歯の黄ばみの原因とは

 

黄ばみの原因は同じではない

image1口の中は人それぞれです.

歯の黄ばみの原因も異なってきます.

黄ばみの原因を挙げてみます.

  • 着色(タバコやコーヒー、お茶など)
  • 失活歯(歯の神経が死んでしまっている状態)
  • 加齢、遺伝によるもの
  • テトラサイクリン症(胎児のとき母親の摂取した薬物によるもの)
  • エナメル質形成不全(歯の表面の組織が成熟しきっていない状態)
  • 詰め物差し歯の変色(保険のプラスチックを使用した材料の劣化)

以上のようなものがあてはまります.

どれが黄ばみの原因なのかを見極めることが対応策として大事になります.

 

歯の構造から黄ばみが目立つ部分がある

image2ホワイトニングをしていると効果が他に比べて遅れてくる部分があります.

それが犬歯(糸切り歯、八重歯にあたるところ)と歯頸部(歯と歯茎の境目)になります.

歯頸部はその構造から歯のエナメル質の厚みが薄くなってくる部分であるため、中の象牙質の色が透けて反映しやすくなります.

 

 

 

失活歯が黒ずんできてしまう理由

image3歯には1本1本神経が通っているわけですが、細菌感染や事故によるダメージによって神経が死んでしまうことがあります.

神経が死んでしまうと歯の色が暗くなってきてしまうことがあります.

これは神経と一緒に血液も内部で供給されていたものが遮断されてしまうことで歯に栄養供給がされなくなったことなどが原因として考えられます.

また外傷などで激しくぶつけた場合は、内部で血液が充満してその色が映ってしまうこと考えられます.

加齢により歯が黄ばむ理由

image4加齢変化で歯は少しずつ削れ、表面のエナメル質が薄くなります.

また内部でもエナメル質の内側の象牙質に厚みが出てきます.

歯の色味はエナメル質は透明で、中の象牙質に色があります.

実はこの象牙質の色が歯の色に関係しているのです.

食事などによっても酸性食品を多く好まれる方は歯の表面が溶けて薄くなります.

様々な条件が重なった結果、象牙質の厚みがより強調されて歯の黄ばみとして現れてくるのです.



関連記事