虫歯

診療案内 虫歯


虫歯とは?

虫歯

虫歯をひらたくいうと「酸で歯が溶ける病気」です。

口の中にはたくさんの常在菌がおり、少ない人で120種、多い人では350種以上もの細菌が存在しています。大半は害がなく、むしろ口内環境を整えてくれるなくてはならない菌ですが、中には害をなす菌もいます。

その中の一つが「ミュータンス菌」です。この虫歯菌が、餌である糖分を摂取する際「酸」を作り出し、結果として歯が溶けてしまうのです。

虫歯のメカニズム

  • Step1

    虫歯のメカニズム1

    口腔内にはミュータンス菌が住んでいます。食事をして歯に残った糖をエサにして、菌は活動をはじめます。

  • Step2

    虫歯のメカニズム2

    ミュータンス菌は、食べた糖を分解してプラークを作ります。

  • Step3

    虫歯のメカニズム3

    プラークからミュータンス菌が増殖します。

  • Step4

    虫歯のメカニズム4

    増えたミュータンス菌は、糖を発酵させて乳酸なとの酸を生成します。

  • Step5

    虫歯のメカニズム5

    高濃度の酸で歯を溶かして虫歯になってしまいます。

ミュータンス菌の特性

ミュータンス菌

この「ミュータンス菌」、甘いもの、つまり糖分が大好物です。

私たちの口の中は通常「弱酸性」と呼ばれる状態になっています。ところが糖分を摂取すると「酸性」に変わり、ミュータンス菌はより一層活動を活発にします。

唾液によって口内のpH(ペーハー)はリセットされますが、間食が多かったり、唾液が殆ど分泌されない就寝中は、口内が酸性になってしまい、ミュータンス菌が活動するのに最適な環境となってしまいます。

つまり、口の中に糖分が残っており、そのまま歯磨きをせず放置していると、歯が溶け続け、虫歯になってしまうのです。

ミュータンス菌はどこからくるのか

赤ちゃんのキス

ミュータンス菌は、最初から口内に存在するわけではありません。実は、外部から入らない限り存在しないのです。

多くは親の口移し、キスにより、保菌者の口から侵入し繁殖することで知られます。口内環境が整う3歳までに侵入がないと虫歯になる可能性は著しく下がります。

もっともこれには運もありますし、逐一管理することも難しいでしょう。


虫歯の痛みへの対処法

歯の構造

我慢できないほどの痛みを引き起こす虫歯…実は歯自体に痛みを感じる器官はありません。

虫歯の痛みは、虫歯菌が作り出す酸よって歯に穴が開き、内部の象牙質にまで虫歯菌が進み、歯神経にまで到達した時に発生します。 この穴から冷たい水なども歯の神経に届くようになり、放置していると温かい物や甘いものまでしみるようになります。

しみるだけならまだマシですが、歯神経より奥の歯髄にまで虫歯菌が届くと、歯の奥で炎症が起き、とても耐えられない痛みが発生します。もうこうなると、何もしないでも痛いため、歯医者に行くしかなくなります。

なお、突然痛みが治まっても治ったと勘違いしてはいけません。神経が死んで痛みを感じなくなってしまった可能性があり、この状態で放置するとそこから全身に虫歯菌が回ってしまい、大変なことになってしまいます。

虫歯の痛みも、よくある「ズキズキ」している痛みから、「どーん」と響くような痛みまで千差万別です。「ズキズキ」しているのは虫歯菌が慢性的に酸を分泌して神経を蝕んでいる場合。「どーん」とするのは膿が溜まって圧迫している場合が多いです。

