矯正歯科とは

診療案内 矯正歯科とは


矯正歯科とは

矯正歯科とは

矯正歯科とは、凸凹や出っ歯など咬み合わせに不正を抱える歯並びを、ご自身の歯を活かしてきれいに整えていく治療のことです。歯列矯正ともいいます。

歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなく、さまざまな悪影響が出てきます。例えば、虫歯や歯周病のリスクが高くなったり、発音や咀嚼がしづらく感じたりします。歯並びの不正を放置したまま成長期を過ごすと、あごの成長が望ましくない方向に進むといったあごへの影響も懸念されます。

機能や形態の問題だけでなく、歯並びが悪いことで、外見に対してコンプレックスを持ち、思い切り笑えない、手で口元をつい隠してしまう、そんな悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。

歯並びや咬み合わせを「矯正」治療することで、これらの問題を解決できる可能性があります。歯並びや咬み合わせについて気になることがあるようでしたら、一人で悩まず矯正専門医に相談してみてはいかがでしょうか。


歯並びが悪いと何がいけないの?

歯並びが悪いことをそれほど気にしないという人もいるかもしれませんが、歯並びが悪いとさまざまな悪影響が出てきます。

1. 虫歯や歯周病のリスク

歯並びが悪いと、歯ブラシをすみずみに行き届かせることが難しくなるため、食べ物のカスがたまりやすくなり虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

2. 発音のしづらさ

歯並びが悪いと、舌の動きが制限されたり、息が漏れたりするため、正しい発音がしづらくなります。たとえば、サ行やタ行が言いにくくなります。きちんと発音しているつもりでも、正確に聞き取ってもらえず、何度も聞き直された経験をお持ちの方も多くいらっしゃいます。

3. 咀嚼のしづらさ

上下の歯の接触が不十分であったり、部分的にしか当たっていないことで、食べる時に食べ物をしっかり咬み砕いたり、咬み切ることができません。食べ物を塊のまま飲み込むことで、消化器官への負担が大きくなります。

4. あごへの影響

歯並びの不正を放置したまま成長期を過ごすと、あごの成長が望ましくない方向に進んだり、発育不足や過成長になることがあります。上あご下あごの骨格的なバランスは遺伝によるところも多くありますが、咬み違えが発端の癖が原因で、望ましくない方向や量に成長してしまうこともあります。また、あごに悪いだけでなく、肩こりや頭痛、腰痛を引き起こすことがあります。

5. 心理的な影響

歯並びが悪いと、外見に対してコンプレックスを持つものです。思い切り笑えない、手で口元をつい隠してしまう、そんな悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。そのことが心理的に影響を与え、引っ込み思案になり笑顔が少なくなるということもあります。


矯正歯科のメリット・デメリット

歯並びをきれいにするメリット

矯正歯科の治療で歯並びをきれいにすることには、さまざまなメリットがあります。

1. 見た目がきれいになる

矯正歯科の治療は、歯並びがきれいに改善されるだけではありません。歯並びの悪さが原因の口元の歪みが改善され調和の取れた顔立ちになります。八重歯による唇の歪みの解消、口を閉じたときに下あごにできるしわの解消、口元の突出感を軽減することによる横顔の改善などが挙げられます。

2. 咬み合わせの改善

咬み合わせが改善されることにより、発音のしづらさが改善されます。また、上下の歯の凹凸が互いに組み合うような咬み合わせを達成することで、しっかりと食べ物を咬み砕くことができるようになり、消化器官への負担が少なくなります。咬む力をまんべんなく分散させることで、一か所に力が集中するのを防ぎ、歯のもちをよくします。

3. 精神状態がよくなる

矯正歯科の治療で歯並びが悪いという劣等感が解消されます。心理的な良い影響により笑顔に自信が持てるようになり、健康な精神状態に改善されます。

4. 虫歯や歯周病のリスクの低下

矯正歯科の治療によって歯並びが整うと、歯に食べ物のカス、いわゆるプラークが付きにくくなります。歯磨きなどによるブラークコントロールがしやすくなるので、虫歯や歯周病になりにくくなり、歯や歯肉を健康な状態に保つことができます。

矯正治療のデメリット

1. 時間・費用がかかる

一般的な症例の場合、治療期間は1年半〜2年半程度と長期に渡ります。また、保険適用外のため100%自己負担となり高額です。

2. 矯正治療中の見た目

最近の装置は色々な種類があり、目立ちにくいものもあります。また、矯正の方法も選択できるようになってきました。

3. 矯正治療中のお手入れのしづらさ

矯正治療中は、普段以上にお手入れに気を使います。怠ると、虫歯や歯肉の腫れを招くこともあります。


歯並びの種類

上下の歯が適切に咬み合わず、見た目やかみ合わせが悪い状況を不正咬合といいます。不正咬合には、上あごと下あごの位置がずれている骨格性のもの、歯とあごの大きさのアンバランスが原因で歯列に凸凹やすき間が生じる歯性のものなど、さまざまな種類があります。

