歯科の資格)、インコグニト認定ドクター(裏側の矯正歯科の資格)

PAGE TOP