対処法

対処法1. ロキソニンSを飲む

ロキソニンS

さて、気になるのは痛い時の対処法ですよね。すぐに歯医者さんにいくことが一番ですが、中々都合が都合がつかないこともあります。

まずは「ロキソニンS」を飲むことです。熱冷ましの薬として知られているロキソニンSですが、実は歯医者で出す歯の痛み止めと同じ成分です。

ただし、これはあくまで一時的なもの。副作用も心配ですので乱用はお勧めできません。

対処法2. 患部を冷やす

直接患部を冷やすのも有効です。冷たさで麻痺させるのは、打撲や風邪でもやっていますよね。驚くほど和らぐのに気づくはずです。

対処法3. 歯磨きをする

歯磨きは虫歯になってしまうと意味がないといいましたが、空いた穴に食べ物が詰まって圧迫している場合は有効です。

対処法4. 正露丸を詰める

少し古くなりますが、正露丸を詰めるのも効きますね。鎮痛効果や消毒効果があります。

対処法5. 刺激物を食べない

意外なところでは、硬いものや辛いもの、刺激物をたべないようにするのも大事です。

やってはいけないこと

1. 痛む歯をいじる

痛む歯をいじるのは絶対にやってはいけません。刺激が加わって痛みが増すばかりなので逆効果です。

2. お酒を飲む

お酒もNGです。アルコールで一時痛みが和らぎますが、血行を促進するためより痛みが強く襲ってきます。血行促進という点で、熱くしたり運動をするのも厳禁です。

3. 硬いものを食べる

硬いものは歯に響き、辛いもの冷たいもの刺激物は神経に作用しとても危険です。


虫歯の進行状況と治療法

虫歯の治療はその進行具合によってそれぞれ変わってきます。進行が進むとより治療にかかる時間と費用が増えますので、違和感を感じたら早めに歯科医院で診療を受けましょう。

初期(歯の白濁及び茶褐色への変色):C0

虫歯の進行具合c1

症状

ちょっとした白濁や変色が発生している段階です。自覚症状はありません。

治療方法

この段階の場合、適切な歯磨きと定期的なフッ素塗布を行うことによって経過を観察します。

ただし、正しい歯磨きの仕方を知っていることが大事になります。歯科医院で歯磨き指導を受け、正しい歯磨きを身に付けましょう。

中度(エナメル質から象牙質に侵食した虫歯):C1〜C2

虫歯の進行具合c2

症状

エナメル質〜象牙質にかけて虫歯がある場合は治療対象となってきます。

痛みなどの自覚症状がなく進行していることもあり、歯科医院で見つかることも多くあります。

自覚症状としては冷たいものや温かいもので凍みる、噛んで痛むなどが挙げられます。

治療方法

虫歯を除去してコンポジットレジンで詰めたり、セラミックや銀歯などの詰め物で対応していきます。

重度(歯髄(神経)に到達した虫歯):C3

虫歯の進行具合c3

症状

何もしないで痛みが強い場合などは虫歯が歯髄まで到達していることがほとんどになります。

歯髄に炎症があり、ズキズキと鼓動に合わせて痛むことがあります。

治療方法

根(神経)の治療として神経を除去する治療が行われます。何度も通わなくてはならないのはこの状態の虫歯です。

  • 治療Step1.麻酔をして歯を大きく削り、虫歯に侵された神経を取り除きます(複数回かかります)
  • 治療Step2.神経がきれいに取り除かれたら、土台を立てて被せものをします(こちらも複数回かかります)

末期(歯根だけが残っている虫歯):C4

虫歯の進行具合c4

症状

虫歯の進行が著しく、歯茎の上に歯の頭が全く残っていない状態です。神経が死んでしまっているので、痛みはもはやありません。

治療方法

虫歯の進行状況や周囲組織の感染の範囲によって治療の方法が変わりますが、抜歯となってしまう可能性が非常に高くなります。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などの治療に移行します。

虫歯治療の注意点

注意しましょう

虫歯治療はきちんと最後まで通い続けてください

虫歯の大きさによっては治療回数が多くなることもありますが、それぞれの治療には意図があり、最後まで処置をすることで長く歯を保つことができます。

痛みがあって来院される方が多い歯医者ですが、痛みは止まっても、完全に治療が終了しなければ、また同じところで進行していき、最後は歯が残せなくなってしまいます。

治療を終えてからも定期的に状態を見てもらうのが大切です。どんなものでも耐久年数があり、それを越えていると不具合が起きてしまいます。定期検診では思いもしなかった状況が早期発見ができたり、虫歯・歯周病の予防となるクリーニングをしたりと悪いことはありません。


虫歯治療の流れ

1.受付・問診表の記入・待合室

ホワイトエッセンス渋谷では、受付でコンシェルジュがお客様をお迎えし、待合室にご案内します。

待合室では、患者様の症状を正確に把握するため問診票に記入をしていただいております。

問診票を受付にお渡しいただいた後は、カルテの登録を行いますので、待合室にてリラックスしてお待ち下さい。最新号の雑誌を取り揃え、おくつろぎいただける空間を提供しています。

2.個室へのご案内

ご案内

準備ができましたらスタッフがお声がけし、診療室へご案内いたします。親身な医師がまず懇切丁寧にご説明いたします。

3.レントゲン解析・CTスキャン

レントゲン撮影

初診の患者様は、お口の中の状態を把握するためにレントゲン(X線)の撮影をします。治療技術も最新のものを使用しており、より正確・緻密な治療のため3次元画像のレントゲン解析を導入しております。歯や骨の状態、インプラント埋入の診断にも使え、触診視診ではわからない細部の病気も発見が可能です。

