入れ歯を自分で調整してはいけない3つの要因

コラム

入れ歯を自分で調整してはいけない3つの要因

患者さんより、

ウメ子
入れ歯が痛かったので、自分でサンドペーパーや、やすりで調整してきました。
と来院される患者様がいらっしゃいます。 こちら何がよくないのでしょうか?  

かみ合わせが変化

入れ歯をヤスリで削る

入れ歯の歯をやすりで、削る患者様がいます。 そうすると上顎と下顎の入れ歯の当たり具合が変化しますので、かみ合わせが変化することになります。

このような場合、余計な力で噛んで粘膜が痛くなったり、傷がついたりする場合があります。

なぜ自分で調整してはいけないかと言うと、ほとんどの患者様が噛むと痛いと言った場所と入れ歯が強くぶつかっている場所が、大きく異なる場合が多いです。 そのために、削る場所が間違っている場合が多いのです。

その場合は、入れ歯が合っている場所を削りますので、その歪みが、どこかしらにきて、痛みの原因となります。

針金を閉め直す

バネを曲げる

入れ歯を使用していると、バネが緩くなっていきます。 確かにバネは時間と共に緩くなっていきます。

そんな時に、自分の指やペンチなどを用いて、バネを閉め直す患者様がいらっしゃいます。 こちら何がいけないのでしょうか? 入れ歯のバネは、歯に沿って曲げてあります。

そのために、閉めすぎても歯に合わなくなりますし、緩すぎても歯に合わないんです。

つまり、ちょうど良い位置にバネを調整しなくてはなりません。

バネを患者様が閉めることにより一時的にキツくなるかもしれませんが、時には歯によからぬ力が加わって、歯周病でもないのに、歯が揺れ初めて抜歯にいたるケースもあります。

バネが緩くなったと感じたら、歯科医院を受診しましょう。  

入れ歯の内面の調整

内面を削る

咬み合わせの部分と被る内容も多いですが、内面も同様なことが言えます。

患者様が痛いと指をさして、教えてくれる部分と実際に入れ歯の内面で強く当たっている部分は、大きく離れている場合が多いです。

そのために、入れ歯の内面をむやみやたらに削ってしまうと内面が合わなくなり、シーソーを起こして、粘膜の痛みにつながります。

まとめ

入れ歯の調整ですが、プロの我々であっても、調整するのは、難しいですので、患者様が調整を行って、痛みを軽減するということは、もっと難しいと考えてください。

入れ歯に問題がある場合は、入れ歯を作成してくれた歯科医院にて、調整を行いましょう。

よくわかる入れ歯治療のまとめ

入れ歯博士が贈る!初めての総入れ歯、知っておきたい7つのコト

ホワイトエッセンス渋谷の入れ歯治療の特徴

入れ歯は専門的な知識や経験が必要になります。ホワイトエッセンス渋谷では、入れ歯の噛めない理由などを診査・診断し、噛める状態へ導く治療、経験豊富なドクター自ら手作りの入れ歯を作成しています。

ホワイトエッセンス渋谷の入れ歯治療

Pick Up

PAGE TOP