ホワイトニングは痛いもの?

ホワイトニングでは知覚過敏が起きることがある

 

ホワイトニングでは知覚過敏が起きるホワイトニングは歯の内部に薬剤を浸透させるため、強く反応してしまうと冷たいものを口に含んで歯が凍みたり、痛むことがあります。
これを知覚過敏と言います。
ホワイトニングの薬剤の濃度が高い場合は低くしたり、知覚過敏用の歯磨き粉を使用する、ホワイトニングの間隔を長くするなど処置をして歯の状態をチェックしながら行えば問題はありません。
ただし、知覚過敏が起きやすい以下のような方は注意が必要ですので、きちんと歯科医に確認してもらいましょう。

  • 歯茎が下がっている方
  • ホワイトニング前から歯がしみる方
  • 歯頸部(歯と歯茎の境)が削れている方

など

 

ホワイトニングを行わないほうがよい方

 

妊娠中・授乳中は避けるべきである

 

妊娠中・授乳中は避けるべき妊娠および授乳中の方は安全性の問題からホワイトニングを行うことをお断りしています。
胎児や乳児に対して大きな問題が報告されているわけではないですが、その影響が未知のため避けることが無難です。
出産後、授乳後であれば問題ありません。

 

無カタラーゼ症の方

 

無カタラーゼ症無カタラーゼ症とはカタラーゼという酵素を持っていない方をいいます。
このカタラーゼとはホワイトニングの薬剤に使用される過酸化水素を分解してくれる酵素になります。
万一飲み込んでしまったときなどには、体内に分解出来なかった過酸化水素が蓄積されてしまうのです。
怪我した際に消毒に用いるオキシドールで発泡しない方は無カタラーゼ症の可能性があります。

 

光線過敏症の方

 

光線過敏症太陽の光など通常であれば問題ない光に対して皮膚に発疹が出来るなど過敏に反応してしまうような方を光線過敏症といいます。
この方にはホワイトニング薬剤に光をあててホワイトニングするオフィスホワイトニングは対象外となってしまいます。
マウスピースで行うホームホワイトニングであれば光を使用しないので問題


 

歯のホワイトニング安全性のまとめ

 

歯のホワイトニング安全性ホワイトニングで使用する薬剤は過酸化水素、過酸化尿素というものが主成分です。
一般的には劇薬になりますが、それぞれを単独で使用することはありません。
歯に対して安全な濃度、そして歯を保護する成分を配合して作られていきます。
きちんと歯科医師、衛生士の指示に従って用法を守って行えば安心して歯を白くすることが出来ます。
今でこそ日本でもホワイトニングを行う機会が増えて来ましたが、それ以前からアメリカではよく行われてきた確立された治療法になります。

 



関連記事