場合によっては、レントゲンではわからない場所まで撮影可能なCTスキャンも行います。骨の厚み、形態、親知らずの位置や腫瘍の有無や大小を知ることが出来て安心です。

4.診療方針説明

診療方針説明

初診の患者様には、初めにホワイトエッセンス渋谷の診療方針の説明を致します。

5.診療・主訴の解決

各種検査・口腔内写真

初診の際は最初に必要な口腔内の情報を記録します。

治療は言わずもがな、丁寧、痛みは少なく、短時間で終わるよう心がけています。

合わせて、正しい歯磨きの方法もご教示いたします。

6.お会計・ご予約・お見送り

お見送り

初診当日のお会計は、初診料・レントゲン・検査 + 応急処置(3,200円+処置料)となります。お会計は処置の内容にもよりますので参考程度にご考慮ください。

次回の来院が必要な場合はご予約を承っております。


虫歯治療にかかる費用

治療費

虫歯の治療は全部保険診療で行うことができます。健康保険の適用範囲内であれば治療費負担は1割~3割で済みます。

一般的な治療費

虫歯の段階健康保険適用自費(健康保険適用外)
初期1,500~3,000円5,000~50,000円
中期2,000~10,000円10,000~20,000円
重度7,000~20,000円50,000円~

被せ物をしたり、銀歯をつめたりすれば、別途料金がかかります。ここで「高いから」と躊躇してしまうと、より悪化させてしまい、治療費がよりかかってしまう事があります。

虫歯を初期のうちに治すことが大事です。問題は先延ばしにせず、ちゃんと治療しておきましょう。

虫歯の大小によっての違い

虫歯の大小によっての違い

虫歯が表層で止まって、神経まで達していない場合は、大きさが小さければ虫歯だけを削り、プラスティックを流し込んで埋めます。

値段は10,000~15,000円です。

表層で止まっていても、大きさが大きいとこうはいきません。削る部分が多いため、埋め込みでは間に合わず、被せ物をしなければならないのです。

この場合2,000円以上は覚悟しなければなりません。

差し歯にかかる費用

虫歯治療における差し歯

神経まで虫歯が達してしまっていると、もう虫歯を削るだけではすみません。神経を抜き、そこを薬品で埋めこみ差し歯を埋め込みます。

差し歯から作らないといけないためにお金も時間もかかってしまい、6,000~10,000円は掛かるでしょう。

オススメの差し歯とは?特徴や価格を徹底比較!

抜歯とそれに伴う治療にかかる費用

虫歯治療における抜歯

さらにそれが奥深くまで達してしまっていた場合は、もはや抜歯するしかなくなります。こうなると差し歯ではなく、ブリッジイや入れ歯、インプラントを入れなくてはなりません。かかる時間も膨大になりますし、ブリッジや入れ歯でも2万近くかかり、インプラントでは保険が効かないため、なんと30万~40万円もかかってしまいます。

症例別入れ歯の費用と完成までの治療回数

インプラントの治療費用


虫歯を放置すると起こる7つのリスク

たかが虫歯と侮るなかれ、虫歯を放置すると命にかかわる大事になってしまうこともあります。

リスク1. 食欲不振に陥る

食欲不振

物が上手く噛めなくなる。なによりこれに尽きます。

水を飲んでもしみる、何を食べても痛くて痛くて食べられるのはおかゆなどの歯ごたえのないものばかり。自然に食欲不振になっていきます。歯もどんどんボロボロになっていってしまいます。

そうなると栄養が摂取できずに体力も落ちていき、体が弱ってどんどん抵抗力が落ちてしまうのです。他の病気にもかかりやすくなるなどい良いことは何もありません。

リスク2. 絶え間ない痛みに襲われる

耐えれない痛み

痛みも激しいです。歯の痛みは、我慢できる類のものではありません、一時的に弱める方法があってもあくまで一過性で結局はぶり返してきます。

最初は物を食べたり飲んだりしないと起こらない痛みでも、進行が進むと何もせずとも痛みが襲うようになります。そうなっては平静に日常生活をおくることができなくなり、睡眠も妨げられ、体を壊してしまいます。

