どうしよう!歯がとれちゃった場合のQ&A :ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科の専門医院

コラム

どうしよう!歯がとれちゃった場合のQ&A

渋子
友達と遊んでいたら・・・!転んでしまって・・・!ぶつけちゃって・・・!歯が取れてしまいました!

思わぬアクシデントで前歯がポロリととれてしまった場合、どうすればいいのか焦ってしまいますよね。

すぐに歯医者へ!というその時に確認しておいたほうが良いことをご紹介します。

やっておいたほうが良いことやってはいけないことがありますので、歯医者さんに来る前に、ぜひ参考にしてみてください!

Q1.どうやって抜けた歯に触ればいいの?

歯根膜実は歯の根の周りには、歯根膜とよばれるやわらかい膜がついています。

この膜が抜けた歯と骨をつなぐ大事な役割を果たしていて、この膜の中にある細胞が元の状態へと回復させる力を持っているんです。

歯の根の部分には触れずに、歯の頭の部分を持ってくださいね。

歯根膜はとてもデリケートですので、絶対に触らないでください

Q2.どうやって歯医者さんに持って行けばいいの?

牛乳牛乳の中に入れ、その容器ごと歯医者さんにお持ち下さい。もし、牛乳がなければ、歯を頬の内側や、舌の下に入れ、飲み込まないように注意して下さいね。

特に乾燥させないのがポイントです!

歯医者さんでは、歯を抜けた部分に戻し、2週間ほど固定します。
場合によっては神経が死んでしまうこともありますが、歯は残せることが多いです。

Q3.少し欠けてしまった時はどうしたらいいの?

歯が欠けたギザギザになっている程度であれば凹凸を奇麗に丸めて平らにします。

また小さなくぼみや、凸凹が大きい場合はコンポジットレジンというプラスチックで、欠けてしまった部分を歯の形に合わせて補う治療をします。

Q4.神経が死んでしまって黒い時はどうしたらいいの?

神経が死んだ歯割れた部分が大きく神経が死んでしまった場合は、根が折れないように土台を立てて、セラミックなどの被せものをします。

綺麗なセラミックの被せものだと、近くで見ても被せものだと思えないほどの自然な仕上がりになります。

Q5.歯がぐらぐらしてしまったらどうしたらいいの?

歯がぐらぐらするぶつけた衝撃で歯は抜けずとも、ぐらぐらしてしまうこともあります。

歯の脱臼(だっきゅう)や根が折れていることもあるので、レントゲンで確認し、周りの歯と接着剤で固定して、安静にします。

2週間ほどで固定を取り、経過を観察していきます。ほとんどの場合は治ってしまうことが多いです。

実際にあった例:ホワイトエッセンススタッフYさん
スタッフY
私が18歳で高校生だった時、バイクで雨の日に滑ってしまい、コンクリートに顔面を打ち付けてしまったことがあります。

一瞬何が起こったのかがわかりませんでした。

気がついたら口周りが血まみれで、前歯が無く、地面を探してもどこにもない!!・・・という状況になり、すごく不安になりました。

幸いなことに、当時も歯科医院でアルバイトをしていたため対処法を心得ており、すぐバイト先の歯医者さんで応急処置をしてもらいました。

神経が生きていたので歯の変色の心配もなく、今では見た目もキレイで不自由なく過ごしています

当時の経験から、焦らずにしっかりと対処ができれば、取れてしまった歯はキレイにもとに戻ることを知りました!

みなさんもこのような状況になった際は、落ち着いて対処してくださいね♪

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP