矯正治療の費用

診療案内 矯正治療の費用

  • 矯正歯科の治療は、原則として健康保険適用外診療(自由診療)です。
  • 以下に記載する費用とは別にお支払い時の税率で消費税が加算されます。
  • 患者様の不注意による装置紛失時は装置料を別途いただく場合があります。


お支払い方法

当院では、現金やクレジットカードでのお支払いの他に、デンタルローンがご利用いただけます。また、手数料なく分割払いでもお支払いいただけます。


お支払い料金

初診〜治療開始まで

内容 時間 治療費
初診相談料 初診時の矯正治療についてのご相談(気になっているところをお聞きし、口腔内を診査することで、相談をお受けします 30〜60分 0円
2回目以降の相談料 納得のゆくまで、分からなかったところをご相談ください 30〜60分 0円
精密検査料 治療方針を立てるにあたり、現在のお口の中やお顔立ちの状況を正確に診査することを目的としています。口腔内模型、口腔内写真、顔貌写真、レントゲン撮影、CT撮影が含まれます 30〜60分 30,000円(診断料を含む)
診断料 検査結果をもとに、綿密な治療計画をご提案させていただきます。診断内容は治療結果を左右するため、非常に重要です 30〜60分 0円

治療中

内容 時間 治療費
調整料 月に1回程度、調整を行います 30〜60分 5,000円
観察料 成長観察や歯を動かし終わった後の経過観察の期間は3ヶ月〜半年毎にチェックを行います 30〜60分 5,000円

小児矯正

内容 治療費
1期治療 乳歯と永久歯が混じっている期間の矯正治療。上あごと下あごのバランスや大きさ、成長方向を整える目的で行います 300,000円
2期治療 永久歯の生え変わりを待って行う仕上げの矯正治療。1期治療の後、歯の位置を整える目的で行います 400,000円〜(成人矯正に必要な治療費から1期治療費を差し引いた金額)

成人矯正

内容 治療費
唇側矯正 装置を歯の表側につける矯正治療。追加料金なく、なるべく目立ちにくく効率的に歯が動く装置、ワイヤーを用います。前歯には透明の装置、臼歯には金属の装置を用います 700,000円
舌側矯正 装置を歯の裏側につける矯正治療。上下顎ともに裏側に装置を装着します 1,200,000円
ハーフ舌側矯正 表側に装置がつくのは気になる、けれども話しづらさや費用は抑えたい方向きの矯正治療。上顎は裏側に、下顎は表側に装置を装着します 1,000,000円
マウスピース矯正 透明なマウスピース型の装置をつける矯正治療 400,000〜1,000,000円
部分矯正 部分的に装置をつける矯正治療 150,000円〜
矯正歯科用アンカースクリュー 歯を支えている骨の部分に埋入する小さいネジ様の装置 25,000円(1本)
保定装置料 歯を動かし終わった後に、後戻りを防止する目的で使用する装置 20,000円(片顎)

矯正治療が保険適用となる例外

  • 厚生労働省が定める先天疾患に起因した咬み合わせの異常に対する矯正歯科治療
  • 顎の外科手術を要する顎変形症の手術前および手術後の矯正歯科治療
  • 口蓋裂や口唇裂による先天的な咬合異常に対する矯正歯科治療

厚生労働省が定める特定疾患の例

  • 小舌症
  • 頭蓋骨癒合症
  • 骨形成不全症
  • 口笛顔貌症候群
  • ルビンスタイン-ティビ症候群
  • 常染色体欠失症候群
  • ラーセン症候群
  • 濃化異骨症
  • 6歯以上の非症候性部分性無歯症
  • ゴールデンハー症候群
  • 鎖骨、頭蓋骨異形成
  • ベックウィズ・ヴィードマン症候群
  • 尖頭合指症
  • 先天性ミオパチー
  • 顔面半側肥大症
  • 顔面裂
  • 筋ジストロフィー
  • 大理石骨病
  • 色素失調症
  • 口顔指症候群
  • ラッセルシルバー症候群
  • ロンベルグ症候群
  • エリス・ヴァン・クレベルト症候群
  • 軟骨形成不全症
  • 外胚葉異形成症
  • 神経線維腫症
  • 基底細胞母斑症候群
  • ヌーナン症候群
  • マルファン症候群
  • プラダーウィリー症候群
  • メービウス症候群
  • カブキ症候群
  • クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  • ウィリアムズ症候群
  • ビンダー症候群
  • スティックラー症候群
  • クルーゾン症候群
  • トリチャーコリンズ症候群
  • ピエールロバン症候群
  • ダウン症候群
  • ターナー症候群

医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために1年間(1月1日~12月31日)で10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額を所得金額から控除できる制度です。1年かかった治療費と総所得金額に応じて所得税が軽減されます。

医療費控除の申請には領収書が必要となりますので、医院から受け取った領収書は大切に保管しておきましょう。

矯正治療の費用全てが、医療費控除の対象となるわけではありません。年齢や矯正治療の目的を考慮し、社会通念上その治療が必要と認められる場合にのみ医療費控除の対象となります。

デンタルローンは、支払うべき治療費を信販会社が立替払をして、その立替分を患者様が分割で信販会社に返済していくものです。医療費控除を受けるときの添付書類として、信販会社の領収書をご用意ください。

治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。

詳しくは国税庁の医療費控除ページ医療費控除の対象となる歯科治療費の具体例をご参照ください。

PAGE TOP