ホワイトニングの漂白剤で知覚過敏に悩まされずにすむ方法 :渋谷のホワイトニングなら、ホワイトエッセンス渋谷|審美歯科・矯正歯科

コラム

ホワイトニングの漂白剤で知覚過敏に悩まされずにすむ方法

悩む女性ホワイトニングの際、歯がしみてたまらないな・・・と悩んでいらっしゃいませんか?

今回はその原因と、その刺激を柔らげる方法をご紹介いたします。

なぜホワイトニングでしみてしまうのか

困っている男性歯を白くするには2通りの治療方法があります。

1つ目は、歯を薄く削りセラミックや樹脂を使用したレジンと言われるプラスチックを貼るベニア法

2つ目は、歯の漂白ホワイトニング法です。

後者のホワイトニングでは、歯を削らず、変色した歯の表面に漂白剤を塗布して薬の効果で歯を白くしていきます。
この漂白剤が、歯の傷口を刺激し、しみ(=知覚過敏)が起こるのです。

エナメル質にひびが入っている場合も漂白剤がその部分を伝って、少ししみることがあります。

ただ、このしみは歯に対して害ではなく一過性なものなので、ホワイトニングが終わればそのしみはおさまります。

Dr.田中
ホワイトニングの漂白剤は消毒薬を濃くしたものです。
歯が虫歯や外傷によりエナメル質が削れ、象牙質が露出してしまっている歯は傷口と同じです。傷口に消毒薬を塗るとしみるのは明らかであり、まずはその傷を治す必要があります。
歯のしみ=知覚過敏 の仕組み

刺激アイスクリームや氷を食べて歯がしみると感じる事があると思います。虫歯かな?と不安に感じた事があるかもしれません。

歯の構造は1番表層がエナメル質、次に象牙質があり、歯の中心にある神経を保護しています。

エナメル質には知覚が存在しません。歯ぎしりや何らかの強い衝撃で歯が欠けてしまったり、強いブラッシング、また年齢を重ねるとともにエナメル質は薄くなります。

そして象牙質に何らか刺激が加わると痛みを感じるのですがこの症状を知覚過敏といいます。

健康な歯であっても口の中の急激な温度変化によってしみたりすることがありますので、もし不安に感じることがあれば歯科を受診し検査する事をおすすめします。

ホワイトニングによる知覚過敏を防ぐには

スタッフホワイトニングをする際は、虫歯治療をしっかり行いきれいな口腔状態にしておくことが、知覚過敏を防ぐ最大の予防策です。

それでも知覚過敏が起こった際は、知覚過敏用の歯磨剤や、歯を形成するうえで必要なミネラルを多く含んだ歯磨剤を使用して、症状を抑えると宜しいかと思います。

ホワイトエッセンス渋谷の取り組み

ホワイトニングはとても良い方法

当院ではホワイトニングによる知覚過敏を軽減するために、施術前に診査・診断・カウンセリングを通じて適切な方法を提案しております。どんなお悩みもお気軽にドクター・スタッフにご相談ください。

ホワイトエッセンス渋谷のホワイトニングの特徴

ホワイトエッセンス渋谷では、結果にコミットするホワイトニングコースを行っております。スタッフも多くの症例や研鑽を日々積んでおり安心してお任せいただけます。ぜひ、無料カウンセリングにお越しください。

ホワイトエッセンス渋谷のホワイトニング

PAGE TOP