歯のホワイトニングで白くならない場合の対処法教えます!

コラム

歯のホワイトニングで白くならない場合の対処法教えます!

ホワイトニングを行っても白くならない場合の対処方法

歯が白くならないときの対処方法

  1. 効果が出にくい歯
  2. 詰め物が多い歯

  3. 神経が死んでいるもしくは歯肉が退縮している歯

  4. 抗生物質によって着色してしまった歯

  5. 金属による着色

  6. 歯の白や茶色のしみ

このようなことが挙げられます。以下で詳しく見てみましょう。
 
 

効果の出にくい歯

 ホワイトニングを行っても効果の出にくい場合ですが、ホワイトニングで効果のでにくく場合は、歯自体の問題とホワイトニングの薬剤の問題があります。
 歯自体の問題としては、歯の表面を覆うエナメル質が厚い場合には、薬が浸透しにくい状態になりますので、それだけ白くなりにくくなります。このような場合ですが、対処方法としてはホームホワイトニングでゆっくりゆっくり時間をかけて中から白くしていく方が、効果的かと思います。表面のホワイトニングを行うだけでは、中から白くなるわけではありませんので、エナメル質の厚い場合はすぐに色戻りしてしまいます。そのため時間がかかってもあきらめずにホームホワイトニングで中から白くして、オフィスホワイトニングで仕上げが良いと思います。
 ホワイトニングの薬剤に問題がある場合は、ホームホワイトニングの薬剤の濃度は様々になります。エナメル質の厚い患者様に濃度の薄い薬剤を使用した場合は、白くならない場合があります。こちらは薬剤への反応が人によって様々ですので、一概に薄い方が濃い方どちらが良いかはわかりません。濃ければしみやすいという欠点もありますので、始めから濃い薬剤を用いてしみるからホワイトニングを行わなくなるというデメリットも考えますと薄めの薬剤から使用して徐々に濃くして行く方法がベストかと思います。
  

詰め物が多い歯


詰め物が多い歯
 詰め物は、プラスティックの詰め物を指すと思いますが、プラスティックの詰め物は、日に日に着色を起こしていきます。子供さんの麦茶のコップなどを思い浮かべてもらえるとわかりやすいと思いますが、底が茶色くなってきますね!どうしてもプラスティックは、着色しやすいですが、削る量が少ないという利点もあります。それに対して、セラミックは着色しにくいという利点もありますが、削る量が多いという欠点もあります。詰め物が多い場合に、セラミックに変更するのか?もう一度つめ直していくのかは、非常にドクターも迷います。ホワイトニングでは、詰め物は白くならないので、その点に関しては、お知り置きをですが、どのような方針でいくかについて良くドクターと相談をして、決めることが重要となりますので、気になる詰め物に関して、迷わずにドクターに相談するようにしましょう。
  

神経が死んでいるもしくは歯肉が退縮している歯


歯ぐきが退縮している歯
 神経が死んでしまっている歯は、歯の中の色が象牙質の中に沈着していることが原因となります。そのような場合は、ウォーキングブリーチと言いまして、歯の中にホワイトニングの薬剤をつめて象牙質の中より白くしていく方法をとります。この場合、歯の中への沈着の程度にもよりますが日数がかかります。ドクターと良く相談を行い治療しましょう。
 
 歯肉が退縮している歯は、こちらエナメル質ではなく歯肉が退縮して象牙質が露出します。象牙質は、エナメル質に比べて色もこく象牙細管という管が神経に向かって無数に走っていますので、その管の中の着色は、なかなかホワイトニングしても白くなりにくいです。対応策としては、ホームホワイトニングなどでゆっくり白くしていく方法が推奨されます。オフィスホワイトニングなどの強い薬剤で行うと歯の神経が残っている場合に、しみやすく、知覚過敏になったりする場合があります。そのため、ホームホワイトニングでゆっくり濃度の薄い薬剤で行った方が歯に神経がある場合は、得策です。歯の神経がない場合は、オフィスホワイトニングでもかまわないですが、時間がエナメル質のホワイトニングに比べるとかかります。
  

