入れ歯が咬めない時の対処法を入れ歯博士が教えます

コラム

入れ歯が咬めない時の対処法を入れ歯博士が教えます

こんにちは、渋谷の歯医者「ホワイトエッセンス渋谷」の田中健久です。

「入れ歯が咬めないで困っています、どうすれば良いのでしょうか?」と電話相談がきます。

患者さんにとっては、食事ができませんので、本当に死活問題ですよね。
先生に伝えても「新しい入れ歯は、新しい革靴と同じように、靴づれが起こりますので、辛抱してください。」と毎回言われて、何度も歯医者に通って入れ歯の調整するけども、なかなか咬めるようにならない。
そんな思いをされている患者様も多いのではないかと思います。

今回は入れ歯が咬めない時の対処法をお伝えしたいと思います。

入れ歯が痛くて咬めない

入れ歯が痛くて咬めない

ほとんどの患者さんは、これで困っている方が多いです。入れ歯を入れた時は、痛くないが食べ物を食べると痛くて痛くて咬めない、だから流動食のような食べ物で我慢している。

入れ歯は、床と言われるプラスティックのピンクの部分の上に、人工歯と言われる白い歯の部分に分かれます。咬んで痛い場合は、皆さん、ピンクの部分が擦れて痛いとお考えですが、実は、上と下の入れ歯の咬み合わせが合っていない場合がほとんどになります。そのために、いくらピンクの当たっている部分を削ってもなかなか痛みが変わらないという現象が起きます。

では、そんな時はどうすれば良いのでしょうか?1番は、歯科医院にて咬み合わせの調整をすれば良いのですが、なかなか遠くて歯科医院に通えない、とりあえず今日だけでもなんとかしたいということもあるかと思います。そんな時には、入れ歯安定剤を使用します。

先生によっては、入れ歯安定剤を使用するなんて邪道だとおっしゃるかもしれませんが、私は、短期的に使用することは、患者さんの都合もあるので、致し方ないと思っています。

入れ歯安定剤を使用する際に、注意しなきゃならない点は、痛い部分だけに入れ歯安定剤を使用するという方法になります。痛い部分だけに入れ歯安定剤を使用するとシーソーのように入れ歯がガタつきますので、余計に入れ歯が咬んで痛いという現象が起こったります。

そのため、左右両方に同じ量の入れ歯安定剤を使用します。使用する量は、ケースバイケースですので、なんとも言えませんが、少な目から行ってください。多めに使うと入れ歯の外に溢れてしまうので注意しましょう。

これで一時的に凌ぐことはできますが、根本が解決したわけではありませんので、歯医者さんにて、咬み合わせの調整をしてもらいましょう。また、咬み合わせの調整ですが、入れ歯を専門にしている歯医者さんでないと難しい場合が多いですので、注意しましょう。

入れ歯博士が贈る 「入れ歯安定剤の選択・使用方法」

入れ歯が動いて咬めない

入れ歯が動いて咬めない

入れ歯が食べる際に動いてしまい咬めないという現象ですね。こちら例えば、入れ歯が口を開けると動いてしまう。舌を動かすと動いてしまうような場合かと思います。特に多いのが上の入れ歯よりも下の入れ歯の場合が多くないですか?

上の入れ歯は、下の入れ歯に比べて、動きやすい特徴があります。これは、舌があるからなんですね。どうしても上の入れ歯に比べて、下の入れ歯は動きやすいです。患者さんによっては、これを上と同じように動かないようにならないかとおっしゃる方もいらっしゃいますが、残念ですが、それは難しいです。下の入れ歯は、舌を上手く使用して、動きを止めるという動作が必要になりますが、初めの不慣れな時には、これが難しいときもあります。

また、部分入れ歯から総入れ歯に移行した場合も同じように、下の入れ歯が動くとおっしゃる患者さんが多いです。このような場合、入れ歯安定剤を使用するという手もありますが、舌である程度入れ歯をコントロールできるように訓練する必要もあるかもしれません。

部分入れ歯で動いてしまう場合は、以下の二つのことが考えられます。

  1. バネがかかっている歯が揺れてしまっている。
  2. 入れ歯自体が動いて咬めないかバネ自体がが緩んでいる。

(1)の場合は、歯の方が歯周病で揺れていますので、残念ですが、抜歯をする必要性があります。歯周病で揺れている歯にバネをしても入れ歯が揺れてしまうだけです。(2)の場合は、バネを調整して入れ歯をピタッと裏打ちしてあげれば問題なく咬めるようになると思います。

入れ歯に食べ物が挟まって咬めない

入れ歯に食べ物が挟まって咬めない

入れ歯とほっぺの間に、食べ物が詰まってしまい、咬めないというケースです。こちらは、入れ歯のふくらみの問題があるかもしれません。年齢とともに、お口の周りの筋肉も衰えてきます。それにより、今まで食べ物など入らなかった人でも、食べ物が入りやすくなったりします。また、新しく作った入れ歯などでもこのような現象が起こります。

