ホワイトニング効果の持続期間

コラム

ホワイトニング効果の持続期間

ホワイトニングをするとどれくらい効果が持続する?というのは興味がる方が多いのではないでしょうか。

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングホームホワイトニングがあり、どちらの方法でも一定の期間が過ぎれば効果は薄くなっていくことは共通しています。

これからやってみようかなと思っている方は、持続期間も頭に入れて検討されるとよいですね。

歯のクリーニングでホワイトニング効果が上がる

image1
ホワイトニングは歯の表面から薬剤を浸透させて歯を白くしていきます。その為、歯の表面の清掃状態がホワイトニングの効果を左右します。

清掃状態が不良であると、漂白効果が減弱されてしまうので、行う前にはクリーニングをすることが効果的となります。

虫歯がある状態で行うと、歯の内部に薬液が浸透するため、歯にとってよくないことは想像出来るかと思います。

また炎症のある歯茎に薬剤が付着すると、歯茎の痛みや炎症が増してしまう可能性があるため、歯周病も治療しておく必要があります。

しかし初期の虫歯はすぐ削らずに、定期的なクリーニング、フッ素塗布、ホームケアを行うことも大事です。

再石灰化を促進し、虫歯の進行を予防することができますので、虫歯の状態をしっかりと見極めることが重要です。

歯のクリーニングでバイオフィルムを除去

美容 歯磨き

歯の表面には目に見えないバイオフィルムという汚れがついています。

キッチンの三角コーナーやお風呂の排水溝は掃除をしていてもヌルヌルした汚れがつきますよね。

歯も同じように、毎日磨いていてもバイオフィルムが形成されていきます。この膜がホワイトニング効果を阻害します。

バイオフィルムは粘着性を有するため、唾液に洗い流されることなく歯面にへばりつき、次々と細菌を増やしていきます。

バイオフィルムは歯磨きやうがいで簡単に除去することができません。

歯科医院で行うクリーニング(PMTC)で機械的に除去することが最も効果的な方法です。虫歯、歯周病予防にも定期的にクリーニングを行うことが重要です。

歯の表面を可及的にきれいにし、薬剤が浸透しやすい環境を作ってホワイトニングを行うことが、白くなる歯への近道となります。

セルフケアでホワイトニング効果が上がる

音波歯ブラシ
音波水流を発生し、歯垢を落とします。手磨きより何倍も歯垢除去力があります。手磨きではとりにくいコーヒーやタバコの着色汚れにも効果的で手磨きの1.5倍除去します。
ホワイトニング歯磨き粉
市販の歯磨き粉は研磨剤で汚れを落としますが、ホワイトニング歯磨き粉はカルプロックスという酵素の働きで、粘着性の高い汚れを分解します。市販の歯磨き粉より何倍も汚れが落ちます。研磨剤無配合で歯を傷つけないので、着色がつきにくく、ホワイトニングの効果も長持ちします。

持続期間は長くて1年から2年

ホームホワイトニングは徐々に歯を白くしていく方法から、持続期間は1年以上が期待できるでしょう。せっかくやるなら長持ちさせたいという方に、効果が長持ちする理由をお伝えしたいと思います。

花子
ホームホワイトニングは自分で継続して行うことで手間もかかりますが、長持ちすることは魅力的ですね。

渋谷太郎
そうですね。
オフィスホワイトニングでは1回で歯が白くなりますが、持続期間は長くても半年ほどと短めです。
一方ホームホワイトニングの薬剤は一般的に扱えるように、濃度が薄く調整されています。
そのためすぐに真っ白にはなりませんが一定期間しっかりとホワイトニングを行うことで、じっくりと歯に浸透させていくことができるのです。

花子
いったん効果が出れば1年以上効果の継続が見込めるのは嬉しいですね。

渋谷太郎
そうですね。
しかし食生活や喫煙など、口内環境によっても持続期間は変わってきます。
白さを長持ちさせたいという人は、歯に着色汚れが出やすい食べ物や飲み物は避けるほうがさらに効果的ですね。

白さの敵!着色汚れを少なくするには

ホワイトニングの効果は半年、1年以上などと言われますがそれはあくまでも平均的な数値です。
日ごろから着色汚れを引き起こさないような工夫をすることも、効果を持続させるためにはとても大切です。

花子
ホワイトニングをした人が日常的に気をつけておきたいことを教えてもらえますか。

渋谷太郎
コーヒー、紅茶、ワイン、タバコなど着色汚れの原因となるような食べ物や嗜好品は、避けるほうが無難です。
どうしても口にしたい時は、コーヒーなどを飲んだ後に水で口をすすぐ等して、色素の沈着を防ぐように心がけてみてはいかがでしょうか。

花子
普段から気をつけるだけでも変わってくるのですね。

渋谷太郎
カレーなど色の濃い食べ物や、合成着色料が含まれている食品はうっかりすると口にしてしまうこともありますので、早めに歯磨きをしてフォローをすることも大切ですよ。

まとめ

真っ白な歯をできるだけ長い期間保つには、日ごろからの心がけを見直してみることも大切なようです。

自分でホワイトニングを行う場合でも、時には歯科医に相談しながらすすめることで、白さを持続させるヒントを得たり、虫歯などのトラブルの早期発見にもつながるでしょう。

口内環境に気を配りながら、ホワイトニングで白くすてきな口元を目指してみてはいかがでしょうか。

ホワイトエッセンス渋谷のホワイトニングの特徴

ホワイトエッセンス渋谷では、結果にコミットするホワイトニングコースを行っております。スタッフも多くの症例や研鑽を日々積んでおり安心してお任せいただけます。ぜひ、無料カウンセリングにお越しください。

ホワイトエッセンス渋谷のホワイトニング

Pick Up

PAGE TOP