あなたはどの咬み合わせ?チェックしてみましょう

1. 叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

  • 凸凹して歯が重なっている
  • 歯磨きがしづらい
  • 八重歯になっている
  • 唇を間違えて咬みやすい

叢生とは、歯の大きさと歯が並ぶあごの大きさのアンバランスが原因(歯が大きい、あごが小さい)で、歯が重なり合って生えている歯並びのことです。

2. 空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

  • 歯と歯の間にすき間がある
  • 発音しにくい

空隙歯列とは、歯の大きさと歯が並ぶあごの大きさのアンバランス(歯が小さい、歯が足りない、あごが大きい)や舌の力が大きいことが原因で、歯と歯の間にすき間が開いている歯並びのことです。息が抜けるような状態となり、発音が聞き取りにくく不明瞭になることがあります。

3. 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

  • 上の前歯が前に出ている
  • 口が閉じづらく、顎にしわができる
  • 口元が出ている

上顎前突とは、上あごと下あごのアンバランス(上あごが大きい、下あごが小さい)や歯の傾き(上の歯の傾きが大きい、下の歯の傾きが小さい)が原因で、上顎が下顎よりも前方に出ている歯並びのことです。指しゃぶりなどのくせや鼻疾患が原因で起こることもあります。

4. 下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

  • 下の前歯が前に出ている
  • 下あごが出ている
  • 食べ物が食べにくい

下顎前突とは、上あごと下あごのアンバランス(上の歯の傾きが小さい、下の歯の傾きが大きい)や歯の傾き(傾きが大きい)が原因で、下あごが上あごよりも前方に出ている歯並びのことです。遺伝的な要因が影響することもあります。

5. 開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

  • 口を閉じても歯の間にすき間ができる
  • 舌を前方に突き出す癖がある
  • 食べ物が咬みきれない
  • 言葉が聞き取りにくいと言われる

開咬とは、上下歯列の垂直方向の不正が原因で、奥歯で咬んでも前歯が咬まないため上下の歯の間にすき間を生じる歯並びのことです。幼児期の指しゃぶりや舌を突き出すなどのくせ、口呼吸が影響することもあります。

6. 過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

  • 舌の歯が見えない
  • 上あごの歯肉が痛い

過蓋咬合とは、下の前歯が上の前歯に隠されて深く咬み混んでいる歯並びのことです。下の歯が上あごの歯肉に咬みこんでしまっている深刻な症状もあります。顎関節の不調を引き起こすことが少なくありません。


矯正治療の年代別分類

小児矯正(子供の矯正)

小児矯正

小児矯正とは子供の時期に行う矯正治療のことで、成長期であることを活かして行われる治療です。上あごと下あごのバランスや大きさ、成長方向を整える1期治療と、歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)の2つの段階があります。中には1期治療のみで終了される方もいらっしゃいます。

いつ始めるのが効果的?

一般的に1期治療は乳歯が永久歯に生え変わっていく6〜10歳くらいに行うのが効果的であるとされています。咬み合わせの種類や不正の程度、生え変わりの進み方によって、開始時期や使用する装置が異なります。お子様、それぞれに最適な治療開始時期がありますので、まずは一度ご相談を受けられることをお勧めします。ご相談を受けられた結果、すぐに治療開始とならなくとも、いつ頃どんな治療を受けると良いのか、分かっていることで安心につながります。

いつまでするの?

全ての乳歯が永久歯に生え変わる12歳前後までの経過観察を含め、小児矯正治療の期間とさせていただいています。それまでの期間ずっと装置を使用し、定期的に通院しなければならないということではありません。また、症例によっては、身長の伸びが止まる頃まで注意深く経過観察することが重要となる場合もあります。

小児矯正治療の特徴

お子様に使用する装置ですので、扱いやすく、危なくない、痛みの出にくい装置を使用します。定期的にお口の中をチェックすることができますので、矯正治療のみならず、フッ素塗布やシーラントなど虫歯予防の処置や生え変わりがスムーズに進むよう管理を受けることができます。

子供の矯正歯科の選び方

お子様の矯正治療を考えているならば、お子様のためになるべく良い歯科医院を選んであげたいと思うのが当然です。矯正歯科医院を選ぶのに役立つ幾つかのポイントがあります。

