上司のお口は、なぜ臭いのか?気になる口臭の原因まとめ

コラム

上司のお口は、なぜ臭いのか?気になる口臭の原因まとめ

花子
みなさん。こんにちは。
歯科助手の花子です。

この間、患者さんからこのようなお話を伺いました。

今日子
「実は上司と話すとき、お口が臭くて話に集中できなくて、困っています。。。お昼ごはんの後もきちんと歯磨きしているようなのですが、どうして臭うのでしょうか」
花子
というお話でした。

身近だけど、なかなか言いにくいデリケートな問題です。
今日は口臭を引き起こしてしまう原因をまとめてみました。

なぜ、アノ上司のお口は臭いのでしょうか?

口臭は、自分で気づくことがほとんどありませんので、人から指摘されて初めて気がつく場合が多いです。

患者様の中でも、ほとんどが周りに指摘されて来院される方です。

 

〜こんな口臭のお話を耳にされたことはないでしょうか〜

今日子
△△部長のお口臭くない?

明日子
ほんとうにひどいよね。

今日子
今度、私、部長と一緒にプレゼンなんだけど、やりたくないよ〜。

明日子
えーそれはそれは、ご愁訴様です。

今日子
まだ、それまで3ヶ月あるんだけど打合せも憂鬱で、も〜〜〜。

明日子
まだまだ臭いとの戦いが続くね。

今日子
仕事ではなく、口臭に悩まされるのか・・・。

厚生労働省によると、社会的容認限度を超える強さの口臭をもつ成人は、平均15%も存在するとのことです。
ということは10人に1.5人は口臭をもっているが現実となります。

あなたの口臭は、大丈夫ですか?

口臭が気になって会話できない

話すという行為は、必ず口の中を通して呼気がもれますので、口臭がひどいと様々なコミュニケーション活動に弊害が及びます。

仕事にも恋愛にも大きな影響を及ぼすって知っていましたか?
1度、自分の口臭に関して、見なおしてみてはいかがでしょうか。

 

コミュニケーションの弊害となる口臭の原因

 
口臭には、生理的口臭と病的口臭の2種類があります。

生理的口臭は、食事や生活習慣やストレスなどからくる口臭になります。

病的口臭は、虫歯や歯周病などの治療が必要となる口臭になります。


  1. 虫歯って臭う?
  2. ミュータンス菌が虫歯の原因

    虫歯は、細菌の温床になりますので、その細菌が出す代謝産物が口臭の原因となります。

    虫歯菌と言われるミュータンス菌は、通性嫌気性菌で空気を嫌う菌は、嫌な臭いを発します。
    良く卵が腐ったとか汚物の臭いと言われます。

    よく虫歯の治療を途中で放置した場合にも、口臭が発生します。


  3. 歯周病は臭う?
  4. 歯周病

    歯周病は、これまた歯周病菌と言われる細菌により、歯の周りの骨を溶かす病気になります。
    また、細菌が出す代謝産物が口臭の原因となります。

    歯周病の場合は、膿を出したりもするので臭いがかなりきつくなります。

    歯ブラシやマウスウオッシュでは、歯周病は治りませんので、歯科医院での治療が必要です。
    また、生活習慣病ですので、食生活を見直す必要があります。

    以前は、歯周病は高齢な方がなるというイメージがありましたが、最近では、若い方でも歯周病に感染するケースも増えており、若い時期から口臭と歯の動揺に悩まされる方も増えています。


  5. 親知らずは臭う?
  6. 親知らず

    若い人の口臭に多いのが、この親知らずによる口臭です。
    親知らずは、真横にはえていたり、1番奥で磨きにくいので、汚れがたまりやすく、歯周病や虫歯になっている場合も多いです。

