ホワイトニングと奥歯の治療

 

大きな虫歯はホワイトニング前に行う

image1奥歯に虫歯がある場合、その大きさと進行度によって治療の優先順位を決めていきます。

小さな虫歯は通常でも再石灰化などを期待して経過観察することがあります。

しかし虫歯が大きい場合は、ホワイトニングよりも先に虫歯治療を行うことを勧めています。

虫歯によりどうしてもホワイトニング成分が歯にしみやすくなってしまったり、またホワイトニングには時間がかかる分、それだけ虫歯も進行してしまうからです。

虫歯も進行してしまえば神経をとるなど重症化してしまうこともあるので早目の処置が必要です。

 

銀歯をセラミックにするタイミング

image2ホワイトエッセンス渋谷では、ホワイトニングによって白くなった歯に対し、銀歯が目立つことを嫌ってセラミックに変える患者様が増えてきています。

では銀歯をセラミックに変えるタイミングはいつがいいのでしょうか。

答えは「ホワイトニングのあと!」になります。

理由は、セラミックを作る時は歯の色に合わせて作るからです。

セラミックはホワイトニングをしても色に変化が起こらないので、ホワイトニング後の歯の色に合わせると自然な状態に出来上がります。(一部セラミックの種類によっては、食生活などで変色が起こります)

そのため、銀歯をセラミックに変えるタイミングはホワイトニングの後が最もよいタイミングになります。

 

銀歯の被せ物は先に仮歯で白くしておくことも出来る

image3まるまる銀歯が差し歯で入っていた場合はどうしても口の中で目立ってしまいます。

ましてホワイトニングをされる方は審美にこだわりがある方ですので、ホワイトニングで歯が白くなってくると余計に銀歯が気になってしまうものです。

セラミックに将来的にすることが決まっている場合、そのような時は、セラミックにする前には必ず行う、銀歯から仮歯へ交換する作業を先に行っておくことも可能です。

仮歯は透明感はなく、プラスチックのため強度はやや弱いですが、白いという点では見た目の回復を容易に行えます。

仮歯でとりあえず銀歯を白くしておき、ホワイトニングで歯が白くなったらセラミックに置き換えると効率よく治療が進みます。

どのように治療を進めていくかは担当のセラピスト、歯科医師にご相談ください。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングの特徴

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングは、ホワイトニングだけ行なうイメージが強かったホワイトエッセンスに、歯科治療と矯正治療も融合させました。

その中でも、ホワイトニングはもっとも自信のある治療となります。

また、ホワイトニングの施術の流れも順を追ってご説明しています。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニング


関連記事