Point1 医院の雰囲気とスタッフの印象

お子様の中には、歯科医院の雰囲気に緊張してしまう子も多くいます。
子供でも気軽に自分の気分や気持ちを言い表せる歯科医師やスタッフのいる医院を選ぶようにしましょう。

Point2 丁寧なコミュニケーション

お子様の中には、なかなか自分の気持ちをうまく伝えられない子もいます。そんな時、歯科医師やスタッフが上手なコミュニケーターならば安心です。
ご両親様だけでなくお子様にも分かるように、難しい言葉を並べずに、丁寧に説明をしてくれるならば、お子様との間にも信頼関係が築かれてゆき、治療もスムーズに進むでしょう。

Point3 清潔な院内

歯科治療は、直接口の中に器具を入れて治療します。お子様の治療ですから、さらに清潔さは気になるものです。
歯科医院の殺菌や消毒への心がけは安心して治療を受けるためにも大切なポイントになります。

成人矯正(大人の矯正)

成人矯正(大人の矯正)

成人矯正とは、永久歯が生えそろってから始める矯正のことです。年齢に制限を受けることなく、歯と歯を支える顎の骨、歯肉が健康であれば、どなたでも治療を受けることが可能です。

成人矯正の期間

矯正治療の期間は、不正の程度や難易度により異なります。

  • 一般的な症状の場合:1年半〜2年半程度
  • 簡単な症例の場合:1年〜1年半程度
  • 難しい症例の場合:3年程度必要となることもあります

1ヶ月に1回程度ご来院いただくことでスムーズな治療が実現できます。

大人の矯正歯科医院の選び方
Point1 実際に矯正医に会う

カウンセリングを受けに行きましょう。ここで実際に治療を担当する矯正医に会って、ご自信の目で確かめましょう。

Point2 丁寧な検査や説明

満足のいく矯正治療には適切な診断が必要不可欠です。そのためには正確な検査が大切です。さらに、患者様の悩み・希望をしっかり聞いてくれて、丁寧に説明をしてくれるかということも大切です。

Point3 治療計画

装置の種類や治療方法の選択肢を提示し、そのメリット・デメリットを包み隠さず説明してくれる、というのもポイントです。メリットのみの治療方法はありません。正しく矯正治療がどんなものかを理解できるよう、マイナスの情報も示してくれる矯正医は真摯に矯正治療に取り組んでいると言えるのではないでしょうか


矯正治療の種類

矯正治療の種類

「矯正」と聞くと、ワイヤーを用いた装置を想像されることでしょう。きれいに治したい気持ちはあるが、どうしても装置の見た目が気になって躊躇してしまう、そんな方も多いでしょう。

最も一般的に行われている矯正の種類は、ワイヤー矯正です。この方法は、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、ブラケットにワイヤーを通して歯を動かしていく方法です。以前は、この装置はすべてが銀色をしていました。見た目が気になるために、矯正を躊躇する方も多くいらっしゃると思います。特に大人になってから矯正を考える方にとっては、大事な問題です。しかし、最近のブラケットはいろいろな種類があり、目立ちにくいものもあります。また、矯正の方法も選択できるようになってきました。

当院では、ブラケットと呼ばれる装置を歯の表側につける矯正治療(唇側矯正)、装置を歯の裏側につける矯正治療(舌側矯正)、透明なマウスピース型の装置をつける矯正治療(マウスピース矯正)を行っています。これらの治療方法にはそれぞれ、得意なこと、苦手なこと、よい所、悪い所があります。患者様からライフスタイルやご希望について十分にお聞きし、咬みあわせを照らし合わせながら、最適な治療方法を探していきます。

1. ブラケットを表側につける唇側矯正

唇側矯正

唇側矯正とは歯の表面にブラケットをつけて矯正を行うタイプの矯正のことです。世界で最も利用されている方式で、コストパフォーマンスに優れています。ワイヤーの弾力を利用し歯列を整えていきます。矯正治療法の中で最も歴史が長く、症例の研究・検証も多く最も確立された矯正治療法です。肉体的・精神的な負担も少ない治療法です。歯の表に装置があるために細かな調整がしやすく治療が進みやすいです。ほとんどの矯正歯科で進められる方法です。

2. ブラケットを裏側に付ける舌側矯正

舌側矯正

歯の裏側にブラケットをつけて矯正していく方法です。表側から装置がほとんど見えないことがメリットです。人から見られません。舌側矯正は特殊なブラケットを使っての治療です、表側の矯正と比べると費用がかなり高いです。歯の裏側に装置を取り付けるのは、感覚的なところがあり正確な作業・調整が難しいです。

