ホワイトニングと前歯の治療

 

ホワイトニングで詰め物・差し歯の色は変わらない

image1ホワイトエッセンス渋谷では多くのホワイトニング希望の患者様が来院されます。

ホワイトニングを行う前は歯科医師による口の中のチェックを行います。

虫歯がないか、ホワイトニングを行うのに問題がないかなど事前に確認を行います。

しかしいざ口の中を見てみると、過去に治療をされた歯が多く見つかります。

また、たった1本の歯でもそれが前歯の差し歯や詰め物であった場合は、より細かくチェックします。

その理由は

「詰め物・差し歯の色はホワイトニングで白くならない」

ためです。

過去に治療した白い材料は、ある程度その時の歯の色に合わせて製作、治療されていきます。

しかし、ホワイトニングでは材料の色まで白く変わることはないため、ホワイトニング後に白くなった歯とはギャップが生じてしまうのです。

 

前歯の詰め物はホワイトニングの後に交換する

image2ホワイトニングで白くなった歯に詰め物(コンポジットレジン)が入っていると、その部分だけ黄ばんで目立ってしまうかもしれません。

あまり目立たない場合はいいですが、ホワイトニング後には詰め物の交換をお勧めしています。

ホワイトエッセンス渋谷ではホワイトニング後に合わせた詰め物の色を幾つも準備しています。

歯の色は人それぞれです。

ホワイトニングの歯の色に合わせ、なるべく目立たないように詰め替えることで、笑顔にもより自信をもつことが出来ると思います。

 

前歯の差し歯はホワイトニング後に交換する

image3差し歯は歯全体を被うため、前歯となると目立つものです。

差し歯の色もホワイトニングでは変化しないため、その色を気にされる方が多くいます。

基本的にはホワイトニング後に差し歯を新しくすることがよいですが、差し歯の場合は一度外した後、完成までの間仮歯に置き換えます。

この仮歯は、差し歯を新しくする直前でもいいですし、もしホワイトニングが進んで歯が白くなっているようならば、見た目の回復を優先にして、先に白い仮歯に置き換えておくことも可能です。

詳しくはホワイトエッセンス渋谷の差し歯のセラミック治療をご参照下さい。

 



関連記事