    また、磨きにくいので汚れがたまり口臭の原因となっている方が多いです。

    本来、親知らずは、まっすぐ生えてくるために、問題なく歯ブラシをおこなうことができます。
    しかし、現代人は、顎が小さく親知らずを生えるスペースを確保することが、難しいために斜めや真横に生えてしまい、磨きにくい環境を作ってしまうのですね。

    この口臭の場合は、親知らずを抜歯するしか方法がありません。親知らずを抜歯する場合は、腫れる時がありますので、担当医と抜歯時期に関して、充分話し合ってから行うようにしましょう。


  7. タバコ
  8. 喫煙

    ニコチンは、口の中に沈着しますので、口臭の原因となります。
    また、タバコは、歯周病を悪化させる原因となりますので、口臭も悪化する原因となります。

    タバコを吸うと歯肉の末梢血管への血流が少なくなりますので、歯肉の色事態も悪くなりますし、歯周病を助長させます。
    タバコは、タールとニコチンの2種類の主成分からなりたっています。

    • ●タール
    • タールとは、いわゆる「ヤニ」といわれる成分です。
      タールとは、有機物質の熱分解により発生する粘り気のある黒褐色の油状液体です。

      タバコを吸うとタバコの歯の有機物質が熱分解され、4,000の化学物質の結合体であるタールとなります。

    • ●ニコチン
    • ニコチンは、血管の収縮を引き起こします。タバコを吸う事により、口腔内の血液の循環量が少なくなります。唾液の分泌も減りますので、必然的に細菌の数も増えて、口臭の原因となってしまいます。ニコチンの作用に対する弊害が様々な場所で起こることを覚えておいてください。

     タバコを吸う際に、飲み物を一緒にとる人も多いですが、とくにタバコとコーヒーの組み合わせは、最悪になります。コーヒーは、利尿作用が強く体内の水分量が減ります。それに伴い口腔内の唾液量も減ります。ということは、そうです!口臭が発生することになります。


  9. 舌苔
  10. 舌の表面に生える舌苔

    口腔内の嫌気性菌と呼ばれる細菌が、タンパク質やアミノ酸を分解して「揮発性硫黄化合物」(VSC)という物質を作ります。
    これが口臭の原因だと言われています。

    舌の上のこけ状のものを舌苔と呼びます。
    舌苔の量は、体調や時間よっても変化します。

    では、舌苔を除去すれば口臭がなくなるかというとそうでもないです。

    そこには、大きな落とし穴があります。

    舌苔をとりすぎてしまうとかえって増殖する傾向が強いからです。

    舌苔とは、誰しもがもっているものになりますので、口臭が強くない限り、1日に1回程度の清掃で充分となります。
    やり過ぎてしまうとかえって細菌が多くなったり、舌が傷ついてしまったりすることがありますので、注意しましょう。


  11. ドライマウス
  12. ドライマウス

    口の中が乾燥すると、口臭が強くなります。
    緊張やストレスが増えると口腔内の唾液の量が減ります。

    昔から、唾液には殺菌作用があり、怪我をしたりすると唾液を塗ったりしましたよね。
    これは、唾液の殺菌作用があるからなのです。

    口腔内の唾液の量が減ると、殺菌作用が損なわれますので、細菌が増殖して口臭が発生します。
    朝起きた際にお口の臭いがキツくなっているのは、唾液が少ないために起こります。

    唾液の量と口臭には、密接な関わりがあるんですね。


  13. 緊張すると口臭が発生します
  14. 緊張

    緊張してのどがカラカラって経験ありませんか?
    そもそも緊張するとなぜ、のどが乾くのでしょうか?

    口の乾きというのは、交感神経の働きによって唾液分泌量を調整します。緊張や激しい運動をした際は、交感神経有意に働き「唾液量を少なく」と指令がでます。

    この唾液の分泌量が少なくなると口腔内の細菌の量が増えますので、口臭がひどくなるという図式になります。

    では、どのようにして防ぐかというとできるだけ水を含んで、喉や口の乾きを予防すること!

