歯周病

診療案内 歯周病

歯周病とは

歯周病とは

歯周病という病気の名前はすでにご存じのことと思います。では、歯周病とはどのような症状があるか、原因は何かご存知ですか?

歯周病対策の歯磨き粉も販売されていますので、テレビコマーシャルの宣伝で、症状が重くなると「歯が抜けてしまう!」という恐怖のイメージがあるのではないでしょうか。

確かに、歯周病の治療をせずに、悪化させた場合、最悪の場合には、歯が抜けてしまいます。

それどころか、歯を支える歯肉の下にある骨(歯槽骨)までもが溶けてしまう病気です。


歯周病は恐ろしい病気

歯周病は恐ろしい病気

歯周病は歯の周りにある歯周組織(歯を支えている周りの組織)が、プラーク(歯垢)の中に存在している歯周病菌によって感染し、炎症を引き起こしてしまう症状のことをいいます。

歯周病は感染症の一種であり、細菌が体の中に入り込んで引き起こすれっきとした病気なので、決して軽く考えてはいけません。

さらに最近の研究結果では、歯周病が糖尿病を始め、骨粗しょう症、関節炎、心臓疾患、動脈硬化、早産・低体重児などの様々な病気と関係している事が分かっています。

歯周病は、適切な処置をせずに放っておくと歯だけではなく命取りにもなる恐ろしい病気なのです!


歯周病は世界で最も感染者数が多いと言われる感染症

歯周病は世界で最も感染者数が多いと言われる感染症

歯周病に関連する細菌に感染し、お口の清掃度が悪いとどんどんと細菌が増殖していきます。

この細菌が、生存するうえで、人間が食べ物を食べて代謝をしてエネルギーを得るように、細菌もプラーク(歯垢)をエサに代謝を行い、毒素を排出します。

この毒素により、歯を支える歯肉や、骨(歯槽骨)が溶けて、支えを失った歯はグラグラとしていきます。

ご自身が歯周病かどうか、歯科医院にて診断を受けたことはありますか?


歯周病は自覚症状がほとんどない

歯周病は自覚症状がほとんどない

歯周病の始まりは、自覚症状がほとんどありません。ご自分では気づかないうちに、歯周病が進んでいる可能性も十分にあるのです。

歯周病の患者さんが初めて歯科医院を受診する際に理由として多い症状は、歯磨きをしていると血が出る、家族や同僚から口臭がすると言われた、奥歯で噛むと歯が痛いといったような症状があげられます。

出血や痛みがあるといった、急いで歯科医院を受診したほうが良いと患者さんが感じる症状がなくとも、なんとなく以前より歯肉の位置が下がった、見た目が悪くなった、歯肉が赤く腫れている、歯と歯の間に食べ物が詰まりやすいといった症状を訴える方もいらっしゃいます。

歯科医院では、歯周病の診断のため、歯磨きが上手にできているかの確認として、お口の中のプラークの残り具合を染め出し液で染色し、視覚的にわかりやすくします。

そのうえで、歯磨き指導を実施します。

喫煙などの生活習慣についても問診で確認します。

また、歯と歯肉の間にある歯周ポケットの深さを確認し、4mm以上ある場合には、歯周病に注意が必要です。

歯周病になると、歯を支える歯肉の下にある骨(歯槽骨)が溶けてしまうため、その進行度を確認するため、レントゲン写真を撮ります。

大きく分けて、歯磨き指導、問診、歯周ポケット測定、レントゲン撮影の段階を経て、歯周病の判定を行います。


歯周病の予防

歯周病で最も大切なのは、予防です。予防は、自分自身で行うことができます。予防に有効な3つのことをご紹介いたします。

歯磨き

歯磨き

毎日の食事の食べかすなどが残ることプラーク(歯垢)が蓄積し、で、お口の中に生息している最近のえさとなり歯周病が悪化しやすい環境になります。

歯磨きは、子供のころからの習慣で身に着けていくものです。皆さんそれぞれ磨き方には、長年の癖があります。よく言われているのは、利き手側の小臼歯部分に、磨きのこしが多かったりと左右で清掃度に偏りがあるということです。

大切なのは、しっかりと汚れを落とすことができること、効率的に歯を磨くスキルを手に入れることです。歯磨きに自身がある方も、ない方も、一度歯科医院で歯磨きの指導を受けてみましょう。

歯科医師や、歯科衛生士から専門的な指導をうけることで、歯ブラシのほかに、デンタルフロスや、歯間ブラシの使い方など、それぞれのお口の状態にあった口腔清掃の方法のアドバイスを受けることができます。

定期的な歯科医院への通院

定期的な歯科医院への通院

虫歯があるかないかのチェックや、歯石の除去などのクリーニングを含め、3か月に1度の頻度で歯科医院に通院することをお勧めします。

歯周病にすでにかかっていても、症状が重くならないように指導を受けることができますし、予防として自宅での歯磨きでは除去することができない歯石を取ることができます。

生活習慣

生活習慣

歯科医院に通院した際にも、指導を受けるかと思いますが、間食やタバコなどの習慣や、糖尿病や骨粗しょう症など全身疾患に関する体調管理や、ストレス対策が大切です。

お口に関しては、必要以上に噛みしめないことや、歯ぎしりをしないこと、歯磨きが難しくなっている歯並びの治療などが有効です。

予防に大切なのは、まずは歯磨きですが、その歯磨きを有効なものとするためにも、定期的に歯科医院に通院しましょう。


歯周病菌によって引き起こされる病気

歯周病菌によって引き起こされる病気

プラーク(歯垢)は細菌をいっぱい含んだ塊で、1mmグラムの中に1億以上の細菌が含まれています。しかし、それらの細菌全てが歯周病を引き起こすわけではありません。

歯周病を引き起こす歯周病菌は、今現在のところ十数種類以上あることが分かっています。幾つか下記に例を挙げます。

  • トレポネーマ・デンティコーラ(Td菌)
  • ポルフィロモナス・ジンジバリス(P.g菌)
  • タネレラ・フォーサイシア(T.f菌)

では、日本では一体どれだけの人が歯周病を患っているのでしょうか?歯周病は、日本人の大人8割以上が患っている国民病です。

つまり10人に8人は歯周病、というわけですが自分が歯周病持ちであることを意識している人はわずかです。そこが、歯周病の恐ろしいところです。

歯周病になっていても多くの場合、本人に自覚症状がないのです。知らず知らずのうちに歯周病に侵されていて気付いた時は既に手遅れの状況になっている事もあります。そして、歯が抜けてしまう大半の原因はこの歯周病にあるのです。

例えば、以下のような症状が見受けられるなら既に歯周病になっている可能性が十分考えられます。

  • 歯ブラシで歯を磨いている時に血が滲む
  • 歯がグラグラする
  • 口臭がひどい
  • 朝起きると口の中がネバネバしている
  • 歯茎から膿みが出ている

歯周病は「silent disease」、つまり沈黙の病気と呼ばれています。

それでも歯周病をコントロールし、治療する事は可能です。手遅れになる前に歯医者さんへ行って歯周病を完治させましょう!

PAGE TOP