小児歯科

診療案内 小児歯科

小児歯科について

小児歯科は子どもたちのための歯医者です。一般の医科病院の小児科と同じように、小児歯科は子どもを専門に、中心に予防や保健指導・治療をする歯科です。

子どもたちの歯を扱う専門の知識・技術を持ったスタッフが治療にあたります。たいていは一般の歯科医院と併設してあります。また子どもが負担に感じることなく、治療できるように整った設備もあるのが特徴です。

小児の歯科治療がなぜ専門にあるかというと、歯の治療は大人でも嫌なものです。そして大人は我慢できることでも子どもにとっては耐えるのが大変なこともあります。

特に小さいお子さんのケースは注意して治療を行う必要があります。


小児歯科で治療を受けるときのポイント

小児歯科で治療を受けるときのポイント

幼児の治療は、体調の良い午前中に受診したほうが負担が少ないです。

昼過ぎや夕方で歯、疲れてしまっているので、機嫌が悪くなってしまい治療に差し支えることがあります。

さらに、嘘をついて歯科に来ないようにしましょう。逆効果になることがあります。治療後には、がんばったことをたくさん褒めましょう。

幼児は治療で嫌がり泣いたり暴れたりする可能性もあります。汗をかいてしまいますので着替えを用意するといいかもしれません。また、治療の時には身軽な服装をしてくるようにしましょう。

待合室やキッズスペースでは、緊張をほぐすためにも本を読んで聴かせたり、おもちゃで遊ばせてあげましょう。


乳歯の治療

乳歯の治療

乳歯も永久歯も虫歯の治療に特に違いはありません。

親御さんによってはどうせ永久歯に生え変わるのだから、乳歯の虫歯はそのままにしても大丈夫という人もいます。

しかし、乳歯の虫歯をそのままにしておくと、永久歯にまで影響が及ぶことがあります。変色したりきちんとした位置に生えてこないというトラブルの原因です。きちんと治療を受けましょう。

治療方法は基本的に大人と変わりません。穴が開くようなむし歯は削って金属やプラスチックで詰めます。

進行したむし歯や痛んだ歯は、神経を取るなどの治療をしてクラウン(かぶせ物)をかぶせたりします。麻酔を必要となる治療もあります。時間もかかります。子どもにとっては嫌ですし負担も大きいです。


麻酔をする際の注意

小児歯科では恐怖や痛みの緩和のために。麻酔を使用することがあります。

大人と同じように注射で麻酔を行うのですが、注意したいのは、アレルギー体質や慢性病で薬を飲み続けている子どもです。

あらかじめ担当医師にその旨を伝えましょう。麻酔をした後は、唇をかんだり触ったりしないように注意しましょう。


小児歯科の役目

小児歯科の役目

小児歯科ではむし歯や歯周病の予防を目指して、治療に当たっています。

あまりに小さなうちから歯を削ったり抜くような治療はなるべく受けないでいいようにするのが予防です。歯みがき習慣などでしっかりとケアをしながら予防をしましょう。

家庭でのケアはもちろん大事ですが、歯科医院での定期的なチェックも大切です。成長期にある子どもは特に大事な時期です。小児歯科医院での定期検診を是非おすすめします。

興味深いことに、むし歯治療開始年齢が低いほど、12歳でむし歯の本数も多くなる傾向があることがわかっています。

つまり小児のときの歯科治療は、子どもの将来に関係してくるということです。よりよい小児の歯科医療のために、小児歯科が占める役割は大きいのです。


大切なお子様の歯を守って行くために

大切なお子様の歯を守って行くために

小児の場合は、乳歯の治療になりますが、基本的には大人の治療と同じものになります。

乳歯だから大丈夫という考えは捨てて、しっかりと治療をしていないと、お子様の未来に関わってきます。

80歳までに歯を20本残すためにも、しっかりとした指導と検診、そして早期発見早期治療が大切になってきます。

小児歯科が行う役割は大きく、そんな小児歯科を利用しながら子どもの歯の健康を守りましょう。

PAGE TOP