親知らず抜歯後続く痛みはドライソケット

コラム

親知らず抜歯後続く痛みはドライソケット

親知らずを抜歯後に、最も気をつけなければならないのは、「ドライソケット」になります。

抜歯後ドライソケットになると痛みが引かず、結構、患者さんが苦しみます。

こうならないためにも、ドライソケットの知識を頭に入れておきましょうね。

ドライソケットとは

dry-socketドライソケットとは、「乾いた穴」直訳ですと、そのような意味になります。

ドライソケットは、親知らずを抜歯した穴が、血液が固まって、かさぶたでカバーされなかった時に起こります。

簡単にいいますと、骨がむき出し状態になりますので、痛そうなのは、ご理解できるかと思います。

ドライソケットは、親知らずを抜いたときだけではなく、下あごの歯を抜歯した時に、起こりやすいです。

理由としては、上あごに比べて、下あごは、骨が硬く、出血が起こりにくい。

細菌感染を起こしやすいという理由が上げられます。

ドライソケットの原因

指でさわってしまう

指で触ってしまう親知らずを抜歯した部分は、どうしても気になると思います。

不潔な指で触ってしまうと細菌が感染を引き起こしてしまい、ドライソケットになる場合があります。

例えば、患者さんの中には、抜歯した部分に白い物が、見えたので、それを指でとってから、痛みが増してきたという患者さんがいらっしゃいました。

これは、白い=かさぶたですので、これを取ってしまうと、治りが悪くなり、しかも、骨が露出するので、ドライソケットとなってしまいます。

指でむやみに触らないのは、もちろんですし、気になる事があった場合は、電話で確認するようにしてください。

うがいでかさぶたを流してしまう。

086099抜歯後に処方するうがい薬ですが、「軽めにゆすいでください。ブクブクゆすがないでください。」と患者さんには、お伝えしますが、患者さんによって、この程度が違うんですね。

ゆすいだ事により、抜歯した穴にたまった血液を流してしまい、ドライソケットになるケースが非常に多いです。

ある患者さんは、「唾液の中に出血が混ざっていたので、出血が止まるまで、ゆすいだら、痛みがひどくなってきた。」とおっしゃっていました。

2日から3日、唾液の中に出血が混じる程度は、問題ありませんと伝えるのですが、唾液の中に血液が混じっていると出血が多く感じてしまい、圧迫止血ではなく、ゆすぐくことで出血が止まると判断してしまう患者さんがいらっしゃいますが、それは、逆効果になります。

ゆすいでも出血は、止まりませんし、ドライソケットになってしまいます。

ドライソケットの原因で、1番多いのは、うがいになりますので、覚えておいてください。

穴が気になり、吸ってしまう

ドライソケット

親知らずを抜歯後、食事をすると、抜歯した穴に食べ物が詰まる時があります。

これを吸い出す動作を行いますと、穴にたまった血液までもが、吸い出されてしまい、ドライソケットになります。

食事がとりにくいということで、ゼリーなどを食べる際の、吸い込む動作でも、抜歯した穴の血液のかさぶたを、吸ってしまうので要注意が必要です。

ある患者さんは、「食後に米粒が穴の中に入り、気になって指でとろうとしたらとれずに、つまようじでもとれなくて、食後にずっと吸う動作をつづけていたら、痛みが増してきた。

抜歯した穴にたまった血液を吸ってしまい、骨がむき出しになったドライソケットになります。

抜歯後は、穴が気になると思いますが、やはり、できるだけ触らないように気をつけましょう。

舌で触ってしまう

舌で触ってしまう

親知らず抜歯後は、糸で縫合しますので、抜歯した部位が気になると思います。これは、どうしてもあります。

しかし、気になって舌で触ってしまうと、感染の原因に繋がります。

細菌感染をしてしますとドライソケットとなりますので、注意が必要です。

食後の抜歯した穴に食べかすがつまってしまった場合も同じようなことが言えます。

気になって舌で触ってしまった場合に、細菌感染する可能性が高くなりますので、ドライソケットになりやすいです。

抜歯した部位は、舌で極力触らないようにしましょう。

喫煙

喫煙

タバコを親知らずの抜歯後に行うと、歯肉への血流が悪くなります

血流が悪くなると、抜歯した穴に血液がたまりませんので、ドライソケットの原因となります。

親知らずの抜歯後は、最低でも抜糸までは、禁煙をしてもらい、ドライソケットにならないように注意してください。

刺激物や硬い食べ物を食べる

刺激のある食べ物

刺激物を食べますと、親知らずを抜歯して、炎症性の反応が起こっている部位が、さらに炎症を起こす事につながります。
これは、ドライソケットの原因にも繋がりますので、注意が必要になります。

