矯正歯科のブラケット :渋谷のホワイトニングなら、ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科

コラム

矯正歯科のブラケット

ブラケット

最も一般的に行われている矯正の種類は、ワイヤー矯正です。

この方法は、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、ブラケットにワイヤーを通して歯を動かしていく方法です。

以前は、この装置はすべてが銀色をしていました。

見た目が気になるために、矯正を躊躇する方も多くいらっしゃると思います。特に大人になってから矯正を考える方にとっては、大事な問題です。

しかし、最近のブラケットはいろいろな種類があり、目立ちにくいものもあります。また、矯正の方法も選択できるようになってきました。

様々なブラケット

当院では、ブラケットと呼ばれる装置を歯の表側につける矯正治療(唇側矯正)、装置を歯の裏側につける矯正治療(舌側矯正)、透明なマウスピース型の装置をつける矯正治療(マウスピース矯正)を行っています。

これらの治療方法にはそれぞれ、得意なこと、苦手なこと、よい所、悪い所があります。

患者様からライフスタイルやご希望について十分にお聞きし、咬みあわせを照らし合わせながら、最適な治療方法を探していきます。

歯の表側に付けるブラケット

メリット

ワイヤー矯正は 最もスタンダードな矯正法で実績も効果も確認されています。調節性がよいため、他の矯正方法よりも治療期間が比較的短いのがメリットです。

デメリット

歯の表側に装置が付くため、見た目が気になることがあります。当院では、追加料金なく、なるべく目立ちにくく効率的に歯が動く装置、ワイヤーを用います。

前歯には透明の装置、臼歯には金属の装置を用います。

歯の裏側に付けるブラケット

メリット

歯の裏側に装置が付くため、表側からは見えず、他の人からは矯正をしていることを気づかれにくいです。

デメリット

食事時や会話時には必ず舌が動きます。その際、舌が装置に当たるため、違和感や発音のしづらさなどのトラブルを抱える場合があります。しかし、慣れると気にならなくなります。

オーダーメイドの装置を使用するため、装置の準備にお時間をいただくことがあります。

また、より高度な技術が必要になるため、一般的な唇側矯正よりも高額になります。さらに、矯正の時間も多く要することが多いです。

矯正歯科 詳細はこちら

記事監修者

ホワイトエッセンス渋谷 日本矯正歯科学会認定医 平沼 摩耶

所属学会・スタディーグループ・資格

日本矯正歯科学会 所属、東京矯正歯科学会 所属、日本顎変形症学会 所属、インビザライン認定ドクター(マウスピースを使った矯正歯科の資格)、インコグニト認定ドクター(裏側の矯正歯科の資格)

PAGE TOP