毎月のメンテナンスにも時間が表の矯正に比べて2~3倍近くかかります。汚れの除去、磨き残しから歯肉炎や虫歯、歯周病などの問題が起こる可能性が高いです。装置が裏側にあるので口内炎・発音障害が起こりやすいです。こういった問題点から取り扱っていない歯科医院もあります。

3. 透明なマウスピースによる矯正

マウスピース矯正

透明なプラスチック製のマウスピースを利用します。段階ごとにマウスピースを変えていきます。透明なマウスピースですので、装置を入れていることに気づかれにくいです、ただしマウスピースには歯を動かす力が弱く、抜歯などを必要とする大掛かりな矯正が必要な人は利用できません。

4. 治療期間を短縮できるインプラント矯正

インプラント矯正

スピード矯正とも呼ばれます。顎の骨に埋入したインプラントが固定源となり効率的に派を移動させられます。一般の矯正よりも費用がかかりますが、治療期間を大幅に短縮できるので急いで治療したいときに利用できます。

5. ブライダル矯正

ブライダル矯正

結婚式までは普通の治療を行い、結婚式直前に矯正装置を外し歯のばらばらな状態を治すというものです。マウスピースのみの矯正もできます。結婚式の日から逆算して治療を開始すれば良好な結果が得られる場合が多いです。3ヶ月間ほどの矯正期間を見ておく必要があります。

6. 部分的な矯正

部分矯正

1本または数本の歯列を整える治療法です。治療期間が短くてすみます。前歯のデコボコ、少し隙間、極端に歯並びが悪い部分のみを整えることができます。ただしこの方法ではかみ合わせを治すことができませんので、歯科医院によっては取り扱っていないところもあります。


矯正方法による期間の違い

矯正歯科の期間は、矯正方法により異なってきます。各矯正方法の流れと関係してきます。

ワイヤー矯正の場合

歯を抜かないですむのなら、矯正期間は6ヶ月~1年かかります。一般的な症例なら、矯正期間1年~2年。難しい症例なら、矯正期間2~3年以上かかります。すべての症例で、保定期間が1~2年程度かかります。

ワイヤー矯正の治療は、まず検査してからワイヤー調整が行われ、保定という流れで行われていきます。ワイヤー矯正の場合、矯正歯科の期間は患者様の症状により大きく変わってきます。

1. 検査

虫歯や歯周病の治療・抜歯など、矯正治療を開始する前に検査をしなければなりませんが、虫歯や歯周病の治療などはしておかなければなりません。これらの治療をすませておくことは、矯正治療の前提条件となります。また、抜歯をしなくてはならない場合もあります。

2. 矯正開始(ワイヤーによる動的矯正)

ワイヤーにより歯を移動させていきますが、この期間は、患者様の症状により大きく変化してきます。一般的な症例の場合には2~3年程度ですが、歯を抜かずに済むような簡単な矯正の場合は6ヶ月~1年程度で終了します。ただし、難しい症例では3年以上かかることもあります。矯正期間中はワイヤー調整が必要となり、1~2ヶ月に1回程度通院しなくてはなりません。

3. 保定

矯正が終わった後に放置していると動かした歯が戻ろうとしますので、歯の後戻りを防ぐための保定を行う必要があります。保定する方法には様々なものがありますが、期間としては1~2年程度かかるものもあれば、一生というものもあります。保定期間中は、数ヶ月に1回程度の通院が必要となります。

インプラント矯正の場合

最大でワイヤー矯正の矯正期間の約半分程度と、保定期間1~2年程度がかかります。

インプラント矯正は、ワイヤーを使った矯正とほほ同じ治療の流れになりますが、矯正歯科の期間はかなり短くなります。

舌側矯正の場合

矯正期間は一般的な場合で1年半~2年、虫歯や歯周病の治療、抜歯の必要がない場合で1年くらい、リスクや難易度が高い場合で2年半~3年程かかります。さらに保定期間として1~2年程度がかかります。

舌側矯正は、ワイヤーを使った矯正とほほ同じ治療の流れになりますが、矯正歯科の期間はワイヤー矯正よりも長くなることもあります。

マウスピース矯正の場合

マウスピース矯正は簡単な矯正の場合が多いので、矯正歯科の期間は短めで約6ヶ月~2年程度です。さらに保定期間として1~2年程度がかかります。

マウスピース矯正の場合、2週間毎に1回通院して新しいマウスピースに交換しながら一日20時間以上装着し、歯をすこしづつ移動させていきます。

PAGE TOP