激痛のあまり自分で抜歯してしまう方もいますが、そうなると消毒が十分でなく感染症にかかったり化膿してしまう危険性があります。

リスク3. 口臭が酷くなる

気になる口臭

虫歯になると、口臭が発生することがあります。

その匂いは、チーズのような魚が腐ったようなと例えられるような腐敗臭です。非常に嫌な臭いで、周囲に悪影響を起こして人間関係のトラブルのもとになったりもします。

また、口臭スプレーやキャンディが欠かせなくなりますので、当然口内環境は荒れていき、いっそう虫歯の進行を進めてしまいます。

虫歯による口臭は、大元の虫歯が治らないとおさまらず、歯を磨いても消えません。

口臭の原因1. 歯が溶けることによる異臭

口が臭う

虫歯が深くなると、虫歯菌によって歯が溶かされ、グジュグジュと軟らかくなって発酵し、口臭を発生させます。

差し歯の方は特にご注意ください。差し歯は神経の治療がされている事が多いため、中で虫歯が進行しても気づかず、歯が腐り口臭が発生してからやっと虫歯に気付く方が多くいらっしゃいます。

口臭の原因2. 炎症による異臭

虫歯がひどい

虫歯が進行していくと、歯の神経を腐らせてしまうことがあります。

痛みが出れば気づくのですが、知らぬ間に神経が死んでしまったり、痛みをこらえたら痛みが引いてしまったのでそのまま放置していると、歯の神経が腐ってしまいそこから口臭が発生します。

口臭の原因3. 膿疱による異臭

根の分岐部に膿が溜まって腫れて痛くなる

歯の神経が死んでしまうと神経の空洞に細菌が増え、根の先に膿の袋ができます。

膿の袋が大きくなると歯茎に白いおできのようなものができて、そこから膿が出され口臭が出ます。 この膿の出口はできたり、潰れて引いたりします。不衛生なだけでなく、そこから口内炎になったりほかの病気の原因になったりします。

口臭の原因4. 出血及び体液による異臭

根の先に膿が溜まって痛くなることがある

虫歯が歯茎の下まで進行すると、歯茎が腫れ、虫歯によって歯茎の周りが不潔になり、出血します。

血生ぐさい臭いや歯茎から出る液、膿が口臭の原因になり、変な味がして食事にも影響してきます。

口臭の原因5. 歯垢・歯石による異臭

歯石による口臭

口の中にプラーク(歯垢)や歯石が多く付いていると口臭が発生します。プラークは細菌の塊で、ヌルヌル、ベトベトしたもので、歯磨きのあとのチェックする薬品で濃く染まる部分を言います。

このプラークはそのままにしておくとやがて発酵し、口臭の原因となります。また、歯石は歯茎が腫れる原因となり、その結果出血や化膿を促して口臭の元ともなります。

リスク4. 顎が変形してしまう

顎の歪み

末期まで虫歯が進行してしまうと、そこから顎に感染し変形してしまうこともあります。

まさかと思う方は「虫歯 顎 変形」で検索してみてください。とても笑っていられなくなってしまいますよ。

リスク5. 治療費がかさむ

治療費

虫歯を治すためには歯医者にいくしかありません。そうすれば当然お金がかかってしまいます。初期症状ならまだ比較的低額で済みますが、進行していればより多くのお金と時間がかかってしまいまうのです。

歯の治療にはどうしても回数がかかってしまうため、1回ごとの治療費は少なくとも、トータルでは馬鹿にできない出費となります。

リスク6. 歯を失う

歯がない

悪化した虫歯は、歯を取り除く必要にかられる場合があります。自分の歯は、どうやっても再生させることができません。

痴呆には、自分の歯の本数が関係していると言うデータもあり、差し歯があるから大丈夫とはとても言えないのです。

リスク7. 心臓病など他疾病を引き起こす

心臓の病気

虫歯で出血がある場合、その血液に虫歯菌が侵入して体内に潜り込んでしまう場合があります。

脳や心臓に達すると、重篤な疾病を引き起こす可能性があり虫歯で命を落とす可能性もあるのです。それでなくとも合併症を引き起こしてしまえば目も当てられません。


虫歯の予防

虫歯は、毎日の生活に簡単な習慣をちょっと追加するだけで予防できます。是非取り入れてみてください。

予防法1. 毎食後、歯磨きをする

歯磨きのコツ

虫歯の原因になるプラーク(歯垢)は、何もなくても溜まるホコリのように毎日作り出され溜まっていきます。そのため、歯の予防には定期的な「お掃除=歯磨き」が重要になります。

歯磨きをするタイミング

1日3回の毎食後30分以内

シンプルイズザベスト。毎食ごとに歯磨きをするのが一番有効な予防法です。

回数は、1日3回の毎食後30分以内が理想です。
特に力を入れたいのが朝と晩です。

日の始まりでリフレッシュ。夜の間に繁殖した菌を殺菌する効果があります。
昼だからと手を抜いてはなりません。きちんとお口の中の汚れをとりましょう。
就寝中は菌の繁殖を抑える唾液の分泌が極端に減るので、虫歯菌の活動が活発になります。極力虫歯菌を減らして就寝しましょう。

