入れ歯博士が教える入れ歯の洗浄方法

コラム

入れ歯博士が教える入れ歯の洗浄方法

こんにちは、渋谷の歯医者ホワイトエッセンス渋谷医師の田中健久です。

入れ歯の洗浄方法がわからないという質問がありましたので、入れ歯の洗浄方法を詳しくお伝えします。

毎日行う入れ歯洗浄ですので、正しい知識で効率的に行いたいですよね。

入れ歯洗浄注意事項

入れ歯を洗う際に、結構間違った知識をお持ちの患者さんがいらっしゃいます。

入れ歯洗浄間違いあるあるをお伝えします。

歯磨き粉を使ってはいけない!

入れ歯を歯ブラシに歯磨き粉を磨いちゃダメだって知っていましたか?えっ?ダメなんですか?そう!ダメなんです。

市販の歯磨き粉には、シリカ・リン酸水素カルシュウム・水酸化アルミニウム・炭酸カルシュウム・無水ケイ酸と表記されている成分の研磨剤が含まれています。

この研磨剤で入れ歯をゴシゴシ磨いてしまうと入れ歯に細かい傷がついてしまい、余計に着色や細菌が付着しやすくなるわけです。

1度ついた傷は、消えませんので、歯磨き粉で磨いていたという方は、歯科医院で綺麗に研磨してもらいましょう。

そうすれば入れ歯の表面も綺麗に滑沢になり、また、着色や汚れがつきにくくなります。

ジェル型やリンス型の歯磨き粉には、研磨剤が含まれていませんので、これを機に変更してみるのもよろしいかもです。

何れにしてもですが、研磨剤の配合している歯磨き粉は、使わないようにしましょう。なので入れ歯を磨く時は、

硬い歯ブラシで磨いてはいけない!

硬い歯ブラシも歯磨き粉の研磨剤と同じように、ゴシゴシ磨くと歯の表面に傷がついてしまいます。

ついてしまった傷の部分い着色や細菌が付着しますので、余計に汚れが目立つようになります。

入れ歯の表面につく汚れは、お皿につく油汚れに似ています。

お皿の油汚れをゴシゴシとたわしで磨いても落ちないですよね。

スポンジで優しく拭い取るように洗うと取れますよね。

入れ歯も同じなんです。できるだけ柔らかい入れ歯ブラシで優しく油汚れを拭い取るように磨くと汚れが取れます。

ポリデントの箱にも書いてありますが、入れ歯は、天然の歯よりも10倍柔らかい素材でできています。

そうなんです!天然の歯は、体の中で1番硬い組織になります。

それに比べて入れ歯は、プラスティックです。

熱いお湯は、ダメ!熱湯消毒は、ダメ!

患者さんの中には、月に一度入れ歯をグツグツと煮て、熱湯による殺菌を行うという患者さんがいますが、こちらは逆効果となります。

患者さんなりによく考えて入れ歯に匂いや細菌がつかないように創意工夫だと思いますが、実は絶対やってはいけない行為になります。

熱湯(60度)以上につけると入れ歯が変形してしまいます。

一度変形してしまった入れ歯は、元に戻りませんので、ご注意ください。

飲んだり、液体で磨いてはダメ

患者さんの中には、入れ歯洗浄剤に一晩浸した液体に歯ブラシをつけて、朝磨くという方がいらっしゃいました。

また、コップに一晩入れ歯を浸透した後に、朝入れ歯を装着して、水を捨てないで、その後、間違って飲み込んでしまったという方もいらっしゃいました。

中性や弱アルカリ性の製品を一錠飲んだからといって、そんなに危険はありませんが、牛乳などの乳製品を飲んで、少し様子を見てみましょう。

強アルカリ性の製品を飲み込んでしまった場合は、胃洗浄や血液透析などが必要になりますので、病院をすぐに受診しましょう。

1日1回は、入れ歯洗浄剤につけましょう。

えっ?1日に1回入れ歯洗浄剤につけるんですか?2から3日に1度で十分だと思ってましたとよく聞きます。

入れ歯洗浄剤ですが、入れ歯の材質は、プラスティックです。

そのため水を吸い込み膨張します。

つまり、細菌を吸い込んでいることになります。

お口の中は、お尻よりも細菌が多く汚いですので、その細菌を吸い込んだ入れ歯は、やはりきれいじゃありませんね。

入れ歯に付着している菌で、注意しなければならないのは、カビの原因であるカンジダ菌です。

このカンジダ菌は、歯周病と関係があり、放っておくと残っている歯の歯周病が進んでしまいます。

このカンジダ菌は、入れ歯の痛みにもつながりますので、入れ歯洗浄剤につけるのは、1日に1回はつけたいですね。

また、せっかく歯を綺麗に磨いても、入れ歯に汚れや細菌が付いていたら、歯ブラシが意味のないものになります。

入れ歯も歯も清潔に保つことが、非常に重要で誤嚥性肺炎も防ぐことになります。

正しい入れ歯洗浄の方法

毎日行う入れ歯洗浄ですので、効果的な方法を知りたいですよね。

効果的な方法を覚えることができれば、その後もずっと、効果的な洗浄ができます。

準備物

  • 入れ歯洗浄剤
  • うがい薬
  • 入れ歯ブラシ
  • 保管ケース
  • お湯

シンクに水を張る。

よく患者さんが、入れ歯が割れました。

入れ歯が欠けました。と言って来院されます。

どうして割れたの?

