虫歯になった親知らず、抜かないとダメ?

親知らずが虫歯になってしまったとき、抜くか抜かないかの選択に迫られます。

参考までに、抜いた方が良い場合と抜かなくていい場合の判断基準をご紹介したいと思います。

1.親知らずが真っ直ぐ生えていて、軽度の虫歯であれば、治療が可能

親知らずが真っ直ぐ生え、歯としてきちんと機能している場合は、治療するという選択が良いかもしれません。

しかし、親知らずはとても奥にあり、治療の際に口を開けているだけで大変です。

治療する側も、見えづらい部分ですので、あまり複雑な治療は正確にできない場合もあります。

1度の通院で終わるような比較的軽度の虫歯の場合は、治療が向いているでしょう。

2.親知らずの手前の歯の寿命が短いときは、親知らずを残しておく方がいいことも

親知らずの手前の歯の神経がなかったり、酷い歯周病で長く持たないと言われていたりするときは、親知らずを抜かないで保存しておくことで、将来的に手前の歯が無くなってしまったときに、親知らずを土台としてブリッジという治療を選択することができる可能性があります。

お口の中の状態を確認してみないとわからないので、医師とよく相談してくださいね。

3.神経まで達する大きな虫歯の場合は抜いた方がいい

虫歯が神経まで達してしまっていると、歯の根っこの治療をしなくてはなりません。

この治療には時間がかかり、何度も通院しなければならず、その度に頑張って口を開けているのは大変です。

また、親知らずの根っこは変な形に曲がっていることが多く、治療が十分にできない場合があります。

せっかく治療しても、長く持たないことも多いので、大きな虫歯ができてしまった場合はあきらめた方が良いかもしれません。

4.埋まっている親知らずが虫歯になったときは抜歯の対象です

実は、埋まっている親知らずも虫歯になります。

手前の歯の隙間から細菌が歯茎の中に侵入し、親知らずに感染すると虫歯になるのです。

こうなってしまった場合は、親知らずが生えていないので治療の余地がありません。

虫歯が進行して痛みがひどくなる前に抜歯した方が良いでしょう。



関連記事