就寝前の歯磨き

朝支度で忙しい・外出中で歯ブラシを持ち歩いていない・帰宅後は疲れてやる気が出ない・・・など、習慣化を阻むものがは数多く存在しますよね。

習慣化の第1歩としては、お気に入りの歯磨きグッズや持ち歩き用セットを揃えたり、既に習慣になっている事(テレビ鑑賞や読書)のついでにやってみると良いかもしれません。

食後、歯をすぐ磨く?それとも30分後に磨く?【ハナタカ優越感で取材されました!】

歯磨きにかける時間

歯磨きにかける時間

歯磨きにかけるべき時間は約5分間

たったそれだけとお思いでしょうが、意外とこれ重労働なんです。なにしろ普通の歯磨きの平均時間は約20〜30秒ともいわれています。如何に普段適当に磨いているかですね。

一度、ご自身で測ってみてもいいかもしれません。

歯磨きの仕方

歯磨きの仕方

最初から歯ブラシを付けて磨くと、その味でつい早めに口をゆすいでしまうのでできれば最初は何もつけずに磨いてみましょう。

磨く時は、奥を重点的に。前歯は人に見られる分つい入念に磨きますが、奥歯をないがしろにしてしまうことが多いです。歯の隙間・裏・くぼみは毛先が届きにくく、重点的に磨きたいものです。

磨き方のイメージとしては、一本一本細かく磨く感じです。大事なのは回数というより、どれだけ丁寧に磨いているかです。

具体的に知りたい方は、歯のプロに正しい歯磨きの仕方を教えてもらうのも一つの方法です。当院でも行っておりますので是非お声がけください。

歯ブラシ

歯ブラシ

歯ブラシを選ぶ際は、なるべくやわらかいものをお勧めします。硬い毛先だと歯や歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。また、毛先が細かいものなら細かいところまで届きやすいため便利です。

電動歯ブラシは細かい振動で落としにくい汚れも落とせるので効果的ですが、磨いた気になってついおろそかになってしまうとも言われています。

歯ブラシを選ぶポイント4か条!現役歯科医師が推薦!

歯科医院専売!オススメの電動歯ブラシを歯科衛生士が徹底比較!

歯磨き粉

歯磨き粉

歯磨き粉にはご注意ください。

最初からつけて磨いてしまうと、その味で磨いた気になってしまって、時間が短くなってしまうという研究結果があります。

また「歯を白くする」といううたい文句の歯磨き粉は研磨剤が入っている場合があり、歯を削ってしまうことがあるので、パッケージをよく見てみましょう。

最初は歯磨き粉をつけず、濡らしただけの歯ブラシで磨いてみましょう。

歯医者で働くスタッフが厳選した虫歯予防に効く!歯磨き粉3選

歯磨き粉選びのポイントと歯医者が選ぶ歯磨き粉ベスト10

デンタルフロス

フロス

デンタルフロスで歯の隙間のゴミを取って仕上げれば、かなりの効果が期待できるでしょう。

歯垢着色剤

時には歯磨きの後に歯垢着色剤でチェックしてみましょう。

どれだけ丁寧でも、意外と見落としが多いものです。

予防法2. 食生活を改善する

甘いものの摂取を控える

ポテトチップス

虫歯菌は「糖分」を主な栄養源にしています。大元の栄養がなければ、いくらしつこい虫歯菌でも増殖できません。

研究でも、甘いお菓子を食べている人は虫歯になりやすいと判明しています。きちんと歯磨きをすれば大丈夫ですが、中々そうもいかないこともあります。摂取量を減らし、特に寝るだけの夜には食べないように心がけないようにしましょう。

食物繊維が豊富なごぼうやにんじんといった食材は天然の歯ブラシと言われていますので、お菓子の代わりにするのもおすすめです。体にもよく、体調改善にも効果的です。

間食の回数を減らす

口の中に食べかすが存在するのを防ぐために間食の回数を減らすのも有効です。どうしても歯磨きができない場合は、口をゆすぐだけでも効果がありますよ。

予防法3. 定期的に歯科医院で歯石を取る

スケーリング

歯磨きや食生活の改善でプラーク(歯垢)は落とせますが、その先の「歯石」という状態になると、歯磨きでは落とせなくなってしまいます。

この場合は、歯科医院で落としてもらいましょう。歯がつるつるになってすっきりしますし、歯の点検もでき、早期虫歯の発見にも繋がり、一石二鳥です。

PAGE TOP