欠けたの?と聞くと、ほとんどの人は、入れ歯を洗っている時に、落としてしまい、入れ歯が割れてしまったと言います。

そのためシンクに水を張っておくことは、意外に重要な作業になります。

入れ歯安定剤除去

入れ歯をきれいにする前に、入れ歯安定剤が付いている場合は、きれいに剥がす必要があります。

ところが、クリームタイプ・パウダータイプの入れ歯安定剤は、なかなか剥がれにくいです。

取扱説明書には、「お湯で口をすすいで製品を溶かしてから、乾いたガーゼなどで拭きとってください。」と書いてあります。

しかし、お湯で口をすすぐと入れ歯安定剤が、口の中にだらだらと溶け出し、かえって口の中がベタベタで大変な状態になります。

私のオススメは、入れ歯を口の中から取り出して、50度くらいのぬるま湯につけて、入れ歯安定剤が溶けてきた頃合をみはらかってカーゼで拭い取るが1番良いと思います。

口の中は、溶け出した頃合いがわかりにくいですし、残っている歯にこびりつくとなかなか取れずに、かえって虫歯や歯周病の住処になってしまいます。

入れ歯安定剤でも、クッションタイプは、ぬるま湯につけると一塊にしてとることができます。

また、ティッシュで拭い取る事を推奨していたりしますが、テイッシュで拭い取る際に、ティッシュが残ってしまったり、こびりつくと剥がすのに一苦労します。

できればガーゼの方がいいですが、それなりのコストがかかりますので、ウエットティッシュなどもオススメしたりもします。

結局ですが、入れ歯安定剤を使わない入れ歯の方が、美味しく咬めて、経済性も良いですので、そんな入れ歯を手に入れたほうが良いと思います。

東京で入れ歯ならホワイトエッセンス渋谷

ブラッシング

力を入れてゴシゴシ磨く必要はありません。

優しく磨いてあげると入れ歯に傷がつかないです。

結構皆さんに聞くとゴシゴシとお風呂掃除するぐらいの力で、磨かれる方がいます。

これはかえって逆効果です。

入れ歯に傷がついてしまい、着色や細菌が付きやすくなります。

優しく優しく汚れを拭い取るように磨いてあげてください。

入れ歯洗浄剤

入れ歯洗浄剤には、毎日入れ歯をつけてください。

2〜3日に一度の方もいらっしゃいますが、お口の中は、お尻よりも細菌が多いってご存知でしょうか?

洗浄剤につけて消毒殺菌することで、細菌を飲み込んだり食べたりすることを防ぐことができます。

40度くらいのぬるま湯を準備をして、軽度の汚れであれば5〜10分程度つけてください。

頑固な汚れなら一晩寝ている間につけましょう。

入れ歯洗浄剤の時間・用途・価格・種類

 時間用途アマゾン最低価格種類
部分入れ歯用ポリデント
5分〜一晩
部分入れ歯
¥7/錠弱アルカリ性
酵素入りポリデント
5分〜一晩
総入れ歯
¥7/錠
中性
ポリデントNEO部分入れ歯用
3分〜一晩
部分入れ歯
¥8/錠
弱アルカリ性
ホワイトポリデント
5分〜一晩
総入れ歯
¥13/錠
中性
臭いを除くポリデント
5分〜一晩
総入れ歯
¥9/錠
中性
爽快実感ポリデント
5分〜一晩
総入れ歯
¥9/錠
中性
スモーカーズポリデント
15分〜一晩
総入れ歯
¥17/錠
中性
ロート ピカ
?分〜一晩
¥24/錠
除菌ができるタフデント
5分〜一晩
総入れ歯
¥7/錠
中性
強力ミントタイプタフデント
5分〜一晩
総入れ歯
¥6/錠
中性
臭いをとる入れ歯洗浄剤
5分〜一晩
総入れ歯
部分入れ歯
¥3.5/錠
中性
パーシャルデント
5分〜一晩
部分入れ歯
¥9/錠
中性
さわやかコレクト
5分〜一晩
総入れ歯
部分入れ歯
¥7.4/錠
中性

総入れ歯用と部分入れ歯用洗浄剤の違い

総入れ歯と部分入れ歯の大きな違いは、バネがあるかどうかの違いになります。

つまり、金属を使用しているかどうかですね。

金属を使用していると心配になるのが、錆びるかどうか?という点になります。

一晩中水の中につけておきますので、サビは気になりますね。

部分入れ歯用の洗浄剤には、防錆剤(亜硝酸ナトリウム)が含まれています。

これが入っていることで、入れ歯の金属の部分の錆を防いでくるわけです。

患者さんの中には、同じブクブクする泡だから、そんなに違いはないと思っていますが、金属が錆びてしまうと入れ歯を作り直さないといけませんので、皆さん、気をつけましょう。

歯石のついた入れ歯洗浄方法

写真のように歯石が入れ歯に付着してしまった場合は、なかなか入れ歯洗浄剤でキレイに落とすことは難しいです。

このような場合は、歯科医院を受診してキレイに削り落としてもらい、ピカピカに磨いてもらうことで、復活します。

写真で見てもらってもわかるように、新しい入れ歯のように輝いていますね。

まとめ

入れ歯洗浄剤は、いろいろな種類がありますので、どれにしようか迷ってしまうと思います。

入れ歯洗浄で色々と守ることができることがあります。

  • 虫歯から歯を守ります
  • 歯周病から歯を守ります
  • 誤嚥性肺炎から命を守ります

毎日行う入れ歯洗浄ですので、効率的な方法を覚えて、できるだけ細菌を少ない状態を保ちましょう。

入れ歯博士推奨!おすすめ入れ歯洗浄剤ベスト10

Pick Up

PAGE TOP