痛くない?親知らずの抜歯

親知らずが痛い親知らずの抜歯というと、痛いというイメージが強いかと思います。

しかし、親知らずを抜歯する際には、極力痛みを感じないようにするための様々な対策がされています。

痛みが怖くて抜くのをためらっているという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.あご半分に行きわたる麻酔をする

麻酔親知らずは上下とも存在していますが、特に痛みが出やすいのが、下の親知らずを抜いた時です。

歯科医院で虫歯の治療をするときに施される麻酔は「浸潤麻酔」といって、治療をする部分だけに効く麻酔です。

親知らずを抜くときは、この浸潤麻酔だけでなく、あご自体の痛みを遮断するための「伝達麻酔」という特殊な麻酔を行っています。

下あごの骨の中には下歯槽神経という神経が通っていて、この神経を麻酔でブロックすることで、あごの痛みを感じなくなります。

そのため、親知らずを抜いている最中に我慢できないほどの痛みを感じるということは、まずありません。

この麻酔では、痛みをとることはできますが、親知らずを抜く際の押されている感じや、触られている感じまでは無くすことができません。

押される感じがあると「痛い」と勘違いすることがありますが、痛みではないので落ち着いてくださいね。

2.痛み止めで痛みをコントロールする

痛み止めの服用親知らずを抜くと痛いというイメージは、ほとんどが抜いた後の痛みが強いことから生じるものです。

擦り傷や切り傷と同じように、口の中に傷ができているわけなので、それが治るまで痛むのは当然のこととも言えます。

しかし、日常生活に支障が出ないようにするため、親知らずを抜いた後には痛み止めを処方されることがほとんどです。

麻酔が効いているうちに痛み止めを飲んでしまえば、麻酔が切れた後も激しい痛みに襲われることはありません。

また、痛み止めが切れる前に次の痛み止めを飲んでおけば、多少の違和感はありますが、痛みにとらわれて何もできないという状態にはならないはずです。

加えて、感染を抑えるための抗生物質も処方されますので、お薬を指示された通りに使用すれば、傷の治りを早めることができます。

ホワイトエッセンス渋谷歯科の親知らず治療の特徴

親知らずの抜歯は、専門的な知識や経験が必要になります。
ホワイトエッセンス渋谷では、経験豊富なドクター痛みや腫れを最小限におさえるために、CT撮影をしたり、超音波を用いて、親知らずの抜歯を行っています。



関連記事