親知らずを抜く?抜かない?ベストな選択

親知らずは絶対に抜かなくてはならないのでしょうか。

それは、親知らずの生え方によって決まります。

歯科医院でチェックしてもらうのが一番確実ですが、参考までに、抜いたほうが良い親知らずと抜かなくて良い親知らずの特徴を紹介します。

抜いた方が良い親知らずの特徴

1.親知らずが斜めに生えている場合

斜めに生えている親知らずは、歯ブラシが届かず親知らず自体が虫歯や歯周病になったり、手前の歯にまで影響したりする可能性が高いです。

痛みが出る前に抜歯をおすすめします。

2.親知らずの手前の歯が虫歯や歯周病になっている場合

親知らずの手前の歯が、親知らずが原因で虫歯や歯周病になっている場合は、親知らずを抜かないと治療ができません。

そのまま放置しておくと、手前の歯も手遅れになり、抜かなければいけなくなってしまいます。

3.親知らずが埋まっていて、周りの歯茎が炎症を起こしている場合

埋まっている親知らずも問題になることがあります。

親知らずの周りにある目に見えない隙間から細菌が入り込み、感染を起こした場合です。

感染し痛みや腫れが出てしまった場合は、感染源である親知らずを抜くしか解決方法がありません。

抜かなくても良い親知らずの特徴

抜かなくて良い親知らずは、以下の3点すべてが当てはまっている親知らずです。

1.親知らずが真っ直ぐ生えている場合

親知らずがほかの歯と同じように真っ直ぐ生えていれば、抜く必要はありません。

2.上下の親知らずが生えており、しっかりかみ合わせができている場合

上下の親知らずが生えそろっていないと、かみ合わせる歯がないので、汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

上下とも親知らずが真っ直ぐ生えていれば、抜歯の対象とはなりません。

3.親知らずが健康な場合

親知らずを残しておくには、親知らず自体が虫歯も歯周病もなく健康であるということが大前提です。

真っ直ぐ生えている親知らずは、ぜひ感染を起こさないよう、よく磨いてくださいね。



関連記事