ホワイトニングと歯周病治療

 

ホワイトニング前は歯周病治療を行う

Professional teeth cleaning歯周病は成人の80%以上が罹患していると言われています。

ホワイトニング前には健康な歯茎であることが推奨されます。

歯茎が腫れていたり、歯磨きですぐに出血してしまうような状態では口の中の状態は健康的とは言えません。

歯周病は自覚症状に乏しいことがありますが、ホワイトニングをする時も衛生的な状態で行うことが求められます。

歯周病についてはこちらをご覧ください。

 

歯垢・歯石を除去してからホワイトニングを行う

image2ホワイトニングの際に歯茎が腫れていると薬剤が歯茎に付着しやすくなります。

また、少し触れるだけで出血するような歯茎であると、ホワイトニングの薬剤に血が混ざってしまったりと、ホワイトニングがうまく行えません。

歯茎の隙間である歯周ポケットから出る滲出液は、知覚過敏の原因ともなります。

歯茎の炎症が強い方はこの滲出液が刺激により出やすくなります。

そのため歯茎に炎症がある場合は、ホワイトニングをする前に、その原因物質である歯垢・歯石を除去して炎症を抑えておくことが大事になります。

 

ホワイトニングと歯周病治療の第一歩は毎日の歯磨きから

Handsome guy brushing his teethホワイトニングと歯周病治療で最も大事なことは毎日の歯磨きになります。

歯医者に定期的に通っていても、その時に行えることは断片的になります。

食事の度に口の中には汚れが溜まります。

一番大事なのは毎日の歯磨きです。

溜まった汚れは虫歯菌や歯周病菌の栄養源となり、病変を引き起こします。

歯茎もある程度は体の免疫力によって強さをもっていますが、汚れが多い方ほど風邪を引いたり体が弱ってしまった時などに、歯茎からの出血や、口臭など炎症が多く見受けられます。

そのような状態でのホワイトニングはよいとは言えません。

まずは毎日の歯磨きをしっかり行うことを心掛けることが大切です。



関連記事