セラミック治療の流れ

コラム

セラミック治療の流れ

ホワイトエッセンス渋谷では一般治療の中でも生体親和性が高いセラミック治療に力を入れています。

日々研鑽を重ねる歯科医師と歯科技工士が患者様個人個人の要望に応えられるようにしております。不明点やご質問は遠慮なくご相談ください。

目次

ここまでこだわる!ホワイトエッセンス渋谷のセラミック治療

歯科医師、矯正医、技工士が常勤している

歯科医師の連携

ホワイトエッセンス渋谷の最大のメリットに歯科医師、矯正医、そして技工士が常勤していることがあげられます。

矯正医がいることによって全体的な見た目のバランスや噛み合わせも治すことが出来ます。

また技工士が治療に立ち会うことで患者様個人個人の意見や要望をお伺いすることができ、色や形など細部にこだわったセラミックを製作することが可能です。

メタルフリーで金属を使用しない

メタルフリー

セラミック治療でも差し歯に金属を使用することがあります。しかし当院では例外を除き、極力金属を使用しないセラミック治療を行っています。

金属を使用しないことでより自然に美しい笑顔を取り戻すことが出来ます。

ホワイトエッセンス渋谷のセラミック治療の流れ

電話もしくはホームページからご予約ください

ご予約

まずはご希望の日時をご連絡ください。そのほか症状や状態などを簡単にご説明ください。

セラミック治療を行うためにはどのような状況であるのかを検査する必要があります。

初診時に問診を行い、治療の希望と、またそれに必要な資料の収集を行います。診療時間は問診やレントゲンなど、また検査結果に基づく説明などで約1時間を目安にしてください。

問診票への記入

問診票

現在のお悩み、その他過去の治療歴、全身状態などをご記入ください。歯科治療は全身疾患とも大きな関わりがあります。

小さなことでも構いませんので、気になることや服用中のお薬、アレルギーなどもお知らせください。

問診

問診

治療の席にご案内後、まずは問診票をもとにお話をお伺いします。

問診票で書ききれなかったことや治療についてのお悩み、希望などをお伝えください。

セラミック治療をなぜしたいのか、いつまでに治療したいのか、どのような治療が最もよい治療なのかなど遠慮せずにお話し頂ければと思います。

レントゲン撮影

レントゲン撮影

お口の中の状態を把握するのにレントゲン写真は重要な情報源です。

銀歯を白くセラミックに変えたいといった場合、その下に虫歯がないか、また神経がある歯かない歯かなど、治療を行う上で必要な情報を得ることができます。

また根の先に膿が溜まっていたりなどする場合、セラミック治療を行う前に根の治療を行う必要性などが確認することができます。

レントゲン写真は治療計画を立てるために必要なものとなります。

口腔内・顔貌写真

口腔内写真の撮影

現在のお口の中と表情の写真を様々な角度から撮ります。写真は視覚的に今の状況を知ることができます。

笑った場合や口を開いた場合に歯や歯茎が現在どのように周りに見えているかを確認することもでき、またセラミックにした場合にどのようにイメージに変わるかを理解しやすくなります。

歯式・歯周検査

歯式・歯周検査

歯と歯茎の検査をします。歯の検査では虫歯がないか、治療歴の歯はどれか、また治療された歯が壊れていないかなどを診ていきます。

歯茎の検査ではきちんと歯磨きが出来ているか、歯茎が腫れていないか、歯周病が進行していないかなどを確認します。

口の中が汚れが多かったり、歯茎に炎症がある場合ではよいセラミック治療が出来なくなります。セラミック治療をする上では健康的な口の状態が求められます。

型採り

型採り

歯型をとり模型をつくります。模型は口の中を立体的にあらゆる方向から見ることが出来ます。

どのような噛み合わせをしているのか、歯並びに問題はないか、セラミック治療に対応出来るかなどあらゆる側面を知ることが出来ます。

セラミックの被せ物(クラウン)

診断用模型

診断用模型

セラミックの差し歯をつくる際はまず始めに模型上から最終的な仕上がりをイメージした模型を作製します。

ここで治療のイメージを共有することができるため、この最初の計画に基づいて治療がスタートしていきます。

仮歯への置き換え

仮歯への置換

仮歯は最終的なセラミックの差し歯が入るまでの間に付けておく物です。診断用模型で確認した歯の形を模倣した仮歯を作っておきます。

歯を削り、形を整えた後にその仮歯を歯に合わせます。

歯茎に炎症がある場合は仮歯の状態で歯茎の炎症が治まるのを待ちます。

歯茎から出血や腫れなどの炎症がある状態でセラミックにしてしまうとよい差し歯が作れませんので、ここで仮歯で歯茎をきれいな状態に整えていくことが非常に重要になってきます。

