親知らずとは一体何?

親知らずとは親知らずとは、正式な名前を「第三大臼歯」といいます。

人のあごの骨の中には、生まれながらにして歯の種があり、永久歯の本数は通常全部で32本と決まっています。

その32本の中で、一番遅く、一番奥に生えてくるのが親知らずです。

親知らずはいつ頃生えてくるの?

親知らずが生える時期生えてくる年齢には個人差がありますが、正常に生えてくれば、大体10代後半から20代前半くらいで生えてきます。

昔は子供が自立する年齢が若かったので、親が知らないうちに生えてくる歯という意味で、親知らずと呼ばれるようになりました。

歯科医院では、手前から数えて8番目に生えていることから「8番」と呼ばれたり、専門的な用語で「智歯(ちし)」と呼ばれたりもします。
 

親知らずがちゃんと生えてこないのはなぜ?

 
完全に埋まっている親知らず親知らずは、昔の人にとっては、必ずと言っていいほど当たり前に生えてくる歯でした。

しかし、現代人は食生活の変化などが原因で、あごの大きさが昔よりも小さくなってきています。

そのため、親知らずが生えるための十分なスペースが確保できなくなり、親知らずが生えてこなかったり、傾いて生えてきたり、歯茎を被って半分だけ生えてきたりすることが多くなりました。

今では、真っ直ぐに親知らずが生えている人の方が少数派となっています。
 

もともと親知らず自体を持っていない人もいる?

 
親知らずを抜いて手前の歯が凍みたり痛むことがある実は、親知らずはすべての人に生えてくるわけではありません。

現代人は、食生活において、昔に比べると硬いものを食べることが少なく、柔らかいものを食べることが多くなったため、親知らずが必要のないものとなり、退化しつつあります。

親知らずの種自体を持たずに生まれてくる赤ちゃんもいて、その人には親知らずが生えてくることはありません。

親知らずがなかなか生えてこないと、自分に親知らずがあるかどうか気になる方もいると思いますが、残念ながら自分自身で調べることはできません。

あごの骨の中に親知らずの種があるのかどうかは、歯科医院であご全体が写るレントゲンを撮ることでわかります。



関連記事