入れ歯と頬の間に物が入りやすいかは、入れ歯の形態で決まってきます。入れ歯の床と呼ばれるピンクの部分の膨らみで決まります。この膨らみの具合は、非常に難しく私も戸惑うことがよくあります。

迷った時は、膨らませておいて、後から入れ歯を削ったりすることがあります。食べ物が挟まって咬めないという患者さんには、ガムを用いた方法をよくとります。名付けて「ガム戦法」です。

歯につきにくいガムを準備してもらいます。こちらのガムをある程度、柔らかくなるまで咬んでもらい、食べ物が入る部分にそのガムをペタッと貼り付けてもらいます。食べ物が入らないくらいの厚みに調整してもらいます。それから、歯科医院に来院してもらい、ガムの部分をピンクのプラスティックに置き換えれば完成です。

入れ歯が大きくて咬めない

入れ歯が大きくて咬めない

入れ歯を大きく感じてしまい咬めない!という様に表現する患者さんがいらっしゃいます。若しかしたらですが、入れ歯が大きいのではなく、入れ歯のかみ合わせが高い位置に設定されているのではないかと思います。

入れ歯が大きく作成されている場合も確かにありますが、多くの場合、かみ合わせが高いことにより大きく感じてらっしゃいます。

この場合は、ご自分で何かができるわけではありません。咬み合わせの高さの調整が歯科医院にて必要になります。咬み合わせは、非常に設定するのが難しいのも事実ですし、患者さんによって許容範囲が違います。そのため、難しい部分となっています。

入れ歯で頬を咬んでしまって咬めない

入れ歯で頬を咬んでしまって咬めない

入れ歯でほっぺを咬んでしまうという患者さんがいます。長期の間入れ歯を使用していない場合にも起こります。基本的には、新しい入れ歯で、かみ合わせが変わったり、歯の形が変わったりした時に、このような現象が起こります。これは、上の歯と下の歯の咬む幅や咬む位置が適切でない場合に起こります。

こちらも私は、「ガム戦法」を用いて、上の歯のほっぺ側に柔らかく咬んだガムを少量貼り付けて様子を見てもらいます。頬を咬まないまで、調整を行ってもらい。その後歯科医院に来院した際に、プラスティックの材料に置き換えます。

ほとんどのケースがこれで頬を咬まなくなります。難しい言葉ですが、上の入れ歯の歯と下の入れ歯の歯の被り具合を専門用語で「被蓋」と言います。

入れ歯を何度作り直しても咬めない

入れ歯を何度作り直しても咬めない

入れ歯には、保険のルールで同じ歯科医院で作製して半年間は、作製することができません。そのため、ある患者さんは、あちらの歯医者で作製して、こちらの歯医者でも作製してを繰り返して、1年間にいろんな歯医者で6個作ったという患者さんがいらっしゃいました。

「私は上の入れ歯は、〇〇歯科医院で作製した入れ歯で、下の入れ歯は△△歯科医院で作製したものが、合うんです。」とおっしゃるのですが、私が見る限り、かみ合わせが全く合っていないので、良くこれで咬めるなーと思うのですが・・・。

渋谷宮益坂歯科の田中久敏先生は、総入れ歯の患者さんの70%には、何かしらの顎関節の問題を抱えているとクインテッセンス出版総義歯の真髄でおしゃっています。これから考えるとまともに咬める人の方が少ないということになります。

そのため、入れ歯を作成したけど咬めないという患者さんには、リハビリが必要になる場合があります。つまりは、咬めない期間が長ければ長いほど、顎の骨に問題が生じていますので、リハビリを行ってから義歯の作成をする必要があります。

入れ歯を作り直しても咬めないという現象は、いろいろ考えられますが、一つには、顎関節の問題もあるのかもしれません。また、入れ歯は専門的な知識や技術や経験が必要になりますので、それなりの補綴の義歯を専攻していた先生を見つける必要があると思います。

新しく入れ歯を作り直すのも良いですが、今ある入れ歯をある程度咬めるように調整してから、使用するのも選択肢の一つかもしれません。

https://shibuya-dental.net/ireba/irebite.html

まとめ

今回は、入れ歯が痛くて咬めない時について、説明を行いました。入れ歯が咬めないと本当に患者さんにとってストレスですね。気持ちは、よくわかります。ですが、入れ歯を作る身としては、やはり無い所に歯を想像して作ることは難しいですね。だから、入れ歯を作ることが難しい患者さんには、初めから私は、難しいと伝えます。

難しいから諦めるではなく、難しいから咬める入れ歯を探って作りましょうと伝えます。それくらい入れ歯作りは、難しく奥の深いものです。患者さんと一緒になって作り上げるものなんですね。

Pick Up

PAGE TOP