硬い食べ物で、抜歯した部位を傷つけてしまうと、傷口が開いたり、炎症がひどくなります

これにより、ドライソケットの原因となります。

親知らず抜歯後は、抜糸まで、栄養分の高い、柔らかい食事を心がける必要があります。

例えば、ヨーグルト、おかゆ、お茶漬け、鶏肉の柔らか煮、温野菜、蒸した鶏肉などなどです。

ドクターの技術

ドクターの技術

抜歯をする前に、CTを撮影して、親知らずの方向や根の曲がりなどを確認して、侵襲の少ない抜歯を心がける。

親知らずの抜歯をする際に、骨などを削る量を少なくして、短時間で抜歯をする方が、ドライソケットになる可能性が少ないです。

ドライソケットの症状

抜歯後3日後から痛みがひどくなる。

抜歯後痛みが出る

通常、抜歯をおこっなってから、48時間後が腫れのピークになります。

その後、痛みも腫れも日に日に、おさまってきますが、ドライソケットの場合、この後に痛みが、増してくる事が特徴としてあります。

通常は、傷が閉じて治癒していきますが、ドライソケットの場合、傷が開いて、血液のかさぶたが流れますので、治癒の過程をとらずに、痛みが増していきます。

食事の際の痛み

eat

痛みの特徴として、食事や呼気により、鋭敏な痛みが走ります。じっとしていても痛みが続く感じです。

熱い物や冷たい物で特に痛みを感じます。

このような痛みを感じた場合は、すぐに歯科医院を受診するようにしましょう。

痛みを我慢していても、ほとんどのケースで、痛み止めを必要とするくらいの激痛があります。

無理をせずに、痛み止めを服用して、歯科医院を受診しましょう。

ドライソケット処置

抜歯した穴に再出血を促す

麻酔を行い、もう一度、出血を促す

血液のかさぶたを流してしまい、骨がむき出しになっていますので、麻酔を行い、もう一度、出血を促します

出血をさせる事により、もう一度、かさぶたを作る作業をすることで、痛みが軽減して、治癒していく過程をとることになります。

ほとんどのケースで、再出血を促すことにより、痛みがなくなっていきます。この際に、初めは麻酔が効きにくい場合があります。

抗生物質ガーゼをつめる。

219572

抜歯した部位が、細菌感染を起こしている場合は、抗生物質入り軟膏ガーゼを穴に埋め込み、感染を防いでいきます。

ガーゼを定期的に変えることで、感染がなくなりますので、痛みもなくなり、楽になっていきます。

ドライソケットを予防するには?

抜歯前の体調を整える。

睡眠

抜歯の際に、体力が低下していると、細菌感染を起こす、可能性が高くなります。

細菌感染を防ぐためにも、体力低下を防ぎましょう。

良く睡眠をとり、栄養のある食事を心がけ、健康な生活を送ることにより、体調を整えましょう。

抜歯前に口の中を清潔に保つ

口の中を清潔に

抜歯後に、細菌感染を起こす原因の1つに、口腔内の細菌数もあげられます。

歯ブラシが上手くできておらずに、口の中が汚い場合は、感染のリスクが高くなります

歯ブラシだけではなく、フロスなどを行い、口の中を清潔に保ちましょう。

歯周病の状態が、ひどい場合も、同じことが言えます。親知らずを抜歯する前に、歯石を除去して、歯周病菌が少ない状態を、維持する必要があります。

いずれにしても、お口の中を、普段から清潔に保つことにより、健康維持にもつながりますので、親知らずを抜歯を期に、歯ブラシの方法を見直してみる良い機会かもしれません。

抜歯後注意を守る

抜歯後の注意

親知らず抜歯後注意の中で、最も注意しなければならないのは、ゆすぎすぎないということです。

ドライソケットになる患者さんの70%は、このゆすぎすぎによるケースです。

抜歯後に血液のかさぶたを流さないことが、最も、重要だということに注意してください。

決して、出血があるからといって、何度もゆすがないように注意しましょう。

親知らず抜歯後の注意事項

まとめ

親知らずを抜歯した後に、ドライソケットになりますと、痛みが続きますので、非常につらい思いをします。

1番重要なのは、抜歯後の注意を良く守り、健康的な生活を送り、口の中を清潔に保つことです。これにより、ドライソケットの90%は、防ぐことができます。

もし、ドライソケットになった場合は、我慢せずに痛み止めを服用して、歯科医院を受診しましょう。我慢していて、治ることは、ほとんどありません。

ドライソケットをそのままにしていると、症状が悪化する場合もあります。

ホワイトエッセンス渋谷の親知らずの抜歯治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷の親知らず抜歯治療は、CTでの3D診断と、超音波振動で侵襲が少なく、痛みが少ない、腫れにくい、親知らずの抜歯を行っています。

ホワイトエッセンス渋谷の親知らず抜歯治療

Pick Up

PAGE TOP