精密な型採り

精密な型採り

口の中がきれいな状態で歯茎に炎症がない状態であれば精密な型採りを行います。2種類の材料で型採りを行います。

同時に反対側の顎の型採りと噛み合わせの記録をとります。

型採り後は技工士にチェックを受けきれいな模型が作れるかの確認も行います。

色合わせの写真撮影

色合わせの写真撮影

セラミック修復で大事なことは、いかに審美性をもったセラミックが作れるかが鍵です。

セラミックの歯だけ真っ白なんていう状態であれば逆に目立ってしまいます。

いかに他の歯と調和した自然な歯を差し歯で再現出来るかが求められてきます。そのために重要なことが色合わせの写真です。

シェードガイドと言われる参考色の模型を歯と並べて撮影を行い、後にコンピューター上で画像の確認をしながら色を重ねてセラミックを作っていきます。

そしてここがホワイトエッセンス渋谷の大きな特徴です。

『技工士がその場に立ち会うことが可能』だということです。

差し歯を製作するのは歯科技工士です。

その技工士が立ち会うことで実際に目で見て確認することが出来るため、写真以上の情報を得ることが出来るのです。

また要望希望があればここで伝えて頂くことで理想に向けた色のセラミックに近づけることが可能となります。

セラミックの差し歯の試適

セラミックの差し歯の試適

前歯の審美性が求められる部位などでは完成する前に一度完成直前のセラミックを試適してみます。靴や洋服の試着のようなものです。

ここで行うのは、色と形が求めていた物と同じであるかを最終チェックすることになります。

もし形が異なる場合や色を修正したい場合はここで受けた内容を元に技工士が最終調整して完成へと向かいます。

セラミックの差し歯完成

セラミックの差し歯

各工程から作られてきたセラミックの差し歯の完成です。

最終的に仕上げられたセラミックの差し歯には、艶もあり他の歯と調和がとれた状態で出来上がってきます。

最初は仮付けの接着剤を用いて見た目や機能が日常生活で問題がないかを確認することもあります。その後問題なければ強力な接着剤で接着させます。

より良いものを提供するためには回数もかかることがありますが、笑顔と自信を得られることでしょう。

定期検診

定期検診

セラミックの差し歯を入れたらそこで治療が終わりではありません。良い状態を維持するには良い口腔内環境を作り、維持することが大切になります。

新たに虫歯や歯周病を作らないようにするためにも、その原因であるバイオフィルムを破壊することが大切になります。

歯科医院でしか落とすことができないこのバイオフィルムを除去し、健康的な歯とセラミックで楽しい生活を送っていきましょう。

セラミックの詰め物(インレー)

型採り

精密な型採り

セラミックの詰め物の場合、回数は概ね2回かかります。当日歯を削り歯型を取ります。

同時に噛み合わせの記録と色合わせの写真を撮ります。

この際も技工士を立ち会わせて確認することが出来ますので、より自然なセラミックの詰め物を入れることが可能となります。

虫歯が深かった場合は、いきなり詰め物を作製して痛みが出て装着出来なかったという事態にもならないように、また神経をとって根の治療にならないようにするために、まずは歯を保護するお薬を置くことがあります。

お薬を置いて痛みが出ないかを、次回お約束までに経過を確認します。問題がなければ次の来院日に型採りを行います。

セラミックの詰め物の場合、回数は概ね2回かかります。当日歯を削り歯型を取ります。

同時に噛み合わせの記録と色合わせの写真を撮ります。この際も技工士を立ち会わせて確認することが出来ますので、より自然なセラミックの詰め物を入れることが可能となります。

虫歯が深かった場合は、いきなり詰め物を作製して痛みが出て装着出来なかったという事態にもならないように、また神経をとって根の治療にならないようにするために、まずは歯を保護するお薬を置くことがあります。

お薬を置いて痛みが出ないかを、次回お約束までに経過を確認します。問題がなければ次の来院日に型採りを行います。

詰め物の完成

詰め物の完成

約1週間した後にセラミックの詰め物が完成してきます。

適合に問題がないかを確認して強力な接着剤でつけます。

噛み合わせの調整をして問題がなければ終了です。

定期検診

定期検診

セラミックの詰め物の場合も定期検診にて虫歯と歯周病の原因であるバイオフィルムを破壊することが大切になります。

虫歯になってしまった原因を紐解くと、いかに日々の歯磨きや歯科医院でのメインテナンスが重要であるかが示されてきます。

セラミックの治療症例

セラミックの差し歯(前歯を4本治療したケース)