抗生物質によって着色してしまった歯


抗生物質
 幼少期(6歳頃)にテトラサイクリン系抗生物質を飲んだ場合に、歯の内部に着色が起こることがあります。抗生物質を飲んだ期間や量により、着色の場所や色の濃さが変わります。
 

ホワイトニング

ホワイトニングで使う薬剤
 テトラサイクリンの着色は、ホワイトニングで完璧に白くすることはできませんが、ホワイトニングである程度、白くすることは可能です。しかし、時間がかかります。すぐに白くはなりません。ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを行うデュアルホワイトニングを行います。時間をかけて行うことで段々に白くなっていきます。途中、濃い部分などが目立ってしまう場合もありますが、根気強く続けることにより、効果が現れてきます。
 

歯のマニキュア

 テトラサイクリンの着色は、ホワイトニングだけでは白くならずに時間がかかります。マニュキュアは、歯を削らずに歯の表面に白色の樹脂を塗る方法になります。マニキュアですので、下の歯の色を拾ってしまいテトラサイクリン系の黒い着色の場合、暗くなってしまう場合があります。マニキュアの欠点は、歯の厚みが出てしまうという部分になります。費用は1本5,000円程度になります。通常、3ヶ月位ではがれてきます。日本では一部の審美歯科医院でのみ行っています。
 

歯のスカルプチャー

 いわゆる「つけ爪」と同じで歯の上につける「つけ歯」です。ある程度テトラサイクリン系の着色を遮断することができますので、マニュアキュアに比べると下の歯の色を拾ったりすることは少ないでしょう。マニキュアと同じで欠点は、歯の厚みが出てしまうことになります。費用は1本10,000円程度になります。通常、1年位ではがれてきます。かみ合せによっては、すぐにはがれる場合もあります。日本では一部の審美歯科医院でのみ行っています。
 

ダイレクトボンディング

 歯の表面を0.7㍉削ります。そこに強化プラスティックを盛付けて光で固めていきます。薄い点より下の歯の色を拾いやすいというデメリットがあります。色を遮断する強化プラスティックを用いることもできますが、削る量が多くなり、神経の治療が必要になる場合があります。費用は1本5〜10万円程度になります。日本では一部の審美歯科医院でのみ行っています。
 

ラミネートベニア

ラミネートベニア
 歯の表面を0.7㍉削ります。そこにセラミックを貼付けることになります。ラミネートベニアは、セラミックですので変色が少ないです。また、セメントにて歯の下の色を遮断できますので、色も自然観をだすことができます。しかし、削る量が多くなった場合にしみやすくなる。または、神経の治療が必要になる場合があります。費用は1本10万円程度になります。
 
以前は、テトラサイクリン系の着色は、ホワイトニングでは落とせないと言われていました。しかし、現在はホワイトニングである程度で白くすることができますので、あきらめずにドクターに相談をしてみてください。
  

歯や歯肉への金属による着色


 口腔内には唾液が存在します。つまり水分がありますので金属イオンの流失が起こりやすい環境がお口の中になります。そのような環境の中で金属を用いた被せ物をセットした場合は、金属イオンの流失が起こり歯や歯肉への着色が起こります。歯への着色は、ホワイトニングで落とすのに非常に時間がかかります。歯肉への着色は、レーザーやフェノール・エタノールを用いて除去する事が可能です。
  

歯の白や茶色のしみ

歯の茶色の染みこちら歯の白濁や茶のしみは、初期虫歯である可能性が高いです。歯の表面が脱介して白くなっています。この白くなっている部分は、適切な処置を行えば削らなくてすむ場合があります。脱灰部分に無機成分(リン酸カルシュウム)が沈着して、それ以上の進行を防ぐことができます。フッ化物継続投与と専門家により歯面清掃を怠らないことが重要になります。また、日頃からの歯ブラシはもちろんですし、食後の歯ブラシが今後、虫歯が進行するかの鍵を握っていきます。

Pick Up

PAGE TOP