デンチャープラーク(入れ歯に付着したプラーク)の除去方法 :ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科の専門医院

コラム

デンチャープラーク(入れ歯に付着したプラーク)の除去方法

デンチャープラーク(入れ歯に付着したプラーク)のを除去する際の注意点としては、自分でヤスリなどを用いて取らないことです。

ヤスリで、削ってとったとしても、入れ歯表面が傷ついてしまいます。
そうすることにより、凸凹になった入れ歯表面に余計にデンチャープラークがつきやすくなります。
こうなるとせっかくご自分で取ったデンチャープラークが、またすぐに付着しやすくなるの繰り返しとなります。

必ず、歯科医院を受診して、デンチャープラークを除去してもらい、ピカピカに磨いてもらいましょう。
表面が滑沢になった入れ歯には、デンチャープラークが付着しにくくなります。

デンチャープラークが、付着するのを防ぐには、日頃からお手入れを怠らないことや、正しいお手入れをすることが重要となります。

ホワイトエッセンス渋谷の入れ歯治療の特徴

入れ歯は専門的な知識や経験が必要になります。ホワイトエッセンス渋谷では、入れ歯の噛めない理由などを診査・診断し、噛める状態へ導く治療、経験豊富なドクター自ら手作りの入れ歯を作成しています。

入れ歯治療のご案内

記事監修者

ホワイトエッセンス渋谷 理事長 田中 健久

所属学会・スタディーグループ・資格

日本補綴歯科学会所属、日本顎咬合学会認定医、日本口腔インプラント学会 所属、ICOI(国際インプラント学会)認定医・指導医、5-D Japanサポーター

Pick Up

PAGE TOP