歯の矯正をしていますが、治療中に脱毛エステサロンで顔の脱毛は可能なのでしょうか? :渋谷のホワイトニングなら、ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科

コラム

歯の矯正をしていますが、治療中に脱毛エステサロンで顔の脱毛は可能なのでしょうか?

お口元への関心が増すと、鏡を見る機会が増えますよね。

「歯並び整ってきたかしら」
「横顔変わってきたかしら」
「笑ってみた時の見え方はどんなかしら」

となると、次々と色々なことが気になってくるでしょう。

明るい未来を想像する

「横顔がなんだかすっきりしてきたかも!…髪型を変えようかな」

「もっと素敵な笑顔になりたい…エステサロンで磨いてもらおうかな」

「新しい服を探しにいこうかな」

「出かける予定を作ろうかな」

このように、いろいろやりたいことが増えると思いますが、中でも脱毛サロンは最近とみに身近な存在になった美容サロンのひとつなのではないでしょうか?

以前よりも安価に受けられるようになったこと、身だしなみのひとつとして考える方が増えたこと、サロンの数が増えたことが急速に広まってきた理由でしょう。

矯正装置がついていても顔の脱毛は可能なの?

脱毛

いわゆる矯正装置がついていたとしても、顔の脱毛は可能です。場合によっては、装置が一瞬熱くなったように感じることもあるため、サロンによってはお口に綿を含んで行うこともあるようです。

熱く感じるといっても、一瞬のことですし、火傷をしてしまうような熱さになることはないため、そのまま行うサロンが多いようです。

施術を受ける前に、念のため申し出ることをおすすめします。

装置が付いていてもフェイシャルメニューを受けることはできるの?

矯正中でも脱毛できるフェイシャルメニューの多くはマッサージが含まれています。ディープクレンジングや肌を潤したり整えたりするようなメニュー内容であれば、装置がついていたとしても、お口の中を傷つけてしまうほど強い力でマッサージを行うことは少ないでしょう。

一方、お顔のむくみを取ったり、骨のズレを整えたりするような内容ですと、割合力強いマッサージを念入りに受けることが多いようです。矯正装置がついていることを理由に、施術を断られることはないようですが、前もって確認された方が無難ですね。楽しみに足を運んで、施術を受けられなかったら残念ですものね。

矯正装置がついているからといって、できないこと、あきらめなければならないことが増えてしまう訳ではありません。せっかくですから、歯がじわじわと動いていく変化を感じながら、きれいに整った後のご自分を想像して、ぜひ楽しんで進めましょう!

矯正歯科 詳細はこちら

記事監修者

ホワイトエッセンス渋谷 日本矯正歯科学会認定医 平沼 摩耶

所属学会・スタディーグループ・資格

日本矯正歯科学会 所属、東京矯正歯科学会 所属、日本顎変形症学会 所属、インビザライン認定ドクター(マウスピースを使った矯正歯科の資格)、インコグニト認定ドクター(裏側の矯正歯科の資格)

PAGE TOP