歯科衛生士が教える!フロスと歯ブラシどっちが先?

コラム

歯科衛生士が教える!フロスと歯ブラシどっちが先?

歯ブラシ毎日欠かせない歯磨き。
みなさんはどのように行っていますか?

自己流でやっている人もいれば、歯医者さんで勧められた方法で行っている方もいるかと思います。
歯磨きの仕方1つでお口の中の汚れの残り具合は大きく変化してきます。

磨いているようで実は汚れを落とし切れていなく、知らないうちに虫歯や歯周病が進行していることもあるかもしれません。

歯磨きの仕方をきちんと効率よく実践出来ていれば、様々なリスクから解消されることが多くあると思います。
今回はその1つである歯ブラシとフロスについて現役の歯科衛生士が説明します。
 

虫歯になりやすい三大不潔域

実は歯には、虫歯になりやすい『三大不潔域』と言うものがあります。
虫歯になりやすい不潔域
それは

  1. 歯の溝(咬合面)
  2. 歯と歯の間(隣接面)
  3. 歯と歯茎の境目(歯頸部)

です。

特に歯と歯の間は、歯ブラシだけでは、汚れが落としにくい場所です。
今回はこの隣接面の汚れの落とし方について説明します。

 

隣接面の汚れ落としならフロスが主役!

フロスフロス、または糸ようじや歯間ブラシなど、歯ブラシ以外の補助用具を使用しているでしょうか。
これらの補助用具は歯ブラシでは落としきれないお口の中の汚れを落とすことができます。
その1つがフロスです。
しかしまだまだその認知度と使用度は少ないのが現状です。

フロスは主に隣接面の汚れを除去するものになります。
歯ブラシではなかなかこの隣接面の汚れを落とすことは出来ません。

 

フロスと歯ブラシはフロスを先に行う!

フロスフロスを使用している方のお話を聞くと、先に歯ブラシをしてからその後にフロスを使用している方が多いようです。

しかし実はフロスを先に使用したほうが効率の良い歯磨きが出来るんです!
なぜだと思いますか?

答えは簡単。歯ブラシがその後の隣接面に入り込みやすいからです。

歯ブラシを単独で行った場合だと、あまり隣接面の汚れを落とすことは出来ません
物がつまっていた場合では引っかかりが強く、搔き出すことが難しいからです。
その後フロスをして取ることになります。

フロスを先に行った場合はどうでしょうか。
先にフロスを使用して歯と歯の間の汚れを落としておくと、汚れがあった分だけスペースが生じます。
そうすることでその後の歯ブラシの毛先がフロスで除去した隣接面のスペースに入り込みやすくなるのです。

これによりフロスと歯ブラシの相乗効果が隣接面に働き、効率よく汚れを落とすことが出来ます。

 

最強フロスはこれだ!

最強フロススーパースマイルフロスそこでオススメなのは【スーパースマイルフロス】
これはただのフロスではありません!
【独自の成分で汚れを分解し、10倍汚れを落とすフロス】

    • カルプロックス配合で10倍汚れを落とします。
    • 汚れを分解するので、着色汚れや細菌除去にも効果的です。


使用方法としては

目安として、30cm位の長さにカットして左右の指に巻きつけます。
そのまま歯と歯の間にこするようにして、歯と歯の間の汚れを落とせます。

その後に全体を歯ブラシで磨きましょう。

衛生士からのアドバイス

麗子
いかがでしたか。
フロス1つで歯磨きの効果が大きく高まるのです。
歯と歯の間にまたがった詰め物が多い方や、虫歯や歯周病の予防を行っていきたい方は、これからの口腔ケアにフロスを取り入れていくことをお勧めします。

Pick Up

PAGE TOP