渋谷で矯正歯科学会認定医の治療を受ける :ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科の専門医院

コラム

渋谷で矯正歯科学会認定医の治療を受ける

渋谷

渋谷には本当に多くの歯科医院が存在します。その中で自分にあった矯正歯科医院を探そうと思ってもなかなか難しいのが現状ではないでしょうか?

「こんな矯正歯科医院を選びたい」という判断基準の一つに「専門医であるかどうか」も関係してきます。では、いったい認定医とはどんな歯科医のことを指すのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

認定医とは?

丁寧な説明そもそも現在、歯科医師総数は10万人程度といわれています。

その中で主に矯正に従事している歯科医師数が約3%の3,000人程度と推測されます。3000人の中で「認定医」として活躍する歯科医は実際は多くいます。しかし問題は、どの学会の認定医であるか?ということです。

矯正歯科関連の学会、研究会は数え切れないほどあります。そしてそれぞれが「認定医」「指導医」「専門医」という資格を会員に対して発行しています。
そのため専門の知識がなければ、資格に関しては一般の方たちには非常に分かりにくくなっています。

特に矯正歯科に関しては、日本矯正歯科学会が日本の矯正歯科の中心であるといえます。

ですからこの日本矯正歯科学会の専門医を探すことができれば、その歯科医に治療してもらいたいものです。

なぜならば、日本矯正歯科学会専門医は、とても厳しい基準で選ばれているからです。

だからといって専門医になるための試験は、特別な技術を要求するものではなく、矯正歯科医として日ごろの治療に誠実で真摯な態度で取り組んでいれば合格するのは、そこまで難しいことではないとされています。

ということは、認定医になってからの年数が十分に経過しているのに、専門医としての資格が取得できないのであれば専門医として絶対に必要な条件の何かが足りないということになってしまいます。

こういう風に考えますと「認定医であるか否か」は真剣に検討すべきことであるということがわかります。

歯学博士の有無については、治療のスキルには関係はありません。博士号は持っているスキルではなく、研究の成果に対して授与されるものだからです。

矯正医としての治療技術は、評価の対象ではないため、博士号がなくても優秀な歯科医であることには疑問の余地はありません。

日本矯正歯科学会の会員数は6,000名程度で、認定医は約2,500名程度です。

それに世界舌側矯正歯科学会、ヨーロッパ舌側矯正学会、日本舌側矯正歯科学会などの認定医は限られた人数しかいません。

裏側から行う矯正はより高度な技術・知識が必要です。

より安心して治療を始めるためにも、資格のある矯正歯科医が自分で治療している歯科医院を選ぶようにしましょう。

抑えたいポイント

ポイント何よりも大事なのが認定医の先生自身が治療してくれるかどうかということです。

ほとんどがスタッフに任せて確認だけするということも少なくありません。

もちろんすべてを認定医が行えるわけではありませんが、重要なステップの時には必ず認定された先生自身の治療を受けたいものです。

まとめ

渋谷でいい矯正歯科医院を探そうとするならば、日本矯正歯科学会の認定医でなおかつその先生が自ら治療してくれるところを探しましょう。

矯正歯科 詳細はこちら

記事監修者

ホワイトエッセンス渋谷 日本矯正歯科学会認定医 平沼 摩耶

所属学会・スタディーグループ・資格

日本矯正歯科学会 所属、東京矯正歯科学会 所属、日本顎変形症学会 所属、インビザライン認定ドクター(マウスピースを使った矯正歯科の資格)、インコグニト認定ドクター(裏側の矯正歯科の資格)

PAGE TOP