白い歯に関する勘違いあるある :渋谷のホワイトニングなら、ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科

コラム

白い歯に関する勘違いあるある

今回は、白い歯に関してよくお客様が勘違いなさっていることをまとめてみました。是非ご一読ください。

「ホワイトニング」と「クリーニング」は同じもの?

It is a misunderstanding

「ホワイトニング」と「クリーニング」を間違って理解されている人がいます。

クリーニングとは、自分の歯についた着色や歯石を除去してご自分の歯本来の色に戻すことを指します。

ホワイトニングは、ご自分の歯本来の色を白くすることを意味します。

そのため、クリーニングをしてもご自分の歯本来の色までしか白くすることはできません

クリーニングをして白くなったなと感じるのは、ご自分の歯の上に着色や汚れが多く付着しており、それを除去したことにより、感じる白さになります。

見た目で、ぱっと見て分かる白さを求めるのであれば、歯のホワイトニングを行う必要があります。

ポリリン酸ホワイトニングとホワイトニングは、同じ効果があると思われています。

また、エステサロンやセルフホワイトニングのホワイトニングと、歯科医院で行うホワイトニングは全く違います。

歯科医院で行うホワイトニングは、医薬品である過酸化水素や過酸化尿素を用いて行うので、歯の漂白効果があります

しかし、エステサロンやセルフホワイトニングは、医薬部外品であるポリリン酸を用いて歯表面の汚れを分解するだけですので、漂白(ホワイトニング)効果はありません

ポリリン酸ホワイトニングは、値段も安くとっつきやすいかもしれませんが、漂白(ホワイトニング)効果はありませんので、回数を重ねたとしても効果の程は限られています。

保険適応治療で、白い歯にできる?

White covered products
患者さんからよくこの質問をいただきます。できないことはないですが、保険の白い被せ物には、以下のような問題があります。メリットデメリットをよく把握した上でご検討ください。

  • 歯をセラミックに比べて大きく削らないといけない
  • 金銀パラジュウム合金という金属を用いるので、金属アレルギーの可能性がある。
  • 白い部分はプラスティックなので、劣化しやすく、色が黄色くなる。
  • プラスティックなので、吸水性があり、汚れがつきやすく、虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 前歯の3番目までしか、白くする事ができない。

「インプラント」と「セラミック」は同じもの?

Ceramic misunderstanding

よく「インプラント」と「セラミック」を混同して解釈しされている患者さんがいらっしゃいますが、セラミックとインプラントは、別物です。

良くある勘違いの中には「セラミックで被せる事」を「インプラント」と思われているということもあります。

インプラントは、自分の歯を抜歯して失った場合に、人工歯根(インプラント)を骨に埋入して、その上に土台を建てて、被せ物をする治療を指します。

それに対して、セラミックの治療は、ご自分の歯が残っており、クラウンでもブリッジでも、その歯の上に被せ物を行なう治療をセラミックの治療と呼んでいます。

セラミックの被せ物をすれば、一生涯虫歯にならない?

被せ物はNG

そのようなことはありません。むしろ、被せ物をすることで中の様子が見えず、虫歯になっても気がつかない危険性があります。メンテナンスをしっかり行い、定期的な検診を受けましょう。

「プラスティックの詰め物」=「セラミックの治療」?

詰め物(インレー)

プラスティックの詰め物と、セラミックの治療も勘違いしている患者さんは比較的多くいらっしゃいます。

プラスティックの詰め物は、虫歯を部分的に削って、その虫歯で削った穴に、プラスティックの詰め物を行ないます。

セラミックの治療は、虫歯を削ったり、歯を小さめに削ってから型採りを行ない、模型上でセラミックの歯を作製してから、お口の中にセットする治療になります。

ホワイトエッセンス渋谷のセラミック治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷では、一般治療の中でも生体親和性が高いセラミック治療に力を入れています。

見た目も噛み心地も快適な治療を提供できるよう日々研鑽を重ねる歯科医師と歯科技工士が患者様各々が抱えていらっしゃるご要望に応えられるようにしております。不明点やご質問は遠慮なくご相談ください。

セラミック治療のご案内

PAGE TOP