インプラント治療のデメリット :ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科の専門医院

診療案内 インプラント治療のデメリット

手術が必要である

CB021136

インプラントには外科手術を伴います. そのため歯茎を切開したり縫合したりします。

また健康な骨が少ない方には骨の移植などを用いることもあります。

術後には出血や腫れなどといった症状が生じることもありますので、体に対する侵襲があることはデメリットとも言えます。

治療の終了までに期間がかかる

Office Clocks Showing Different Times

インプラントは被せ物がいきなり入ることはありません。

インプラントを骨に埋入後、骨とくっつくまでに最大約6ヶ月時間を要します。

そのため骨とくっついてから、その上に装着される被せ物の製作にとりかかるため、治療期間が長くなるという点があります。

治療費が高額である

Japanese Yen Notes

インプラント治療は保険適応となりません。

そのため費用が高額になります。

高額な機材や材料を使用するため、1本あたり数十万ほどかかることがあります。

安いインプラント治療費も見かけることがありますが、大手のメーカーでなかったり、修理に融通性が小さいといったことが挙げられます。

また長い臨床データが残っていないなどの不安な面も見受けられます。

メインテナンスが重要

image9

インプラントに限らず自分の歯にも言えることですが、治療終了後のメインテナンスが重要です。

インプラントは金属のため虫歯にはなりませんが、支えている骨が歯周病によって溶けてしまったら脱落してしまいます。

そのためインプラント周囲のお掃除はとても重要です。

また噛む力に対して適切な噛み合わせを作ることも重要です。

PAGE TOP