セラミックの差し歯(前歯を4本治療したケース)

前歯を4本治したケースです。もともとはセラミックの差し歯が入っていたのですが、裏側は金属であったために透明感がなく、また歯茎との境目に金属が見えてきています。

これを金属を使用していないオールセラミッククラウンで治療しました。

セラミックの差し歯(前歯を1本治療したケース)

セラミックの差し歯(前歯を1本治療したケース)

前歯を1本治したケースです。神経がなくなり、また脆くなった歯をぶつけて欠けてしまいました。

これをオールセラミッククラウンで治しました。

セラミックの差し歯(前歯を1本治療したケース)

セラミックの差し歯(前歯を1本治療したケース)

前歯を1本治したケースです。

もともと保険の差し歯が入っていました。プラスチックのため色は単調で透明感がなく金属も見えています。喫煙もされるので、着色のしないオールセラミッククラウンで治しました。

セラミックの差し歯(前歯を2本治療したケース)

セラミックの差し歯(前歯を2本治療したケース)

前歯を2本治したケースです。

向かって右には保険の差し歯が入っていて、正面の歯は歯の軸が曲がっていました。

診断用模型にて修正可能かを確認して仮歯で問題がないことを確認後、オールセラミッククラウンで治療しました。

セラミックの詰め物(右下の奥歯を1本治療したケース)

セラミックの詰め物(右下の奥歯を1本治療したケース)

右下の奥歯を1本治したケースです。

銀歯が虫歯になっていたため、治すのを機にセラミックインレーで治療しました。

セラミックの詰め物(左右の銀歯をセラミックインレーで治療したケース)

セラミックの詰め物(左右の銀歯をセラミックインレーで治療したケース)

左右の銀歯をセラミックインレーで治療しました。金属がなくなったことで印象も大きく変わり、笑顔も増えたといいます。

ホワイトエッッセンス渋谷の院内紹介

デンタルエステとの融合

ホワイトエッセンスのスタッフ

ホワイトエッセンス渋谷ではセラミックや矯正、インプラントといった治療の他にデンタルエステを行う個室を準備しています。

ここではホワイトニング、プラセンタ、リップエステ、ガムエステ、オーラルリフレクソロジー、口臭ケアなど多岐にわたるメニューを用意しています。

セラミック治療の場合、ホワイトニングをして歯を白くしてからセラミック治療される患者様も多く、よりきれいな歯を獲得される方が多くなってきました。

またホワイトエッセンスで施術を担当するスタッフは厳しい接遇の教育を受けてきた者が対応致しますので、安心してご相談ください。

一般治療×矯正治療×ホワイトニングの融合

ホワイトエッセンス渋谷では、歯科治療以外にも、ホワイトニング、リップエステ、オーラルリフレクソロジー、プラセンタといったメニューも用意しております。

お気軽にスタッフ・ドクターまでお声をおかけください。

ユニット(Kavo社)

Kano社診療台

ホワイトエッセンス渋谷ではドイツKavo社製の歯科診療ユニットを使用しています。

注水される水やゆすぐ水などは感染予防に過酸化水素は循環して含まれているため衛生的な問題もなく治療を受けることが出来ます。

高性能の機械で安定性が高いドリルがあるため、セラミック治療で歯を削るときはきれいに行うことができます。また全て個室になっています。

パウダールーム

パウダールーム

治療やデンタルエステの前に歯磨きをしたい場合や、治療後の歯の状態を見たい時、お化粧直しの際などに使用することが出来ます。

歯ブラシや当院で扱っている歯磨剤、コットン、綿棒なども準備していますので是非ご利用ください。

カウンセリングルーム

治療計画の相談や、レントゲン写真や模型などを使用しての治療計画の説明に使用します。

サンプルの模型などもあり、治療に対するイメージもわきやすくなります。

すべて完全個室診療

カウンセリングルーム

治療用ユニットが3台、デンタルエステ用ユニットが5台と全部で8台の個室をご用意しています。

デンタルエステの部屋では嫌な痛みや音など不快なものはなく、アロマが漂う部屋と、テンピュールで作られた施術イスによって気持ちよく時間を過ごすことが出来ます。

ホワイトエッセンス渋谷のセラミック治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷では一般治療の中でも生体親和性が高いセラミック治療に力を入れています。

見た目も噛み心地も快適な治療を提供できるよう日々研鑽を重ねる歯科医師と歯科技工士が患者様各々が抱えていらっしゃるご要望に応えられるようにしております。

不明点やご質問は遠慮なくご相談ください。

お問い合わせこちら

Pick Up

PAGE TOP