    私は、良くセミナーの前にガムをかんで唾液を出すことを心がけます。

    これで皆様に迷惑がかからないですね。


  15. お茶でも口臭
  16. 口臭効果のあるお茶

    お茶には、口臭予防効果があると言われています。
    しかし、お茶を飲んだ後になぜか渋みを感じて、口臭を気にしてしまうことはありませんか?

    お茶の成分には、「カテキン」と呼ばれる非常に消臭効果と殺菌効果の高い成分が含まれています。

    他の成分も口臭予防効果があり、一般的に口臭をおさえてくれます。
    「カテキン」は殺菌効果もありますので、最近では、消臭剤などにも成分として表記されたり、日常生活の中でも、触れることが多くなっています。

    しかし、お茶には「カフェイン」が含まれており、この「カフェイン」は交感神経を刺激しますので、唾液の量を少なくという指令が脳へでちゃいます。
    そうすると、口の中の細菌数が増えて、口臭の原因となります。

    お茶を飲めば飲むほど、喉が乾くというのは、このことだったのですね!


  17. 胃が悪い人は、口臭に要注意!
  18. 健康な胃と弱った胃

    胃が弱っている?

    通常、胃へ運ばれた食べ物を消化してくれます。
    しかし、胃が弱っている場合は、食べ物が消化されずに異常発酵してしまいます。

    皆さん、夏のゴミ捨て場の臭いをご理解しているかもしれませんが、食べ物が腐ってガスを発生させます。

    これが口臭の原因となる場合があります。

    胃腸が弱ってしまう原因の1つに、食生活がありますので、できるだけ野菜などのビタミン豊富な食材を摂取して、胃が荒れるのを防ぎましょう。


  19. 肝臓からくる口臭
  20. 肝臓

    肝臓の働きは、血液を作成したり、毒素を分解したり、臭い物質を分解したりする働きがあります。
    肝臓の働きが悪くなると、臭い物質を分解できなくなりますので、血液に取り込まれ、肺に運ばれ、呼吸と共に口臭として吐き出されます。

    肝臓の働きを弱めるのは、お酒になります。

    この辞められないお酒とどう付き合うか?
    非常に難しい問題ですね。

    何事も程々にですが、お酒は、良薬でもあり、苦薬でもあります。
    きちんと休肝日を作りましょう。


  21. 腸からくる口臭
  22. 健康な大腸と病気の大腸

    腸には、善玉菌と悪玉菌がいます。
    体に悪影響を及ぼすのが「悪玉菌」になります。

    腸内環境が悪化すると食べ物の分解がすすまなく、ガスが発生します。

    通常は、おならとしてガスは、排泄されますが、一部は、血液に取り込まれて、肺に運ばれ、呼吸と共に口臭として吐き出されます。

    腸の善玉菌を増やすには、最近、CMでも流れていますが、R−1やLG21などの飲料を利用するのも1つになりますね。


  23. 食べかすによる口臭
  24. 食べかす

    歯ブラシを行うことにより、防げる口臭になりますが、食事をした際に、歯と歯の間や溝に詰まった食べかすを、そのままにしておくと、食べ物が腐って腐敗臭が発生します。

    それはそうですよね!
    口腔内の温度は、36度以上になりますので、真夏の状態で食べ物を放置すればくさりますし、臭いも発生します。
    食後の歯ブラシは、必須ですね。

    食べかすを除去するには、フロスが1番有効です。
    もしくは、糸ようじですね。

    爪楊枝でも良いのですが、歯ぐきを傷つけないように気をつけてください。


花子
いかがでしたか?
皆さんの中には、自分の口臭に気づいていない方も多いと思います。
また、上司は、口臭なんて絶対気づいていません。

そんな上司に舌ブラシやフロスをプレゼントしてあげると、大事に使ってくれると思いますよ。
是非、参考にしてみてください。

Pick Up

PAGE TOP