ホワイトニングと虫歯治療

 

ホワイトニング前は虫歯を治す

 

image1ホワイトニングをご希望される患者様のなかには、よく調べてみると虫歯が見つかる方がいます。

虫歯も初期虫歯から重度までありますが、進行している虫歯に関しては治療を先に行うことをお勧めしています。

ホワイトニングの薬剤は歯の内部に浸透して漂白効果を発揮しますので、虫歯がある歯には薬剤の浸透効果が強く、刺激によって凍みたり痛む反応が生じやすくなってしまいます。

 

前歯の詰め物治療はホワイトニング後がおすすめ

image2前歯を過去にコンポジットレジンという白いプラスチックの詰め物で治療されていた場合、それ自体がすでに変色していたり、またホワイトニングによって詰め物の色が浮いて目立ってしまうときがあります。

そのようなときは、ホワイトニング後にレジンの詰め替えを行うことをお勧めしています。

先に行ってもホワイトニング後には再度色合わせのために削る必要が出てきてしまうからです。

ホワイトエッセンス渋谷ではホワイトニング後の色に合わせたコンポジットレジンを取り揃えております。

きれいに仕上がった歯の色に合わせてレジンを詰め替えることが可能となっております。(一部保険適応外となります)

 

銀歯の詰め替え、セラミック治療はホワイトニング後に行う

image3ホワイトニングを機に銀歯を白いセラミックにされる方が多くいらっしゃいます。

セラミック治療は自然な歯の色調を再現、獲得出来る治療法です。

セラミックを作製する時は周囲の歯の色に合わせて作製されます。

ご希望の方は、ホワイトニング後の色に合わせてセラミック治療をすることをお勧めします。

なお、ホワイトエッセンス渋谷では専任の技工士が常駐しておりますので、直接歯の色や形などを拝見して患者様のご要望に沿った治療が出来る体制が整っております。

 

 

ホワイトニング前・虫歯になる前に口の中をきれいにする

image4虫歯の大きな原因に口の中の汚れがあります。

虫歯菌の代表であるミュータンス連鎖球菌は、口の中に残った汚れを栄養源とし、歯を溶かす酸を産生して虫歯の発生を促します。

虫歯になってしまった原因であるこの汚れをとっておくことが、新たな虫歯を作らないためにも最重要です。

またホワイトニングにおいても口の中をきれいにしておくことが、ホワイトニング効果を最大に発揮するうえで大事です。

歯の表面に磨き残しが多いと、ホワイトニングの薬剤が歯へ浸透しないので、きちんと歯磨きをしてきれいにしてからホワイトニングを行いましょう。



関連記事